ここから本文です

書庫全体表示

先日芥川賞を受賞した「コンビニ人間」を今読み進めています。

主人公の女性は18年間、コンビニエンスストアでアルバイトを続けている36歳。独身。

社会不適合者。 コミュニケーションが苦手。

そんな女性であります。




主人公の女性は本来の自分をひた隠しにし、「普通」という鎧をまとい、社会に身を置いている。

しかし当人は苦しんだり悩んだりしている風はなく、周りのリアクションに困惑しながら、「普通」という感覚を不思議に思いながら、日々過ごしてきた。

そんな彼女の本音が、本心が、あまりに衝撃的なのであります。




それは自分自身の本音とリンクするところが多々見受けられるし、一般の方の本音にもリンクしているのでは、と思われるからであります。

本書はそもそも、「一般」という感覚を全否定し、「普通」という価値観に疑問を投げかけ続けます。

ここまで本音をあからさまに、赤裸々に語ることのできるツールは、小説くらいしかないのかなとも思います。




ここで一句。

この夏は ポケモンGOより コンビニGO




書店の片隅にひっそりと積まれている、魔性の本音。

灯台下暗し。

世の中まだまだ、面白い。 ・・・かな

  • アバター

    自分も読もうかと思い、買ったまでは良かったのですが(笑)
    ゆっくり読んでみます♪

    おおむね日刊★狐くん

    2016/8/7(日) 午前 3:00

  • 顔アイコン

    おはよ〜♪(・∀・)ノ
    乱立する近所のコンビニに悪意を感じつつも、やっぱ利用しちゃうのよね〜w (*´∇`)

    キルア

    2016/8/7(日) 午前 9:26

  • 顔アイコン

    ずっと本離れしておりますが、最近は映画もあまり見なくなり(^^;

    このかた、受賞の時にTVニュースでお姿拝見しましたv
    サムソンさんの文章で読んでみたい度
    お元気そうでなによりです<m(__)m>

    ふぇい

    2016/8/7(日) 午後 6:03

  • アバター

    欲しい本なので、買おうと思ってます(*゚▽゚*)

    ネオ

    2016/8/7(日) 午後 11:29

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事