ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

チェ 28歳の革命

   

『チェ 28歳の革命』  (2008)



1955年。 貧しい人々を助けようと志す若き医師、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコで、フィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。

キューバの革命を画策するカストロに共感したチェは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる・・。


製作国/アメリカ : フランス : スペイン  The Argentine  (132分)

監督: スティーヴン・ソダーバーグ
製作: ローラ・ビックフォード/ベニチオ・デル・トロ
脚本: ピーター・バックマン
出演: ベニチオ・デル・トロ/デミアン・ビチル/ロドリゴ・サントロ/ジュリア・オーモンド/ etc...
    


こちらの作品、フィデル・カストロと出会ったチェ・ゲバラが、キューバ革命へと突き進む過程を描いた、渾身の伝記ドラマでございます〜〜。

んん〜〜、これ、歴史的背景がおそらく複雑で、まあ、簡単に理解できるような作りにはなっていないのですよね。

作品的にはこれ、銃やバズーカによる戦闘シーンが中心に描かれてはいますが、政治的な要素もこれ、さほど丁寧ではない語りで盛り込まれていますので、まあ、’わかりにくい映画’であることに違いはないのでしょう。



しかしながらこれ、娯楽色を排除し、ドキュメンタリータッチで描かれている本作品は、政治の生々しさが伝わってくるようで、民衆の安定した暮らしは、指導者の血と涙の結晶であるのだな、と感じることができました。

指導者たるもの、革命家たるものの血が滲むような努力、そして確固たる信念は、余所の国の人間が見ても充分にこれ、尊敬に値するものなのだと思います。



チェ・ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロは、2部作構成の伝記映画の主演として、見劣ることなど全くなく、『チェ』という作品の看板として、堂々たる演技であったと思います。

監督のスティーヴン・ソダーバーグは、いったいどんなことを狙ってこの作品を撮ったのか、、 という製作者側の意図に思いを馳せてみるのも、一興であるのだとも思います。





サムソン満足度  84点
   

開くトラックバック(55)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事