ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

恋人よ帰れ! わが胸に

イメージ 1

  

『恋人よ帰れ! わが胸に』  (1966)



フットボール中継中に、黒人選手ジャクソンにタックルされて、病院送りとなったTVカメラマンのハリー(ジャック・レモン)。

狡賢い義兄の弁護士ウィリー(ウォルター・マッソー)は、ハリーに半身不随を装わせ、チームやスタジアムから100万ドルの損害賠償をせしめようとする。

逃げた女房恋しさに、ウィリーの提案を呑むハリーであったが、責任を感じて看護人となるジャクソンの姿を見ると、ますます気乗りはしてこなくて・・。


製作国/アメリカ  THE FORTUNE COOKIE  (125分)

監督: ビリー・ワイルダー
製作: ビリー・ワイルダー
脚本: ビリー・ワイルダー/I・A・L・ダイアモンド
出演: ジャック・レモン/ウォルター・マッソー/ロン・リッチ/クリフ・オズモンド/ジュディ・ウェスト/ etc...



こちらの作品、名匠ビリー・ワイルダー監督が、仮病を装って詐欺をもくろむ男たちを痛快に描く、人情喜劇ドラマです〜〜。

物語といたしましてはこれ、Vカメラマンのハリー(ジャック・レモン)が不慮の事故にあったのをきっかけに、義兄の弁護士ウィリー(ウォルター・マッソー)がこれ、詐欺を思いつくところから始まるんですね。

ハリーの容態はこれ、たいしたことがないのにも関わらずこれ、ウィリーは彼に半身不随を装わせ、損害賠償金をせしめようと考えるんですね。

気乗りのしないハリーでしたが、逃げた女房の気を引こうと、彼はウィリーの案を呑むのですが・・。



仮病を使う後ろめたさと、逃げた女房の気を引きたいという板挟み状態の主人公ハリーにはこれ、名優ジャック・レモンが扮しているんですね。

本作品でオスカー受賞のウォルター・マッソーとともにこれ、このふたりの‘掛け合い’はもう、文句なしに痛快で楽しいんですよね。

名ストーリーテラーとも謳われるビリー・ワイルダーの脚本がまたこれ、‘名コンビ’と融合しているというか、コメディー映画として幅が厚く仕上がっている感じなんですよね。

シーンごとにしっかりとオチを用意して、観客を楽しませようとするその心意気にはもう、思わず拍手を送りたくなります。



たとえばこれ、昨年のM−1覇者パンクブーブーや、一昨年の覇者NON STYLE、さらには2位のオードリーなど、計算され尽くした完成度の高い漫才を見ているようなのですよね。

笑いが堪能できる、とでも言うんでしょうか、これ。

でも意外と、くまだまさしのケツで笑いをとる根性もこれ、嫌いじゃないですけれども。 えぇ。

んんっ、、 今年はお下品にゆきます!  (本当か?)   (σ・∀・)σ ケツー!





サムソン満足度  88点
  

あけ萌え!

イメージ 1

  
いや〜〜、あけちゃいましたねぇ〜〜。 ぱっくりきちゃいました。  いやぁ〜〜。

本年もどぞおひとつ、よろしくお願いいたします〜〜。


なんだかんだでもう、このブログも3年くらいやらせてもらってるんですけど、昔からの映画好きに拍車がかかったというか、皆様の記事を参考にさせてもらいながら、鑑賞に厚みが増した感じになってるんですよね。

この映画は、ブログやってなかったら観てなかったな〜とか、この監督には興味持ってなかったよな〜、とか。

んもうこれ、ひとえに感謝、感謝でございます〜。


最近になって思うのはこれ、『映画を観ることはイイことだ』、とこれ、つくづく感じるんですよねぇ〜。

映画で感性を磨いて、ついでに○○○も黒光りするくらいにこれ、磨いてゆきたいですねぇ〜。 んんっ・・。

あっ、競馬も頑張りますね。 燃えに燃えてゆきます! はいっ!


皆様にとってよい一年でありますように。  んんっ、、謹賀新年・・!  (`д´;)o  
    

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事