ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

凶悪

イメージ 1

 

『凶悪』  (2013)



ある日、ジャーナリストの藤井(山田孝之)は、死刑囚の須藤(ピエール瀧)が書いた手紙を持って刑務所に面会に訪れる。

須藤の話の内容は、自らの余罪を告白すると同時に、仲間内では先生と呼ばれていた全ての事件の首謀者である男(リリー・フランキー)の罪を告発する衝撃的なものだった。

藤井は上司の忠告も無視し、事件にのめり込んでゆくが・・。


製作国 日本  (128分)

監督: 白石和彌
製作: 鳥羽乾二郎
脚本: 高橋泉/白石和彌
出演: 山田孝之/ピエール瀧/リリー・フランキー/池脇千鶴



こちらの作品、ベストセラーノンフィクション「凶悪−ある死刑囚の告発−」を映画化した、衝撃の犯罪ドラマです〜〜。

事の発端は、死刑囚の須藤(ピエール瀧)が、ジャーナリストの藤井(山田孝之)に宛てた手紙だったのですね。

その手紙の内容は、自らの余罪の告白と、須藤が慕っていた木村(リリー・フランキー)という男を獄中に引きずり込もうとする、復讐の意味もあったのですね。



時間軸が交差しながら、ジャーナリスト藤井の苦悩、葛藤、そして須藤と木村の極悪非道な行為がこれ、映し出されてゆくわけなんですね。

この作品の魅力は、助演として、卑劣な人殺しを繰り返す役どころのピエール瀧、リリー・フランキーの怪演でありましょうか。

主演の山田孝之が事件に悩み、葛藤するという役どころに対して、ピエール、リリーの両人は、自由奔放に演じていたという印象ですね。



ヤ○ザって、ほんと怖いなーと、つくづく感じますね。 こういう映画を観ちゃうと。

法整備が整っている日本だからこそ、殺人とは程遠い生活をしていられますけど、まあ、日常生活の中で「紙一重だな〜」と思うこともたまにあります。

「リアルな殺人の映画」、という部分ではこれ、衝撃的な一作でございました。





サムソン満足度  80点
  

開くトラックバック(3)

* 日本ダービー *

 
いや〜、テンションが上がります。 日本ダービー。

最近は土曜競馬やらなんやら、マッサージやら服を買ったりやらで、ちょい浪費が多くなりがちなんですが、まあ、別にいいかなと割り切ることができています。

またそのうち節約モードになったり、いろいろ考えが変わりながら、時間が過ぎ、人生が形成されてゆくのでしょうか。 よくわかりませんけど。

ということで・・ 本命は、トゥザワールド

イスラボニータも相当強いと思いますが、血統を重視してみました。

さらに良血馬のハギノハイブリッドにも期待。


買い目・・

イメージ 1



がんばれ! トゥザワールド!  食い込め! ハギノハイブリッド!
 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事