ここから本文です

書庫B・ワイルダー箱

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

恋人よ帰れ! わが胸に

イメージ 1

  

『恋人よ帰れ! わが胸に』  (1966)



フットボール中継中に、黒人選手ジャクソンにタックルされて、病院送りとなったTVカメラマンのハリー(ジャック・レモン)。

狡賢い義兄の弁護士ウィリー(ウォルター・マッソー)は、ハリーに半身不随を装わせ、チームやスタジアムから100万ドルの損害賠償をせしめようとする。

逃げた女房恋しさに、ウィリーの提案を呑むハリーであったが、責任を感じて看護人となるジャクソンの姿を見ると、ますます気乗りはしてこなくて・・。


製作国/アメリカ  THE FORTUNE COOKIE  (125分)

監督: ビリー・ワイルダー
製作: ビリー・ワイルダー
脚本: ビリー・ワイルダー/I・A・L・ダイアモンド
出演: ジャック・レモン/ウォルター・マッソー/ロン・リッチ/クリフ・オズモンド/ジュディ・ウェスト/ etc...



こちらの作品、名匠ビリー・ワイルダー監督が、仮病を装って詐欺をもくろむ男たちを痛快に描く、人情喜劇ドラマです〜〜。

物語といたしましてはこれ、Vカメラマンのハリー(ジャック・レモン)が不慮の事故にあったのをきっかけに、義兄の弁護士ウィリー(ウォルター・マッソー)がこれ、詐欺を思いつくところから始まるんですね。

ハリーの容態はこれ、たいしたことがないのにも関わらずこれ、ウィリーは彼に半身不随を装わせ、損害賠償金をせしめようと考えるんですね。

気乗りのしないハリーでしたが、逃げた女房の気を引こうと、彼はウィリーの案を呑むのですが・・。



仮病を使う後ろめたさと、逃げた女房の気を引きたいという板挟み状態の主人公ハリーにはこれ、名優ジャック・レモンが扮しているんですね。

本作品でオスカー受賞のウォルター・マッソーとともにこれ、このふたりの‘掛け合い’はもう、文句なしに痛快で楽しいんですよね。

名ストーリーテラーとも謳われるビリー・ワイルダーの脚本がまたこれ、‘名コンビ’と融合しているというか、コメディー映画として幅が厚く仕上がっている感じなんですよね。

シーンごとにしっかりとオチを用意して、観客を楽しませようとするその心意気にはもう、思わず拍手を送りたくなります。



たとえばこれ、昨年のM−1覇者パンクブーブーや、一昨年の覇者NON STYLE、さらには2位のオードリーなど、計算され尽くした完成度の高い漫才を見ているようなのですよね。

笑いが堪能できる、とでも言うんでしょうか、これ。

でも意外と、くまだまさしのケツで笑いをとる根性もこれ、嫌いじゃないですけれども。 えぇ。

んんっ、、 今年はお下品にゆきます!  (本当か?)   (σ・∀・)σ ケツー!





サムソン満足度  88点
  

情婦

   

『情婦』  (1957)



金持ちの未亡人を殺したとして、容疑をかけられたレナード(タイロン・パワー)は、老齢ながら、ロンドンきっての敏腕弁護士ロバーツ(チャールズ・ロートン)に弁護を依頼する。

しかしながら、’検察側の証人’として法廷に立ったレナードの妻、クリスティーネ(マレーネ・ディートリッヒ)から、思いもかけない証言が発せられた・・。


製作国/アメリカ  Witness for the Prosecution  (117分)

監督: ビリー・ワイルダー
製作: アーサー・ホーンブロウ・jr
原作: アガサ・クリスティ
脚本: ビリー・ワイルダー/ハリー・カーニッツ
出演: タイロン・パワー/マレーネ・ディートリッヒ/チャールズ・ロートン/エルザ・ランチェスター/ etc..



こちらの作品、往年の大巨匠、ビリー・ワイルダー監督によって手掛けられた、アガサ・クリスティ原作による、傑作法廷ドラマです〜〜。

んもうこれ、映画史に残る、「大どんでん返し」が有名な作品かとも思うのですが、私的にはこれ、「ねるとん紅鯨団」というTV番組で、とんねるずの石橋さんが叫ばれていた、「だいっ! どん! でん! がえし!」、という名ゼリフもこれ、何気に印象深いんですよねぇ〜。 古いですけどねぇ〜。 いやぁ〜〜、、、 

えぇ〜〜、、 本作品の物語の大筋は、まあ、殺人容疑にかけられた男の、有罪か無罪かを見極める、おもに法廷を舞台に展開される話なんですけれども、、んもうこれ、、それはもう、洗練されたお見事あっぱれなストーリーだと思うんですよね。



私的にはこれ、ビリー・ワイルダー監督の「細かな配慮」というか、脚本に対して「妥協を見せない」と言いましょうか、んん〜〜、これ、、映画人としての’職人気質’が好きなんですよね〜。

例えばこれ、、この物語の主演でもある老弁護士の事務所に、弁護の依頼に現れた男がいるんですけれど、一旦はこれ、追い返そうとするんですが、これ、彼の胸ポケットにある葉巻を見て、「話を聞こうじゃないか」と、奥の部屋に招き入れるんですが、実はこの老弁護士は、退院してきたばかりで、医者から煙草を止められていたのですよね。 そして、口うるさい女使用人に見つからないように葉巻を吸うために、老弁護士はなんと、依頼を引き受けるまでに、なるんですよねぇ。。

んんっ、、 葉巻一本、、裁判のもとっ!  (・∀・;)カン! カン!
 


『アパートの鍵貸します』『お熱いのがお好き』など、コメディ映画も多く撮られているワイルダー監督、本作でもちょいちょい、細かな笑いを散りばめられているんですよね。

軽妙なユーモアと、サスペンスの緊張感が巧みに融合された、傑作なのだと思います〜。





サムソン満足度  90点
     
  
売れない作家であるドン・バーナム(レイ・ミランド)は、重度のアルコール依存症。

兄や恋人の懸命な努力も効を奏せず、目を離した隙に一杯あおってしまう始末であった。

いよいよ酒代がなくなったドンは、街をさまよううちに気を失ってしまう・・。


監督: ビリー・ワイルダー
原作: チャールズ・ジャクソン
脚本: チャールズ・ブラケット/ビリー・ワイルダー
出演: レイ・ミランド/ジェーン・ワイマン/フィリップ・テリー/ドリス・ダウリング etc...



こちらの作品、アルコール中毒者を真正面から捉えた、名匠ビリー・ワイルダーが手掛ける、葛藤のドラマでございます。

レイ・ミランド演じるドンは、10代から作家を志すも、書けない日々が長々と続き、ついにはに頼るようになってしまった、アルコール中毒者であります。

ドンの兄からの厳しい監視により、彼は隠れながら、にありつこうと懸命に努力をします。



この映画の見どころは、主人公ドンの弱さが、まざまざと描かれている点でありましょう。

断酒のために長年尽くしてくれた恋人に、「あなたは酒のためなら何でもする人だ」と言い放たれてしまうシーンは、少々痛々しくもあります。

あくまで紳士的に描かれている主人公ドンのプライドと、彼の内に潜む苦悩との対比には、名匠ビリー・ワイルダーの手腕が存分に堪能できるかとも思います。

本作品はアカデミー作品賞監督賞脚色賞主演男優賞を受賞しています。





サムソン満足度  87点
     

開くトラックバック(2)

 
禁酒法時代が真っ只中の、1929年、シカゴ。

マフィアの抗争に巻き込まれ、聖バレンタインデーの虐殺を目撃してしまった、サックス奏者のジョー(トニー・カーティス)と、ベース奏者のジェリー(ジャック・レモン)。

2人はシカゴから逃げ出すためにバンドの仕事を探すも、団員を募集していたのは、フロリダに向かう、’全員女性’の楽団だけだった。

意を決した2人は、「女装」をして楽団にもぐりこむが、メンバーの一員である歌手のシュガー(マリリン・モンロー)に恋をしてしまう・・。





サスペンスからヒューマンドラマから、何でもござれの大巨匠、ビリー・ワイルダー監督の「コメディ」の代表作にして、’世紀のセックスシンボル’、マリリン・モンロー、ご登場〜! 皆の者、控え、控えおろ〜、・・な一作でございます。。



・・んまあ、この作品の見どころといたしましては、トニー・カーティスとジャック・レモンの’悪友’コンビ、これ、映画本編においては、ほぼ「女装姿」なのでありますが、ドタバタっ、と駆けずり回って、あたふたっ、と慌てふためいて、これ、様々な’災難’が、彼らに襲いかかります〜。。



フロリダに向かう列車の寝台車にて、ひょんなことから、ジャック・レモンの寝室、これまた、狭苦し〜いスペースにおいて、「パーティー」がおっ始まるんでありますね〜。

禁酒法の憂さをよほど晴らしたかったのか、お酒を持ち寄った10人ほどの女性が、んもう、ぎゅうぎゅう詰め。。

揉まれに揉まれた、ジャック・レモン。。

彼は一応、’オンナ’を装っていますから、これ、生脚も、目の前にあるふくよかなふたつの球体も、ジャックさんあなた、揉むことができまへんなぁ。。

こりゃ、災難でしたな!



本作のヒロイン、マリリン・モンローと恋に落ちるのは、トニー・カーティスであります〜。

慌てて急いで、’オトコ’に戻ったカーティスさん、浜辺でマリリンを巧みなナンパで、GET〜!

「ボクは貝(shell)を集めるのが好きでね。。 んー、何故かって? そりゃあ、自分の持っている会社の名前だから。。」

・・って、シェル石油ですか! 

これにはマリリンも、イチコロでしたね〜。。

カーティスさんあなた、軽い気持ちで女性を騙そうと思っても、そうは簡単にはいきませんでしたねぇ。。

マリリンの強すぎた想いに、そりゃあ、マリリンも傷つきはしましたが、良心の呵責の念に苛まれ、苦しい想いを背負い込む羽目になったのは、カーティスさん、あなた、自業自得でありましたよねぇ。。

うーん、美女に目が眩んでしまった災難、でありましょうか。。



「女装」の主演2人のドタバタ騒動をベースに、ビリー・ワイルダーが生み出すストーリー、セリフの妙は、んもう、天下一品でありますね〜。

んー、しかしながら、この映画でひときわ、ピカッピカのオーラを放っていたのは、やはり、この歌声でありましょうか〜。。

「機。廝瓧遑遑瓠。贈紂。味錚ed By You〜♪」

んんんっ・・。 震える唇が、んもう、世紀的に、魅惑的!  マリリン・モンロー、オンステージで、大炸裂〜!!



これぞ、’娯楽映画’の真骨頂でありましょうかね〜。  ぶぶっぴどぅーん♪





サムソン満足度  85点

深夜の告白 (DVD)

 
保険会社の営業マンであるネフ(フレッド・マクマレイ)は、自動車保険の更新に出向いたディートリクソンの家で、美しい後妻フィリス(バーバラ・スタンウィック)と出会う。

彼女は、夫に知られずに傷害保険をかけたがっていたが、犯罪の匂いを感じたネフは、彼女の要望を拒否する。

しかしながら、彼女の魅力に抗しきれないネフは、倍額保険を手に入れるための、ある’完全犯罪’を考えつく・・・。





20世紀を代表するハードボイルド作家、レイモンド・チャンドラーと共同で脚本を書き上げた、ビリー・ワイルダー監督による、フィルム・ノワールの古典としても名高い、サスペンスの先駆的作品でございます。



んー、これ、コメディ作家としての印象が強い、ビリー・ワイルダーの監督作なんでありますが、んまあ、’ストーリー作りの職人’にジャンルを問うのがそもそも野暮なのでしょうけれど、んもうこれは、「犯罪映画の大傑作」でありますよね? ね? (誰に聞いてるん。。)

んもう、骨太なストーリーに、男臭さと血生臭いのが混ぜ合わされて、スッ。。 と金髪の美女が登場するあたり、なんだか、カーティス・ハンソン監督作、『L.A.コンフィデンシャル』を連想せずにはいられなかったですねぇ。。 

ラッセル・クロウにガイ・ピアース、ケヴィン・スペイシーに、キム・ベイシンガー。。 んもうあれから、10年も経つんですねぇ。。 時の経つのが早く感じてしまうときも、たまにはありますよねぇ。。 ねっ? ・・え? うん。。 そりゃあ、まあ、ね。。 へへっ。 やっぱり、脚線美ですか? (なにを話してるんや。。)



・・えっと、こちらの作品、原題はといいますと、『Double Indemnity』でして、’倍額保障の特約’という意味らしいのですが、映画冒頭、主人公ネフが息も絶え絶えに、汗をダラダラと流しつつ、んまあ、銃弾を受けているわけなんですが、自らが勤める保険会社に、深夜、足を運び入れるのであります。

で、とある一室に忍び込み、録音機に向かって、ネフは、ある’告白’を吹き込み始めるのであります。

その’告白’はといいますと、保険金詐欺目的の、「完全犯罪」の経緯なのでありますが、事の仔細は映画全編にわたって、ネフの口から語られてゆくわけなんですね。

んまあ、その犯罪には、ネフが深く関わっているのでありますが、主人公ネフ自らの’語り’による、「回想形式」という方法をとりまして、ストーリーが構成されているのであります。

ん〜〜、ナイス、邦題・・!



本作品の見どころとしましては、アリバイから目撃者から用意周到に、神がかり的に練りに練られた「計画殺人」も、これ、サスペンスとしては相当に面白いんですけれども、主人公ネフの保険会社の同僚、バートンという男の、「鼻」にこそ、本作の魅力があると思うんですよね〜。

バートンの保険会社での主な役割はといいますと、’詐欺を見破ること’でありまして、その嗅覚の鋭さは、長年の勤続で培われた汗と努力の賜物であり、んもう、「ベテラン刑事」の域に達しているのでありますね〜。

保険金詐欺の「殺人事件」に関与している主人公ネフとしましては、昔からの同僚であり、良き友人でもある、バートンの’嗅覚’は、これ、百も二百も承知でありますから、んもう、これ・・ 大和田獏、いや・・ 心臓バクバクものなんですよねぇ〜、これ。。



当時、脚本家としては著名で、まだ30代という若さであったビリー・ワイルダーが、初老を迎えた作家レイモンド・チャンドラーとタッグを組み、ハリウッドに放った’挑戦状’は、彼の「監督」としての名声を一躍、轟かせたことでありましょう。。



こちとら、金髪美女の登場に、これ、モノクロとはいえ、煽るような魅惑的な眼差しに、ヤワなハートが、轟いたとか、轟かなかったとか。。  んんっ・・。





サムソン満足度  90点 

開くトラックバック(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事