300名山達成後の山登り

冬でも登頂ビールを楽しみましょうヨ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
足尾山から筑波山を見る。筑波山までの山並みが続いているのが良く分かる。ちょうど真ん中ほどに、ハングライダーが見えます。

1 時 平成31年2月14日(木)
2.目的の山 つくば連山の山・御嶽山(230m)雨引山(409m)燕山(701m)加波山(709m)足尾山(628m)筑波女体山(876m)
3.メンバー 深作、黒沢、大内、富沢、檜山
4.行動概要
○2/14(木) 天気:晴れ(曇り時々晴れ・風寒し) 歩行距離:25km  累計高度(+):2.085m 
 東海駅5:39===6:46岩瀬駅7:00−−−7:30御嶽山ーーーー8:15雨引山ーーー10:00燕山・IBS鉄塔10:25−−−10:45加波山神社(本宮)ーーー11:15風車ーーー11:27一本杉峠ーーー11:57足尾山12:35−−−13:45上曽峠ーーー14:20県道・湯袋峠下ーーーー15:27筑波山キャンプ場15:40ーーー16:22筑波女体山下−−−ケーブル駅16:40〜〜〜16:58筑波山観光案内所ーーーー筑波山口バス停17:20====18:08岩瀬駅==(万寿園)===岩瀬駅20:16===水戸(解散)

 昨年の1月、3月に続いての「つくば連山」縦走である。同級生ら4人での縦走登山である。今回は多くのルート上で先日の雪が残っていた。日差しは薄く風が冷たかった。
 このルートのポイントは3つ。1つは燕山への長い登り(約3時間650m)2つは舗装歩き(約1時間45分)そして最後に裏つくば野営場を経由しての女体山への登り(約680m)だ。それぞれ辛い登り、歩きとなる。そしてこれを確実に歩き進めると目的の山が近く大きくなり、励みとなるコースだ。
 気心知れた仲間と歩くのはいつも楽しい。風にも寒さにも負けず歩く。トップを変わりながら歩く。(自分はいつものように殿を歩く。)歩きは順調だったが、しかし、今回はプランナーとしては失敗だった。前2回(土日だった。)までの行動タイムを把握していたが、ケーブル時間やバス時間の平日時刻を確かめていなかったのだ。このためロープウェー最終便を見て女体山の山頂を踏めず(登山者は皆無だ。)、ケーブルの最終便に滑り込み、観光案内所前からのバスは16:10が最終便で、岩瀬駅行きのコミュニティーバスに間に合うよう約3kmほどを走ることになった。68才の小父さん達に、申し訳ない過酷な行動を強いてしまった。
 反面、万寿園での反省会は俄然盛り上がることとなった次第である。

岩瀬駅を出発です。
イメージ 2


御嶽山登山口が「つくば連山」の起点です。
イメージ 3


御嶽山の途中には行場のような所もあります。
イメージ 4


良く整備された木道を登ります。御嶽山に毎朝登っている地元の人がいます。今朝も会いました。
イメージ 5


四阿のある御嶽山に到着です。
イメージ 6


つくば連山の登山道は「関東ふれあい道」にもなっています。
イメージ 7


イメージ 8


雨引山山頂に到着です。後ろには目指す筑波山が見えます。
イメージ 9


左の燕山から長い稜線を辿って筑波山に至ります。
イメージ 10


筑波山をズーム!右手の町並みは真壁です。
イメージ 11


登山道には先日の雪が残っています。
イメージ 12


雨引山から燕山までは、結構な登りが続きます。
イメージ 13


イメージ 14


ようやく第一関門の燕山に着きました。ここまでが長いのです。
イメージ 15


山頂下のIBSのFM放送アンテナの所で大休止です。ここは南向きで風も当たりません。
イメージ 16


道路に出て、道なりに下ると加波山神社に出ます。右手の参道を辿ると一宮、たばこ神社、本宮名などが建立されています。
イメージ 17


イメージ 18


加波山神社本宮から下る途中で開けたところで出ます。友部、水戸、ひたちなか市街、そして遠く日立アルプスの山並みが見えます。
イメージ 19


前々知事の岩上二郎が揮毫した「自由の階(きざはし)」のモニュメントがあります。
イメージ 20


風力発電が2基動いていました。
イメージ 21


舗装道路を少し辿ってから登山道へ。足尾山はもうすぐです。
イメージ 22


ようやく足尾山に到着です。樹林の中に見える山は加波山です。ここで大休止します。(ここでの35分の休憩が思わぬ事態を招いてしまいました。)
イメージ 23


本日の強い風は、ハング・パラグライダー達にとっては良い風のようです。パラグに続いてハングライダーの若者も飛び立ちました。
イメージ 24


舗装道路を歩いて上曽峠に到着です。これからまた湯袋峠近くまで舗装道路が続きます。
イメージ 25


ようやく舗装道路から解放されて、橋を渡って裏つくば野営場に向かいます。
イメージ 26


沢沿いの登山を行きます。
イメージ 27


雪が詰まっています。
イメージ 28


野営場への車道に出ました。道は凍っています。
イメージ 29


誰もいない野営場です。
イメージ 30


イメージ 31


女体山を目指して登ります。雪道です。
イメージ 32


日が傾いてきました。
イメージ 33


女体山の直ぐ下に出ました。しかし、誰もいません。平日のロープウェーの最終便の時刻を見て唖然!「しまった!そうか、今日は平日だ!」山頂を踏むのは諦めて・・・!
イメージ 34


冨沢に先行してもらい、ケーブル駅を目指しました。3〜4分前に着いて、滑り込みセーフの気分です。
イメージ 35


急いで歩いてきた山並みを撮って電車に飛び乗りました。
イメージ 36


万寿園のレバニラは絶品でした!生ビールでカンパーイです!疲れが一気に解消に向かいました!
イメージ 37

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事