300名山達成後の山登り

冬でも登頂ビールを楽しみましょうヨ

全体表示

[ リスト ]

硯岩からの榛名富士。左手奥は赤城山。右手のピークは外輪山の一つ相馬山。
イメージ 1


杖の神峠に向かう稜線から振り返って見えた掃部ヶ岳と耳岩。
イメージ 2


1.日 時 平成31年4月20日
2.目的の山 掃部ヶ岳(カモンガダケ 1449m)杏ヶ岳(スモウガダケ1292m)
烏帽子岳(1363m)鬢櫛山(ビングシヤマ1350m)榛名富士(1391m)
3.メンバー 単独
4.行動概要
○4/20(土) 天気:晴れ  檜山宅〜登山口 205km  歩行距離:計14.8km  
  累計高度(+):1,567m
 自宅5:00==(北関道・関越道)==渋川伊香保IC==7:20湖畔駐車場7:35−−掃部ヶ岳登山口7:40−−−7:50硯岩分岐(硯岩往復)8:05−−−8:27掃部ヶ岳8:45ーーー9:13耳岩ーーー9:28杖の神峠ーーー9:45鷲ノ巣山ーーー10:10杏ヶ岳10:30ーー−−−11:10杖の神峠ーー(林道)ーー11:05駐車場==(車で移動)==榛名湖温泉ゆうすげ元湯12:00ーーー12:25烏帽子岳分岐ーーー12:42烏帽子岳ーーー12:55分岐ーーー13:15鬢櫛山13:30−−−13:42分岐ーーー13:51榛名富士登山口ーーー14:30榛名富士14:40ーーー15:08登山口・ゆうすげ元湯(入湯)15:50===前橋IC===18:40自宅


 榛名山は、96年10月に鳥甲山への登山の折に、大変僭越ながら「ついで」の気持ちで登った山だった。その時の「拙い登山」が何となく小骨のように心にずっ〜と引っかかっていたので、今度登るときには、外輪山を登りながら榛名湖を一周しようと思っていた。
 今回、榛名湖一周は叶わなかったが、予定していた外輪山5山を登れたことに一応満足できたが、登山道などの関係で外輪山を登る効率的な登山は難しいと思った。もし再度榛名山に登るとしたら、積雪時が良いと思う。


自宅を出発する時に、平成最後の満月が西の空に輝いていた。今日の登山の天啓を得た気がした。
イメージ 3

イメージ 4


駐車場を出発した車道から、硯岩が見えた。
イメージ 5


掃部ヶ岳登山口に案内板があった。掃部ヶ岳までは硯岩を経由して90分のようだ。
イメージ 6


笹原の中を登る。
イメージ 7


硯岩の分岐に着いて、硯岩を目指す。
イメージ 8


硯岩からの展望。外輪山の一つ天目山を撮る。
イメージ 9


掃部ヶ岳への登りは、木と木の間が抉られた階段が山頂近くまで続く。
イメージ 10


掃部ヶ岳山頂です。榛名山の最高峰の割には小さな山名板だ。しかし、西から南は大きく開けていて展望には優れていた。
イメージ 11


浅間山は大きく、白く輝いている。
イメージ 12


蓼科山をズーム!
イメージ 13


八ヶ岳をズーム!
イメージ 14


八ヶ岳の左手に白い峰が・・・。南アの盟主北岳と間ノ岳のようだ。
イメージ 15


真南には白い頂が見えた。秩父連峰の上に富士山が顔を覗かせていた。
イメージ 16


イメージ 17


西峰に向かう稜線には雪が少し残っていた。
イメージ 18


振り返ると、榛名湖が見える。
イメージ 19


稜線の樹林の切れ間から白く輝く上信越の山々が見えた。右手は谷川方面かな?
イメージ 20


イメージ 21


耳岩です。途中まで登りました。
イメージ 22


ここから左折して杖の神峠まで一気に高度下げる。
イメージ 23


杖の神峠に到着です。林道を横断して杏ヶ岳を目指す。
イメージ 24


杏ヶ岳の手前の大きなピークには、鷲ノ巣山の道標がありました。
イメージ 25


樹林の切れ間から榛名湖が見える。榛名富士と相馬山。
イメージ 26


杏ヶ岳に到着です。小さな山名板です。
イメージ 27


山頂付近からの掃部ヶ岳。
イメージ 28


杖の神峠に戻る途中からの掃部ヶ岳と耳岩。
イメージ 29


杖の神峠に戻りました。戻る途中で若い5人パーティーに会いました。林道を榛名湖畔まで下ります。
イメージ 30


林道から見た掃部ヶ岳と西峰です。
イメージ 31


林道を歩いて榛名湖畔に戻ってきました。この時点で、時間的に掛かりそうなので、歩いての一周登山は中止することにしました。榛名富士と烏帽子岳です。
イメージ 32


駐車場に到着して、次の三山の登山口近くにある榛名湖温泉「ゆうすげ元湯」まで移動して駐車しました。
イメージ 33


烏帽子岳と鬢櫛山への登山口は直ぐ近くです。
イメージ 34


烏帽子岳と鬢櫛山との鞍部に着いて、まず始めに烏帽子岳を目指します。
イメージ 35


烏帽子岳に到着です。ここまでの登りで20数名の中高年団体を追い抜きました。山頂は周囲が樹林に囲まれて視界の効かない山頂です。
イメージ 36


山頂からの榛名富士と相馬山。
イメージ 37


鞍部に戻って鬢櫛山を目指します。鞍部まで下る間に5人の登山者に会う。そして、鬢櫛山に到着です。
イメージ 38


山頂から見えた烏帽子岳です。
イメージ 39


また鞍部まで戻ってから榛名湖畔へ。右手の建物が「ゆうすげ元湯」です。
イメージ 40


ゆうすげ元湯の裏手が、榛名富士の登山口となっています。
イメージ 41


登山道は残雪が融けたばかりなのか、随所が泥んこ状態となっています。
イメージ 42


榛名富士山頂には榛名山神社が建立されています。ただいま工事中で三角点にはストックで触りました。
イメージ 43


ロープウェーで上がってくる観光客がたくさんいます。しかし、簡易な山名を示す看板がありますが、同定できるような看板ではありません。
イメージ 44


赤城山方面は春霞であまり視界が効きません。
イメージ 45


こちらは上信越の山々です。右手の山は草津白根山のようです。
イメージ 46


榛名湖畔近くまで下山してきました。榛名富士を撮る。
イメージ 47


帰宅途中で、対岸に掃部ヶ岳の大きな山体がありました。
イメージ 48

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事