300名山達成後の山登り

冬でも登頂ビールを楽しみましょうヨ

県内の山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
いつものように大円地登山口からの男体山を撮ります。春山らしい優しさ溢れる山容です。

1.日 時 平成31年5月1日
2.目的の山 男体山(654m)
3.メンバー 智子、真理子、隆
4.行動概要
○5/1(水)  歩行距離:4km  累計高度(+):685m
 大円地駐車場13:35ーーーー14:15健脚コース展望岩14:25−−−−15:00男体山15:20−−−−15:50大円地越えーーーー16:30大円地駐車場

 今年の10連休で久しぶりに5月に真理子が帰宅できることになった。その帰宅に併せて、令和元年の最初の山として「奥久慈男体山」に登ることにした。帰宅時間に併せたため午後からの登山となり、また午後の天気予報が雨模様であったが、何とか強い雨に遭わずに登ることができた。これは新元号新時代の幕開けとしては吉兆の兆しである。

駐車場を出発します。4台駐車していました。
イメージ 2


登山口からの男体山。
イメージ 3


昨日から今朝までの雨で登山道は濡れていました。涸れ沢も今日は水が流れています。
イメージ 4


イメージ 5


この岩場を登ると、眺めの良い展望岩に出ます。
イメージ 6


イメージ 7


展望岩から筑波方面を撮る。
イメージ 8


振り返って男体山山頂を撮る。
イメージ 9


展望岩です。
イメージ 10


展望岩から上には登山道沿いにツツジがたくさん咲いていました。
イメージ 11


湿気が強く、汗をかきながら登りました。
イメージ 12


山頂到着です。当然誰もいません。
イメージ 13


東、高鈴山と神峰山が見えます。
イメージ 14


南、遠く水戸市街へと続く山並みは優しさ溢れる春の山の盛りです。
イメージ 15


下山します。
イメージ 16


下山途中からの鷹取岩方面。
イメージ 17


白い葉を幹いっぱいに付けた木が眼下に見えました。何の木だろうか?
イメージ 18


イメージ 19


大円地越に到着。新緑の広葉樹が良いですねぇ〜!
イメージ 20


この岩も今日は沢から流れてくる水が滴り落ちて、涼しい音を出しています。冬は氷柱のできる岩です。
イメージ 21


登山口に到着しました。雨は下山の杉林に入る頃から落ちてきました。
イメージ 22




 今回の登山でも、たくさんの花に出会いました。特にツツジはまだ蕾もありますが、今が盛りのようでした。


ニホンタンポポが登山口近くにありました。
イメージ 23


ニラバナかな。
イメージ 24


野バラ
イメージ 25


今が盛りのツツジが綺麗でした。
イメージ 26


山頂直下にはマムシ草。これにヒゲが付いていると「ウラシマソウ」です。
イメージ 27


イメージ 28


ミツバツツジも咲いていました。
イメージ 29


ヤマブキもたくさん咲いていました。綺麗です。
イメージ 30


ニリンソウもまだ咲いていました。
イメージ 31

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
吾国山からの下りで見えた難台山です。まさしく春の山そのものです。

イメージ 2
難台山山頂で集合写真を撮りました。懐かしい顔もありました。

1.日 時 平成31年4月17日
2.目的の山 吾国山(518m)難台山(553m)愛宕山(m)
3.メンバー 鴫原夫妻、深作、大内、飯島、冨沢、檜山夫婦
4.行動概要
○4/17(水)  天気:薄曇り  歩行距離:15km 累計高度(+):971m
 水戸7:34===福原駅8:20−−−吾国山登山口9:05−−−10:00吾国山10:15−−−10:43道祖神峠ーーー11:40難台山12:00−−−12:23大福山ーーー12:45団子石峠ーーー13:10南山展望台ーーー13:33見晴らしの丘(小宴会)14:35−−−15:33岩間駅15:37===水戸

 1月12日以来の吾国山から愛宕山への登山である。今回は初参加の鴫原とみちゃんと30数年ぶりのうちの奥さんのフレッシュ?二人のシルバー女性軍の参加を得て企画した。
 天気は予報通り薄曇りであるが、これが幸いであった。気温が高いので半袖シャッツで歩いた。このコースは大小のアップダウンが続くコースで、吾国山を過ぎてからの難台山への大きな二つの登りがキツイ。フレッシュコンビは何度も騙されたようだが、最後まで元気いっぱいに歩いていた。良い思い出の山となれば幸いである。

福原駅を出発です。
イメージ 3


最初は線路沿いを歩きます。
イメージ 4


途中の開けた道沿いから、つくば連山の燕山から石切場辺りまでが見えます。
イメージ 5


畑中の道から春景色の吾国山が正面に見えます。
イメージ 6


登山口です。ここから登山道が始まります。
イメージ 7


ツツジの蕾がふくらんできました。
イメージ 8


吾国山山頂近くに拡がるカタクリの群生地に着きました。3月25日の時には、まだ早かったのですが・・・。もう盛りは過ぎているだろうと思っていたら、思いに反してまだまだ盛りでした。すごい群生地です。
イメージ 9


イメージ 10


カタクリの群生地の中の登山道を辿ります。
イメージ 11


ここはブナの原生林のある場所でもあります。風雪に耐えたようなブナの大木があります。
イメージ 12


吾国山山頂です。今日に天気の春霞では日光方面は見えません。
イメージ 13


山頂神社の裏手から、つくば連山が一望できました。
イメージ 14


道祖神峠を目指して下ります。
イメージ 15


道祖神峠です。
イメージ 16


難台山目指して登ります。
イメージ 17


ここが最初のキツイ登りです。
イメージ 18


イメージ 19


マイペースで登ります。
イメージ 20


イメージ 21


スズラン自生地への分岐まで登りました。
イメージ 22


ここを登り切ると難台山山頂です。
イメージ 23


山頂には知り合いのK氏がいました。登山道の整備などボランティアもしている方です。(右から二人目)難台山を含めて何度かお会いしています。
イメージ 24


屏風岩です。
イメージ 25


大福山に到着です。団子石からの連想からこの名が付いたのでは?
イメージ 26


途中の岩場からつくば連山が見えます。
イメージ 27


下りも大変です。
イメージ 28


イメージ 29


団子石峠まで降りてきました。
イメージ 30


春の花の代表、スミレがたくさん咲いています。
イメージ 31


南山展望台に到着しました。愛宕山が見えます。
イメージ 32


ここまで二人は遅れることなく頑張って登りました!
イメージ 33


見晴らしの丘目指して、ゆったりと下ります。
イメージ 34


イメージ 35


見晴らしの丘に到着です。料理?を持ち寄って小宴会の始まりです!
イメージ 36


イメージ 37


岩間駅を目指します。
イメージ 38


あたこ天狗の森への道沿いには、今が盛りとヤマブキ、八重桜が咲いていました。
イメージ 39


イメージ 40


岩間駅に到着です。ここで登山は無事終了しました。
イメージ 41

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
いつものように大円地登山口からの男体山を撮ります。桜は満開でした。



1.日 時 平成31年4月12日
2.目的の山 男体山(654m)
3.メンバー 智子、隆
4.行動概要
○4/12(金)  檜山宅〜登山口     歩行距離:4km  累計高度(+):685m
 大円地登山口9:55ーーーー10:35健脚コース展望岩10:45−−−−11:05四阿ーーー11:15男体山11:55−−−−12:20大円地越えーーーー13:12大円地登山口

 男体山を久しぶりに夫婦で登山することにした。来週に予定している吾国山から愛宕山までの山行のために、足馴らしを兼ねての登山である。時間的・距離的にも簡易なコースではあるがそれでも良い汗をかいて気持ちの良い登山ができた。
 登山終了後は、パノラマラインを走って「金砂の湯」に入湯して、10割蕎麦を食してから帰宅した。


大円地登山口を出発します。
イメージ 2


たくさんのタチツボスミレが登山道沿いに咲いていました。
イメージ 3


白いスミレがチラホラと咲いていました。いかにも清楚なスミレです。
イメージ 4


イメージ 5


展望岩場に向けて登ります。
イメージ 6


展望岩場で小休止です。筑波山方面が淡く見えました。
イメージ 7


健脚コースは四阿まで岩場の登りが続きます。
イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


四阿に着きました。ホッと一息つきます。
イメージ 11


男体山頂まではわずかな登りで着きます。駐車場には先行者の車が4台あり、少し前に先行したご夫婦がいましたが、誰もいませんでした。(ご夫婦は一般コースから後ほど登ってきました。)
イメージ 12


イメージ 13


コーヒーなどを沸かして軽く食事を摂りながら、ゆっくり休憩しました。
イメージ 14


一般コースを下山します。
イメージ 15


気持ちの良い尾根を辿ります。
イメージ 16


大円地越えから下ると、春の野草であるニリンソウが至る所に群生していました。
イメージ 17


イメージ 18


二輪とも花開いているものもあります。でもこちらは少ないです。
イメージ 19


ニリンソウをズーム!綺麗ですね。
イメージ 20


この花も少し群生を作っていました。この花の名前を調査中です。
イメージ 21


イメージ 22


大円地駐車場に着いて、登山は無事終了です。
イメージ 23

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


イメージ 2


1.日 時 平成31年3月25日
2.目的の山 盛金富士(341m)吾国山(518m)
3.メンバー 盛金富士は単独。吾国山は智子。
4.行動概要
○3/25(月)   
 盛金富士は、昨年は3月31日と4月3日の2回イワウチワ鑑賞登山を実施した。今年は、花芽の付き方が少し早いようだ。いつ見ても可憐な花である。

久慈川から見た盛金富士の山容です。
イメージ 3


伐採された地点まで登り振り返ると、男体山が・・・。
イメージ 4


ズーム!
イメージ 5


北側斜面の至る所にイワウチワが咲いていた!
イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14



 午後からは吾国山のカタクリへ。昨年は盛金富士のイワウチワを見た翌日4月1日に鑑賞登山をした。この時は午前中の早い時間でもあって、今が盛りのカタクリを見ることができた。しかし今回は、まだまだ早いようである。斜面一面に風に揺れるカタクリの群落は見られなかった。もう1週間後辺りが最盛期だろうか。


道祖神峠から入って、元の研修施設前に駐車しました。。
イメージ 15


急登を登って吾国山山頂へ。
イメージ 16


今年もカタクリに出会えましたが、まだ早いようです。
イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
目的の山、高鈴山に着きました。平日にもかかわらず中高年登山者が10名ほど休憩中でした。

1.日 時 平成31年3月13日
2.目的の山 羽黒山(491m)神峰山(598m)高鈴山(623m)
3.メンバー 与沢、鴫原、深作、黒沢、井上、大内、堀内、冨沢、檜山
4.行動概要
○3/13(水) 天気:晴れ    歩行距離:22.3km  累計高度(+):1,181m
 東海駅7:00==7:21小木津駅7:25−−−7:55小木津山公園四阿8:00−−−8:12北展望地ーーー8:53林道ーーー9:00登山道入口9:15−−−9:40日立アルプス道ーーー9:58羽黒山10:10−−−11:04神峰山11:17−−−11:45向陽台ーーー12:35四阿ーー12:40高鈴山・四阿13:28ーーー14:20百体観音ーーー14:57助川山ーーー15:45R6号ーーー16:15福乃湯

 今月の日立アルプス登山は、いつもの風神山からではなく小木津駅から歩いて高鈴山に向かうルートを
初めて採った。深作、堀内両氏は既に歩いたルートであるが、小木津山公園は良く整備されており、今回逆から歩いてみて新鮮な気分を感じながら歩いた。時間的距離的にも手頃で、良いルートという印象を持った。

小木津駅から歩いて小木津山公園の四阿へ。ゴミもなく綺麗な公園でした。
イメージ 2


四阿を出発し北展望地へ。
イメージ 3


北展望地からは、眼下に海が拡がり日立電線工場が大きく見えた
イメージ 4


良く整備された登山道です。
イメージ 5


イメージ 6


一度林道に出ます。
イメージ 7


林道を歩いて登山道入口へ。
イメージ 8


榊の生えている杉林を通る。
イメージ 9


植林された杉林とカヤトの道を行く。
イメージ 10


日立アルプス道に着きました。途中には十王町の石尊山への登山道もあります。
イメージ 11


羽黒山を目指して登ります。
イメージ 12


神峰山の目指して登りが続きますが、ようやく神峰山に到着です。
イメージ 13


イメージ 14


少しの登りで羽黒山に到着です。
イメージ 15


神峰山に到着しました。
イメージ 16


神峰山からは、大煙突の向こうに海がと日立市諏訪町の市街が見えます。少しモヤっています。
イメージ 17


神峰山からはほぼ下りです。
イメージ 18


旧トンネルのあった向陽台に到着。ここからは登りです
イメージ 19


高鈴山までに大きな登りが二カ所出てきます。登山者以外にパワースポットの巡礼者に出逢います。
イメージ 20


いつも宴会場となる四阿に到着。空身で高鈴山へ。
イメージ 21


高鈴山には中高年登山者が休憩中でした。
イメージ 22


四阿で楽しい宴を開きました。今度は助川山を目指して下ります。
イメージ 23


四阿には心ない者がゴミを捨ててゆく惨状があり、心痛めた大内君制作の「心を捨てないで」という木板を付けました。
イメージ 24


イメージ 25


百体観音です。
イメージ 26


おむすび池を通って助川山へ。
イメージ 27


助川山に到着です。雨がぽつぽつと降っていました。ここからは海と日立市中心市街地が眼下に広がっています。日立セメントへ石灰岩を運搬している空中ゴンドラも直ぐ下に見えます。(諏訪町の石灰岩採掘場が掘り出し尽くしたようで、近くゴンドラは撤去されると展望地にいた人から聞きました。)
イメージ 28


国道6号のバス停に着きましたが、バス時間までまだまだあるので福乃湯目指して歩きました。
イメージ 29


福乃湯に到着です。ここのお湯は熱めで冷えた体を温めるには最高です。
イメージ 30


銭湯の後には、きよ美での宴会に突入です。定額料金5千円で飲み放題です。
イメージ 31


今日のメインデッシュは「ブリの兜煮」です。旨い!
イメージ 32

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事