福井 ひかり整骨院 院長の日記

健康情報などを不定期に更新します。当院予約はお気軽にお電話下さい。
おはようございます。

イメージ 1

昨日のブログでは、
「その書き方じゃ、整骨院に通ってはいけない。通うこと自体が不正だ。」
と勘違いされるんじゃないか?
とのご指摘を受けました。

どうもすみません。
そういうことでは無いんです。
私も整骨院やってますから、患者さんが来なくなると困ります。

あくまでも、整骨院の施術には、保険が使えるもの(自己負担と保険負担による施術)と、
保険が使えないもの(全額自費施術)があるということなんです。
イメージ 2

保険が使える怪我の場合は、下記料金表の値段となります。
全国全ての整骨院に決められた定額ですので、整骨院ごとに料金が異なることはありません。
イメージ 4

保険が使えない自費施術の場合は自由施術ですので、各整骨院・接骨院によって自由に料金を設定することが出来ます。

当院の場合は、
①頚部・肩・上肢
②背部・腰部
③股部・下肢
の3つのうち
1ヵ所の施術なら、初回1500円、以降1000円
2ヵ所の施術なら、初回2000円、以降1500円
3ヵ所の施術なら、初回2500円、以降2000円
で行っております。
イメージ 3

決して高額すぎる設定ではございませんので、安心してご来院くださいますよう、お願い申し上げます。

ではまた。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

整骨院は不正ばかり?

『整骨院の不正問題』というものをご存知でしょうか?

町を歩くと、あちらこちらに整骨院・接骨院がありますよね。
その看板や施術内容を見ていくと、とても合法とは思えないものが数多く見受けられます。

イメージ 1

自分が整骨院をやっていながらこんなことを言うのもおかしいのですが、あまりにもひどすぎる。
金儲けのためには不正も辞さないなんてのは、自己中心的な考え。
患者さんのためにやっていることだ!と反論する整骨院もあるかもしれませんが、不正は不正。
患者さんと口裏を合わせて不正を行えば、患者さんも詐欺の共犯になってしまうことに気付いてもいない。

確かに健康保険の厳正化や同業者の急増など、整骨院・接骨院業界が厳しい時代になってしまったのは事実。
だからと言って自分の貧困を理由に不正を行ってもよい事にはならない。
金に困った人は泥棒してもいいなんて事は無いのと同じですからね。

一昔前の整骨院・接骨院は不正をするのが当たり前だった。
というか、不正だという概念が無く、それが正当だと思っていた。
時の総理大臣が国会で『整骨院は日本の伝統医療であり不正にはあたらない』と断言したくらいだから。
でも、今は時代が違うんです。
例えば、飲酒運転が厳しく罪に問われるようになったように、整骨院の業務内容も厳格化され厳しく罪に問われるようになったんです。
患者さんには、共犯者として罪に問われないよう、下のチラシを参照し、何とかご理解いただきたいと思います。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ではまた。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

農業アスリート

ありがとうございます。
おいしいイチゴ、頂きました。

イメージ 1

福岡県糸島産・あまおう
その名のとおり、イチゴの王様、甘くて最高です。

さて、このイチゴのパッケージには、『FRESA FUKUOKA』というロゴが印刷されています。

イメージ 2

室はこの『FRESA FUKUOKA』、ハンドボールのクラブチームなんです。
詳しくは↓URLをクリック!

通常の実業団チームですと、会社で働きながら選手としてプレーするわけですが、このチームは農業に従事しながら選手としてプレーしているわけです。

そんな過酷な条件のもと、昨年はジャパンオープンを制し、クラブチーム日本一の称号を得ました。
そして来シーズンはチーム名を『GOLDEN WOLVES(ゴールデンウルヴス)』に変更し、日本リーグに参戦してきます。
フレッシュなチームが日本リーグでどれだけやれるのか?
もちろん、福井でも試合が行われることでしょう。
ホント今から楽しみですね。

ではまた。
ごちそうさまでした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

睡眠不足

おはようございます。

昨日はハンドボール日本リーグチーム、北陸電力の選手ケア。
練習前18:00からテーピング、
練習後24:00までコンディショニング。

イメージ 1

今日は早朝から高校生のテーピング。
富山県で開催されるフェンシングの北信越高校新人大会に出場するとの事です。

イメージ 2

ハッキリ言って眠い・・・。睡眠不足はツライですね。
でも選手たちが頑張っている限り、僕も頑張ってサポートしなくちゃ!

そういえば、ハンドボールの世界選手権大会、昨日まで予選が行われていました。
選手たちも深夜までネット観戦してましたよ。

イメージ 3

残念ながら北陸電力からは代表入り出来ませんでしたが、その悔しさをバネにして、今月29日からの日本選手権大会にのぞんでもらいたいです。

イメージ 4
ではまた。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

成長期のトレーニング

先日は筋トレの開始時期について書きましたが、今日は成長期は何を重視したトレーニングを行うべきなのか?を書いてみようと思います。

イメージ 2

現在東京オリンピックに向け、若い選手の育成が盛んに行われております。
世界トップレベルに躍り出た卓球などは、早くからジュニアの育成に力を入れるため、指導者の育成から改革したと言われています。

ジュニアの育成に重要なのは、各年代での体力的要素と技術的要素のバランス。
具体的に言うと、小学生では技術的要素では大きな個人差が見られますが体力的要素に大きな個人差はありません。つまり体力的要素のトレーニングの有効性は低く、技術的要素のトレーニング(動作の取得・基礎技術)の有効性は高いということになります。これが中学生、高校生になると体力適要素に高い有効性が現れるのです。(中学生ではねばり強さ・持久力、高校生では力強さ・筋パワー)下図参照

イメージ 1

ですから、各年齢に適したトレーニングを的確に行えば確実にチーム・個人のレベルは上がるはず。

しかし、ナショナルチームのように幼児期から一貫したトレーニングを行える環境は珍しく、各選手の競技開始時期の違いや競技転向者などにも個人で対応しなければならない一般指導者は大変です。
さらにメンタル、栄養といった面での正しいサポートも必要となってきます。

これからは私たち柔道整復師(整骨院)も、選手コンディショニングを通じ的確なアドバイスが出来るよう、もっと勉強していかなければなりませんね。

ではまた。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事