ここから本文です

ワンフェス終了

ワンダーフェスティバル(WF)に参加してきました。
フィギュア等の展示販売のイベントです。

12月のトレフェスと同じような感じのイベントです。
※規模はWFの方が数十〜数百倍大きい

前回同様、うちには写真撮影の人がちらほら来ただけなので、
終始卓内で大人しく過ごしておりました。
途中、トイレついでに5〜10分くらい近所を見てきただけ。

私が作ったフィギュアが売れたのって10年前の唯1個が最後。
しかも今はそれが中古屋に置いてあるという・・・
(1個しか売れなかったから分かる)

現状の出し物は公開し終わったので、しばし充電期間に入ろうと思います。

次にイベントに出るのはいつになるだろうか。(遠い目)

毎度おなじみ悲しい参加レポも載せています→こちら

イメージ 1

この記事に

今日は暖かで

2月になりましたが、今日は暖かかった!
秋口くらいの心地よさだったのではないでしょうか。

あまりに暖かかったのでコートなしで会社に行ってしまった。
全く問題なかったです。
持って行っても着なければ邪魔になるだけ。

最近の話題
ついにうちにも到着しました。
イメージ 1
バスコレ80のラブライブサンシャインバス。

イメージ 2
左前から。ミラーはまだ未装着。
いや〜、よく出来てますな。
ラッピングの細かい絵柄もきれいにプリントされていますが、
老眼の私にはよく見えんとです。

イメージ 3
右後ろから。
本当は私の趣味的にはボンネットバスが欲しいのですが、
近頃は品薄で手に入らんとです。

このバス買っても私の鉄道では使えないのですが、
ラブライブサンシャインに免じて許してあげましょう(何が?)

イメージ 4
大きさは1/80ということで、HOより1割ほど大きいはずですが、
見慣れた機関車と比べて大きいのか小さいのかよく分からない。

バスの模型自体、見慣れていないので。
でも、大きさはこんな感じ。
(機関車が少し小さめのやつですが)


それからそれから、
どこかのツイッターに載っていた「酔いつぶれた楓さん」
面白かったので、私も買って真似してみました。
イメージ 5
楓さんの後姿に癒されます。

今回はこの辺で。


役に立ってないけど◆web拍手

この記事に

誰が言ったそんなこと

「三角関数は不要」
誰が言ったそんなこと?

自分が使わないから即不要、その感覚に驚きました。
文系だから?
いや違うでしょう。


私は普通に会社員ですが、使いますよ仕事で「三角関数」
あと趣味の模型作りでは斜めのケガキ線が何mmか計算したり、
ちょこちょこと「三角関数」のお世話になります。

難しい計算はしませんが、知識として知っておいて損はないと思います。

その他、円周率も使うかな。

この記事に

無題

モデルワーゲンにて「とある」企画が始まったようです。

私は12mmのものがあるかが気になっていたのですが、
全て9mmナローのようです。

リストには欲しいものもありますが、
今回は手を出さず再生産に期待することにします。
皆さん、頑張ってください。

私は死ぬまでに作りきれないほどのキットがあるので控えます。
何しろ、未完成のまま30年ほどたった珊瑚のキットとかありますから。
もちろん、モデルワーゲンのもありますから、私は手を出さないことにします。
それが皆さんも含めた精神衛生のため。

では、ごきげんよう。

この記事に

80年代に思いをはせる

あけましておめでとうございます。
元日からは日が過ぎましたが、まだ七草なので。
おめでとうでいきます。
そう、おめでとうと言う期間は自分で決めていいのです。

昨年末から私個人としては、はるか80年代を思い起こすことがありました。

静岡鉄道駿遠線の記録

昨年末にでた本でありますが、年明けに入手しました。
80年のTMSにこの鉄道を模したレイアウト記事が発表され、
子供時代の私は当時大変な感銘を受けたことを思い出しました。
以来、一番好きな鉄道は駿遠線と自負しています。

立山砂防のモーターカー

こちらは鉄道模型の製品化予告となりますが、
これまた80年のTMSに自作した同モーターカーが掲載されていたことは
今となってもはっきりと記憶しています。

なにしろ、Nから始めてナローへと興味が移っていた当時、
特に80年はTMSにナローの記事が目白押しでした。
今でも語り継がれる傑作ばかりです。
それらを記憶の底からよみがえさせることが相次いで現れたのでした。

きっと今年はいい年になるに違いない。
そう思っている今日この頃です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事