ここから本文です

寿都鉄道の鉄橋

6月に入りました。
唐突に鉄道ネタいきます。

50年以上前に廃線となった寿都鉄道。
現地確認に行きましたが、遺構はほとんど残されていません。

しかし、駅跡と思しき地点にはその表示がしてありました。
当時の駅名表を模した表示板が、かつて駅があったことを今に伝えていました。

その様子は本家サイトにいずれ載せるとして、
今回は寿都にほど近い地点にあった鉄橋跡を。

イメージ 1
国道のすぐ脇が鉄道敷だったことは分かったので、
注意しながら走っているとありました。

レールは取り払われていますが枕木は残されているようです。

これだけはっきりとした遺構はあまりないと思われるので、
鉄道の存在を伝える貴重な産業遺産だと思います。



この記事に

木曽にて

神々は木曽の山々に。
祝福を受けたものだけが、その地に入れるそうです。(某ゲーム風に)

ということで、木曽谷のとある温泉に行ってきました。
宿で地元ケーブルテレビの番組を見ていると、
中山道を歩く旅、のようなものを放送していました。

すると、中央西線の廃線跡が出てきました。
「ちょいと行ってみるか」

で、本当にちょっと行ってみました。

イメージ 1
通行止になっていますが、旧線トンネルの坑口が見えます。
私が立っているところは道路(中山道)です。

もう少し近寄ると、
イメージ 2
これ以上近寄るとクモの巣にかかるので。
天気が良すぎて光が入っていますが、ポータルが見えます。

イメージ 3
この道路自体が線路跡のようです。
正面の茂みの中に上記のトンネルがあります。

何度も国道19号は通っていますが、こんなものがあるのは知りませんでした。
ちなみに上を跨いでいるのが国道です。

イメージ 4
で、道路をさらに進んでいくと、こんな感じに。
ここも廃線跡なのでしょうが、これ以上は進めませんて。

トンネルから柵まで、距離にして200m位でしょうか。

別に何があるわけではなく、トンネル跡だけですけどね。
いや、いいものが見られました。
ちなみに、大きめの町に近いところでした。

この記事に

4ナンバー

気持ち悪い話題を送るために、すばやく次を書込みます。

軽4ナンバーの自動車税

私も昔乗っていましたが、軽自動車税は4000円でした。
昨今、古い自動車の場合は6000円とか。

ちょっと、割合的に高くなりすぎではないですか。
額は2000円アップかもしれませんが、比率では1.5倍ですよ。
取りやすいところから〜、としてもいきすぎでは?

古いものを大事にしようという感覚が薄れ、
新しく買い換えない、旧規格物を使い続ける人は悪人、
という悪しき風潮が蔓延しています。
だから、最近の人は物を大切にしない。

私も割増しの自動車税を納めましたが(税金は払うではありません)
17600円で1.1倍なので御の字です。
これからも古いものを大切に使っていきます。

この記事に

基本的に足が3本以上ある生物は苦手なのです。
(2本までしか無理)

気候が良くなってくると多足生物が増えますが、
今年も見かけるようになってきましたよ。
(もう見たくない、もう死にたい)

8本の方々はちらほら見かけてうんざりしていましたが、
数えきれない方々が現れました。
とりあえず下水に流れていただきました。
流れた後、どこに行こうが自由です。
家の中にいなければ良いだけです。

今年見たのは今のところ、ヤスデとゲジゲジだけです。
ムカデはまだ見ていない。
ムカデは刺すから危ないです。

一番害がないのはゲジゲジか。
ヤスデは臭い液を出すので始末した後もうんざりです。

動きが早いのはゲジゲジかも。
でも体が弱いので打撃で一発です。

ヤスデは動きが遅いのですが、前述のとおり臭い液を出す。
素早くどこかへ放らないと家の中が臭くなってしまいます。
ツーンとした、あの臭いは不快です。

ムカデは一番危険なのですが、こいつが一番固い!
殻が固くてちょっとやそっとの打撃では始末できません。
さらに噛むか刺すか分かりませんが、
人体に危害を加えるので、本当の害虫です。
見つけたら確実に始末しないと。

この方々を見かけただけで酒がまずく、寝つきが悪くなります。
(今日もゲジゲジ始末した)

早く、かの方たちを見ない秋以降になってほしい。
(まだ春だけど)

この記事に

無題

「地方私鉄1960年代の回想」をお迎えした。
鉄道の写真集だ。

地方私鉄が元気だった頃の情景がちりばめられている。

ページをパラパラとめくっていると、
'80年代にお亡くなりになった某アイドルに似たお嬢さんを発見する。
年代的に本人ではありえないので、(私も生まれる前の写真)
一瞬お母さんかと思うほどハッとしたが、
たぶん他人のそら似だろう。

そんなことを思う今日この頃。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事