ここから本文です

日記

町内会役員の任期が終わりました。
1年だけでしたが、三連休が全て役員会で潰れたのはきつかった。

何れにせよ、しばらくは元の生活に戻れそうです。
転勤するまでの間は・・・

この記事に

無題

久しぶりに「アイマスやって徒然草」
いやー、無料Pドロップがあることを忘れていました。
とりあえず、DLライブに残り全てを投入して終了しました。

◇無料Pドロップ◇
前述の通り全て消化しました。
衣装が出たのが1回だけ。
あとはアクセと銀箱だけが半々くらい?

いずれにせよ、衣装ドロップ率は最低の結果に。
衣装が出ていないDLライブがかなりの数に・・・

もう書込む元気がないので明日にします。

この記事に

雑記

新年度になりました。
4/1に書込みをすると嘘っぽいので4/2にします。

そういえば今年の4/2は日曜日だったのですね。

今年度の入社式は4/3となるわけで、
私が会社に入った年が4/2が日曜日だったのを思い出しました。
入社早々、休日からスタートと。

明日からしばらくは朝の電車が込みそうで、
なんとなく憂鬱な気分になる。

この記事に

未完のGL

ここに1両のナローのGLがあります。
残念ながら未完成です。
作ったのは高校生の頃で80年代です。

イメージ 1
まずは大きさの比較。奥は作りかけのC59で、1/87 12mmです。
GLの方は1/87 5.8mmで、NMRA式に言うとHOn1_2/3でしょうか。
縮尺は一応同じつもりですが、GLはフリーランスなので、
そのスケールになるように設計したというのが正しいです。
しかし、ご覧のように車体が少々大きすぎるのが欠点です。

なぜ車体が大きいか。
イメージ 2
拡大するとこんな感じ。
アウトサイドフレームの外側に出したクランクでロッド連動。
ゲージが5.8mmとあってはインサイドフレームは困難と判断し、
かつギア連動も億劫なので、このようにしました。

車輪はNゲージ用を改軌したもので、絶縁ブッシュの関係で、
クランクを車軸に半田付けすることが出来ずエポキシ接着です。
またロッドピンについても1mmのタップが手に入らなかったので、
1mmビスをエポキシで止めてあるだけですが、これでも走ります。

ただし、その代償として接着部の強度確保のために、
クランクの厚みが熱くなってしまい、ロッドピンと合わせて、
ランボードからはみ出さないようにと車体幅に反映されてしまいました。

イメージ 3
本来このクラスのロコともなれば幅はもっと狭い方がいいはずですが、
このような感じでロッドピンの頭がランボードの少し内側にくる状態です。
あと1~2mmくらいはスリムにできるでしょうが焼け石に水です。

キャブ高さもキドマイティ3に合わせたので少々高すぎで、
モーター取付け部の台枠を切り欠いて屋根もギリギリまで下げれば、
若干ながらも改善されましょう。
設計図も書かずに現物合わせでやるとこうなるという見本です。

イメージ 4
前から見たところ。
排気管には当時の私の好みでマフラーを付けてありますが、
今作る場合は付けないと思います。
見た目上は頭が重そうに感じるため途中で折れそうな雰囲気です。
あと視界も悪そうです。

ライトは前後とも穴が開いていますが、ここにはミクロ球が刺さっていました。
今ならLEDを使うところですが、80年代では小さなものはなく、
さらに赤、緑、オレンジくらいしか色がなかったかと思います。
ライトは普通に電球の時代です。

でも光を灯しながら走る姿は感慨深いものがありました。
自作車輛の醍醐味ですね。

この記事に

無題

3月に入りましたので、取り留めのない日記を。

フィギュア造型の方はまだまだですが、
完成後に掲載する原稿を書き始めました。
「原型が泥人形状態のうちから早すぎ」
と言われるかもしれませんが、いつも完成前から書き始めます。
その時思いついた事柄を文章にしておくのです。

そして、間をおいてから、さらに加筆修正を加えます。
こうして少しずつ文章の完成度を高めていきます。

HP本体に掲載している文章には少しですが手間がかかっています。
このブログはほとんど思いつきなので、誤字脱字も多く、
あまり手間がかかっていないのと対照的です。

イメージ 1

とりあえず、ある程度は書いたので、
次は原型本体の再開が次の目標です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事