僕の愛車スカライン(ECR33 GTS-t TYPE M)は、1994年に購入し今年26年目に突入しました。
基本的にディーラーでは車検整備、オイル交換やなどの軽整備はスーパーオートバックス、オプション品の取り付けは自分自身といったスタンスです。

今年の3月に12回目の車検を受けました。
やはり26年目になると部品の劣化も進み、交換する部品も多岐に渡りました。

僕がこの車に乗り続ける理由は、一言でいうなら「買い替える必要がないから」です。
逆に言うと「買い替えたくなる様な魅力的な車がない」とも言えます。

言えば、最近の車は「荷物を運ぶ道具」にしか見えないのです。
性能は段違いにあがりましたが、デザインは各社似たり寄ったりで日本車の長所でもあり短所でもあり。

で本題。
車検整備から帰ってきた翌週、ボンネットフードを開けると何となく違和感が…。

フォト


スロットルワイヤーとその他のハーネスをまとめている部品が、本来共締められている右前輪のショックのボルトから外れている。

勿論、猛抗議。
作業担当者を呼びつけましたが、新年度になり県内の他販売所へ異動になったとか。
で、最終チェックの担当者を呼びつけ猛抗議。
若いメカニックでしたが、平身低頭。

車における重要機構は、「止まる」「曲がる」「走る」です。
その一つに影響が出るかもしれない重大なミスです。
スロットルワイヤーが、何かに引っ掛かって暴走したら?
運行前点検は運転者の義務ですから、事故の原因であろうが僕にも責任が発生します。
でも、ボンネットフードを開けて確認する人がどれほどいるか?

その後、工場長と担当営業さんから謝罪の電話。

今日、「ながらスマホ」で赤信号を無視して横断しようとした大馬鹿野郎に浴びせたクラクションの場面をつぶやきに掲載しようとしてドライブレコーダーをチェックしたら、その当事者のメカニックと思われる人がディーラーの車庫から工場へ入庫しようとしている場面が。
右折して入庫しようとする場面で、対向車(ミニバイク)が減速しました。
と、そのメカニックの「早よ行け、ボケ!」という独り言がドライブレコーダーに記録されておりました。

フォト


こんな短気な奴が担当だったとしたら、「雑な整備をするのもさもありなん」って感じ。
勿論、お店ではなく今回も日産本社へ抗議(メール)しました。

母親もこの話を聞いて、「雑に整備して、『この部品が壊れています』と高い整備代と部品代を吹っ掛けて、ぼったくろうとしているんじゃない?なにせあのフランス人が会長だった会社だから」と完全に信用失墜です。

イメージ 1

開く コメント(0)

東京勤務

明日から、3年半ぶりに東京本社勤務です。
赴任先で借りていたアパートからの引っ越しは、来週ですが、一足先に横浜の実家に戻ってきました。

再び自分の理想のプラモを組み立てるために、星の屑成就のために、横浜ベイブリッジよ、私は帰ってきた!

イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

トートバック修理

母親が愛用しているトートバック。
ベルト部分がボロボロなので、修理出来ないかと相談されました。
交換したいベルト部分は、別の古くなったバックからの流用。
革の縫い針はないので、接着剤で付けようかと思っているとのこと。

革にも使える接着剤は、あるのですが、それなりの荷物を入れる可能性のあるトートバックの負荷の掛かるベルト部分に接着剤は少々不安なので、「それよりいい方法があるよ」と、作業開始。

まず、近所のホームセンターへ行って、「カシメ金具」を買ってきました。
10組入りで500円也。
革に穴を開けるポンチは、プラ板の抜き打ち用に数種類持っているので、それを使います。
カシメ用のハンドツールも何故が持っています。(笑)

イメージ 1

ポンチで、ベルトに穴を開け、カシメ金具を通して、ハンドツールで固定。

イメージ 2

イメージ 3

左右のベルトの長さが揃うように細心の注意を持って調整して、同じ作業の繰り返し。

イメージ 4

んで、完成。作業時間は10分程度。
母が、お店に修理の相談をしたら、修理代6,000円と言われたらしい。
「買った方がお得ですよ」と。
最近の日本は、すぐ買い替えを進める風潮。確かにその方が経済的には良いのだろうけど。

イメージ 5

開く コメント(0)

作画vs3DCG

似たような記載で恐縮です。

ハイブリッド作画が話題の「荒野のコトブキ飛行隊」
現在、2話まで視聴しておりますが、隼のエンジン始動シークエンスが丁寧に描かれ、戦闘機の機動に関しても、今までにない拘りを持って描かれております。
これからどんな展開になるか楽しみです。

残念に感じているのは、キャラクターとメカニックの親和性が低いこと。
まぁ、慣れの問題でしょうけど。
ハイブリッド作画は、メインキャラクターとモブで分けるかと思ったら、シーンによっては、メインキャラでも作画で処理することもあるようです。

いまのところ、作画に軍配を上げておきます。
動きも表情も作画の方が違和感がありません。
個人的意見ですが…。

下記比較映像は何れも、上が3DCG、下が作画です。
基本、アップの時は、作画なのかな?

イメージ 1

イメージ 2

開く コメント(0)

お風呂掃除

CMで見掛けた「ミストを浴槽全面にかけ、流すだけ」が謳い文句の某洗剤を買ってみた。
んで、使用方法通り、スプレーして1分放置して流すだけ洗浄を実施。
確かに手軽。正にお掃除革命。

だがしかし、どうも「ヌメリ」が完全に落ちたようには思えない。
手抜きをせずに、スポンジで擦り洗いした方が良いみたい。
あくまでも個人の感想ですがね。

お掃除は楽しちゃいけません。^^

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事