全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 今日、2009年度予算の政府案が、発表された。
 相変わらず、お金さえ使えば、景気はどうにかなるという安易な予算案である。
 赤字国債発行額は 前年度比31.3%増しの33兆2940億円の大判振る舞いである。
 困れば、赤字国債を発行すればいいという発想が見て取れる。
 未だに右肩上がりの経済成長が可能だと思っているという政治家、官僚の時代を
 見通せない時代錯誤がここにある。
 国の赤字国債を増やし、どこでその付けを払う見通しがあるのだろう。

 経済指数という国民にとって分けの分からない指数を上げられても 実感の湧くもの
 ではないことは 周知のことである。
 そんな実感の湧かない経済指数より、ブータンの前国王の提唱した国民の幸福指数でも
 調べ、発表してくれたほうが 実感が湧く。
 贅沢なものでなく、すべての国民が安定して生活できる衣食住を保障してくれること
 のほうが 余程ありがたい。
 汗水流して働く人間を使い捨ての部品のように切り捨てる企業、それに対してきちんと
 対応しようとしない政府、失業者のことなど人ごとのようにしか見ない国民、
 この国の幸福指数を計れば、どういう指数が出てくるのだろう。
 お金や株などの金融商品を動かし、年収億を超えるセレブたちやることは 
 ブランド商品や外車を買いあさり、社会貢献度など無に等しい。
 企業もこうしたセレブたちは どこまで国民の幸福指数を引き上げたといえるのだろう。
 わけのわからない新製品を作っては、購買意欲をそそり、無駄な消費へと向かわせる
 テレビのコマーシャルは どこまで幸福指数を押し上げたというのだろう。

 物とお金に翻弄された社会は 国民の幸福指数とは無縁なところで、
 生活の格差を生み出していったのは周知の事実である。
 グルメとブランド商品に狂う人間と そんな世界とは無縁な人間に 
 日本は分かれていってしまう。
 社会が不公平で不安定なものになれば、多種多様な新しい犯罪が生まれてくるのは
 当たり前のことである。
 社会が一人一人の幸福を追求することをやめてしまえば、犯罪は増加していく。

 ネパールに生活していく人々は、今の日本の人々よりはるかに貧しい生活をしている。
 グルメともブランド商品とも無縁の生活である。
 今日食事が出来たことを素直に喜び、ビニール張りのスラムのバラックの中にも
 笑いはある。
 貧しくても、肩を寄せ合って生きているという共感があるからだ。
 食べるものが無ければ、あるものが当然のことのように分け合う当たり前の生活が
 あるからだ。

 計画停電の夜の暗闇の中にも家族や近隣との会話があり、夜の闇は 彼らのかかわりを
 阻害するものではない。
 素晴らしいイルミネーションの中の日本人の方が、心の中はもっと暗い寂しいものかもしれない。
 経済指数ということであれば、日本のほうが上かもしれないが、幸福指数ということであれば、
 ネパールのほうははるかに上かもしれない。
 
 幸福を支えるものが何かを考えようとしなければ、物とお金に囲まれた日本社会は
 ますます幸福指数の低い国になってしまうだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++
   ** 忘れないでね **
          ↓

 にほんブログ村ランキングに参加しています。
 *面白いと思ったら下のアドレスをクリック*
 [https://www.blogmura.com/ にほんブログ村]

 人気ブログランキングに参加しています。
 *面白いと思ったら下のアドレスをクリック*
 [ http://blog.with2%2enet/in.php?590199 ]

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ご無沙汰しております。
記事を拝読し「幸せになれない病」を患った日本を痛感しております。が・・・、なかなか脱げ出せぬひ弱な自分をそろそろ真剣に脱却
させた生き方を始めねばと思っております。

2008/12/25(木) 午後 10:20 Hage Ken

顔アイコン

日本も来るところまで来たといった感がします。
どうしたら、日本が再生するのかは、一人一人の国民の
知恵が必要ですが、政治かも官僚も企業の経営者も国民を
まだまだ真剣に考えてはいないようです。

正規社員は 自分が非正規社員でなかったことにほっとするだけで、
同じ労働者であるという意識はなくなっています。
支えあうことが美徳である社会はどこに行ってしまったのでしょう。

帰ってくるたびに暗くなっていく日本ですが、
今年は最悪の年です。

老後という言葉がすぐ間近に迫っていますが
生きる実感のある生活を求めて生きたいですね。
眼をしっかり開けて、せめて騙され続けることだけは避けたい。

2008/12/25(木) 午後 11:36 [ hikaruno ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事