暁傭兵団活動記

岡山で活動するサバイバルゲームチーム「暁傭兵団」団長のヒカショウが綴る活動記です。

暁傭兵団活動記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新入団員です!!

4月7日(日)に、暁傭兵団定例ゲームを行ったのですが・・・。

イメージ 2

その際に、新たに「ぐっさん」君が団員として加わりました!

ぐっさん君は、INOXで行った貸し切りゲーム以降、何度か暁の主催ゲームに参加してくれていました。さらには、津地商会さんや倉敷クッキーズさんの主催ゲームにも参加していたようです。

こうなれば、私たちの仲間としてお迎えしよう!
ということで誘った結果、快く了承。晴れて団員となりました!

これで今年になって3人目の新入団員です。

イメージ 1

左から。今年になって入団した、ぐっさん君、むっこ君、竜馬君の3ショット。
3人とも入団する前に撮影したものですが、こうなる未来の予告だったのかもしれないですね(笑)


イメージ 3

なにはともあれ、新しい仲間が増えてうれしい限りです!
これからもよろしくお願いします!!

開く コメント(0)

先日、団員のworksさんから、
「CA870のタクティカル持っているんですけど・・・。やっぱりショットガンに独立グリップって個人的にはイマイチで、ほとんど使ってないんですよね・・・。」
という話がありました。

ヒ:「いや、私もCA870持っているんだけど・・・。固定ストックを独立グリップのストックに交換したいと思っていたのよ!worksさん、よかったらストックの交換しませんか?ついでにメンテナンスもしときますよ!」

works:「お願いします!!」

ということで、ヒカショウとworksさんのCA870、それぞれのストックを交換することになりました。


イメージ 1

上:worksさんのCA870タクティカル
下:ヒカショウのCA870


イメージ 2
まずは、ストックを交換するために取り外します。

が、

イメージ 3

実は、ストックを交換しようと思ったら、トリガーガードも交換する必要があるのです。
さらに、トリガーガードを交換するためにはトリガーも交換しなくてはいけないのです!

イメージ 4

というわけで、機関部をばらしてトリガーを交換します。

ここで、ついでにお互いのCA870をクリーニング&グリスアップします。


イメージ 5

さらに、worksさんのCA870にカスタムパーツを組み込んでいきます。


イメージ 6

まずはこれ。戦民思想のピストンヘッド「イッカク」です。以前、ヒカショウが使っていた物の余りがあったので組み込みます。

イメージ 7

エポキシ系接着剤で固定。
本来はシャフトが伸びていて、そのシャフトによるエアブレーキ効果で減音できるというものですが・・・。初速が落ちてしまうため、ギリギリまでシャフトをカットしています。それでも、クッション付きのヘッドなので減音効果は期待できます。

さらに、CA870特有の、撃った後の「バイーン」というバネ鳴り音の軽減処理をします。

イメージ 8

スプリングに熱収縮チューブをはりつけます。こうすることで、撃った後のバネの振動を抑えバネ鳴り音を軽減します。


イメージ 9

ちなみに、機関部をとめているのは特殊なねじなので、


イメージ 10

分解&メンテナンスがやりやすいように普通のねじに変えます。

イメージ 11

パッキンには、これまた戦民思想のパーツ「サーベルタイガー」を組み込みます。


イメージ 12

その名の通り、サーベルタイガーの牙のように飛び出た二つの突起がBB弾を中央で保持して、安定したホップ回転をかけます!ヒカショウも組み込んでいますが、小さなパーツなのに効果は抜群です!

さらに、CA870のフレームはノーマルだと、

イメージ 13

写真のように、いかにも樹脂という感じがします。

イメージ 14

そこで、エアガン用のスプレーで塗装すると・・・。


イメージ 15

イメージ 16

質感が見違えるほど変わりました!

で、ここからそれぞれ組み上げると・・・。

イメージ 17

イメージ 18


こんな感じになりました!

(フォアグリップはロング仕様のものが余っていたので、それを組み込んでいます。)

worksさんがほしかったフルサイズのショットガン。
ヒカショウがほしかったショートストックのショットガン

それぞれにほしかったものができあがりました!

ちなみに、

worksさんのショットガンの初速は86〜87m/s

ヒカショウのショットガンの初速は81〜82m/s

それぞれいい感じです!さっそく次のインドアゲームで使ってみよっと!!



開く コメント(0)

電動ガンのメンテナンス第2弾。次は「ステアーAUG」のメンテナンスと内部調整を行います!

イメージ 1


・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「行います」って言ってますが・・・・・

実は今回は、倉敷クッキーズの寝不足エンジニアさんに内部調整&メンテナンスをしていただきました!!
(↑自分でやったんちゃうんかい!!)


イメージ 2

寝不足エンジニアさんは色んな電動ガンのカスタム&調整をしており、特にAUGなんかは何丁もカスタムしているそうで、確かな経験と知識、根拠に裏付けされた凄い腕前の持ち主なんです!
(ハイサイクル仕様なんかはびっくりするくらいトリガーのキレがよかったです!)


で今回、好意でヒカショウのAUGをメンテ調整してくれることとなりました!

イメージ 3

今回は給弾パーツのところに、

イメージ 4

ゴムのOリングをかませてくれました。こうすることで給弾不良が解消されるとのことです。

イメージ 5

綺麗にクリーニングされたメカボックス。緩んでいた軸受けもしっかり固定してくれました。

イメージ 6

イメージ 7

寝不足エンジニアさんこだわりのグリスでグリスアップしてくれます。


イメージ 8

イメージ 9

丁寧に組み上げていただき・・・・



イメージ 10

完成です!!


イメージ 11

なかなかいい感じの初速です!
しばらくしてから、いつもの手持ちの弾速器で計測すると、86〜87m/s。
ばっちりです!!

3月初め、ガルデンさん主催の無人島ゲームでメインアームとして使用しましたが、なかなかの戦績を収めることができました!

寝不足エンジニアさん、ありがとうございました!!





開く コメント(0)

先日、M14を試射していたら給弾不良が頻発。

そういえば最近、M14をはじめ電動ガンの内部メンテナンスしてないなぁ・・・。

よし!今月は持っている長物電動ガン(といっても、M14、AUG、MP7の3丁しかありませんが)の内部メンテナンスを行おう!


イメージ 1

ということで、手始めに給弾不良が発生していたM14をバラします。
(M14ユーザーなら、これがいかに大変なことかわかっていただけると思います・・・。)

メカボックスを開けてみると・・・。
古いグリスにホコリや砂らしきものがべったり!あwwwこれはいかん。さっそくクリーニングしないと。



イメージ 3


まずは内部をアキュレイトアップで洗浄。そのあと、コンパウンドで磨きます。


イメージ 2

ツルツルになっているのがわかっていただけるでしょうか。シリンダーレールが接触するところを、1000〜1200番の耐水ペーパーで磨いた後コンパウンドでツルツルになるように仕上げています。こうすることで抵抗が減り、スムーズに動くようになるんです。

で、給弾不良の原因を探ります。

ノズルは動いていたので、タペットプレートは折れてはいない。となると、タペットかセクターギアのどちらかが摩耗しているのか・・・。


イメージ 4

案の定、セクターギアの突起が少し削れています。(矢印のところ)このため、タペットプレートとノズルが下がり切らずに給弾不良を起こしていたんですね。


イメージ 5


というわけで、今回組むのはこの3点。右から、
・セクターチップ(メーカー不明)
・セクターギア(純正)
・強化タペットプレート(GURDER製)


イメージ 6

今回のメンテ&リペアで、初
めてセクターチップというパーツを組んでみることにしました。

こんな小さなパーツですが、セクターギアに組み付けることでタペットプレートの後退量を増やし、確実に給弾されるようになるという優れものです!


イメージ 7

かなりタイトなので多少削らないといけませんでしたがバッチリ組み付きました!


イメージ 8


タペットプレートはGURDERの強化タペット。M14のタペットプレートは「折れる」「割れる」という評判だったので7〜8年ほど前から同じものを組んでいたのです。それから破損することはなかったのですが、さすがにわずかに削れていました。そこで思い切って新しいものに交換です。

実は、ノーマルのノズルならここまでパーツを交換したり組んだりしなくてもよかったのですが・・・。

このM14はノズルを通常よりも長いものに変更しているので、タペットプレートが確実に後退することは必須なのです!なので、今回パーツの交換&組付けを行ったのです!!


イメージ 9

これがそのノズル、「パカ山ノズル」というものです。変わった名前ですが、これがなかなかの優れもの。この形状のノズル先端が面でBB弾を押し出し、安定したホップ位置に固定してくれます。


イメージ 10

さらに、ホップ部には「SCP(スナイパーチャンバーパッキン)」というパーツを組んでいます。


イメージ 11

金属製のパーツをホップの押しゴムに装着。金属の安定性とゴムの柔軟性の両方を生かし、安定したホップをかけてくれます。

このパーツと先述のパカ山ノズルとの相性が抜群で、非常に素直なまっすぐ安定した弾道になります!!
(まあM14は元々安定した弾道ではあるのですが)
ちなみに、SCPとパカ山ノズルは組んだのが7〜8年前・・・。もしかしたらもう販売されてないかもしれません・・・。


イメージ 12

で、組み込みです。ちなみに、他にはスプリングガイドと逆転防止ラッチ、カットオフレバーを純正から強化型のパーツに変えています。


組み込んで初速を測った結果・・・。

イメージ 13

おお!!バッチリ!!
※適正ホップとノンホップでほとんど値が変わりませんでした。

メンテナンス前は88〜90m/sくらいだったのでメンテナンスの効果がバッチリ出ています!
チームレギュが95m/s以下なので理想的な数値です!
もちろん、給弾不良も解消されています!!


イメージ 14

このM14、メインの銃として使い続けて11年になります。
元々金属パーツが多く頑丈な銃なので、メンテ&リペアをしていけば長い間使えるんですね!



思えば暁傭兵団が2月で11周年・・・。
チーム設立と同時期から、外観や中身を少しずつ変えながら使ってきました。正に愛銃です!!


イメージ 15

フィールド、特に野外フィールドで頼れる愛銃の一つとして、これからも大事に使い続けていきたいと思います!!


(次回は、ステアーAUG・・・の予定・・・。)



開く コメント(0)

2月定例ゲームです!

2月3日(日)、暁傭兵団2月定例ゲームを行いました。

イメージ 2

今回のフィールドは、私有地の山岳フィールド「ボブランド」。

葛葉さんを介して地主さんとお知り合いになり、地主さんから「ぜひ使ってみて!」と使用を快諾していただき、2年ほど前から遊ばせていただいているフィールドです!!

イメージ 3

この日の天気は曇り。午後から雨の予報・・・。ならば、雨が降る前にチャッチャとゲームを進めるぞ!昼休みなしでのゲーム進行です!!


今回の参加者 (順不同 敬称略)

ヒカショウ
works
アラカ
まさキン
たわし
むっこ
竜馬  (以上 暁傭兵団)

なお
太公望
ルイルイ (以上 津地商会)

ゆーた (フリー)

以上11名!!



なお、以前も紹介しましたが、今回より新たに

イメージ 4
むっこ君と、

イメージ 5
竜馬君が団員として加わりました!!

二人とも、何度も暁傭兵団主催のゲームに参加してくれており、この度晴れての入団!
いつも、言っていますが、私は入団してもらうにあたって、「暁のことを知ってもらった上で入団してもらう!」ということを大切にしています!

「行ったら誘われたから何となく入った」ではありません。
何度も暁のゲームに参加し、ゲームの内容や雰囲気を楽しいと感じてくれての入団はうれしい限りです!!



イメージ 6

今回行ったのは
「攻守完全交代の1フラッグ戦」。
さらに、いつものように「攻撃側のみ一回復活有り」というルールを追加しています。

これにより、
・攻撃側はHITを恐れずにガンガン前に進む
・防御側は一か所にとどまらず常に位置を変えていく
ということが必要になります!


イメージ 11

さらに今回は、早めにゲームを回す意味も含めて、
「ゲーム時間は、ファーストHITから5分!」
というルールを追加しました!!

このルールを追加したことによってくファーストHITが出てしまうと、その分早く時間が経過してしまう」ということが起こります!

この事実を、攻撃側・防御側、それぞれの視点で考えると、

〇攻撃側
 ・ある程度、一斉に攻撃できる態勢を整えてから相手をHITしないといけない。
 ・一人だけ突出して2回連続HITされるということは一番やってはいけない。
                 ↓
 全員が連携してフォーメーションを組み、一斉に攻撃を仕掛けていかないといけない。

〇防御側
 ・じっと待っているだけではいつまでも時間が経過しない
 ・誰かがやられると人数は減るが、その分時間は早く進む
                    ↓
 ある程度積極的に迎え撃ち、時間が進み始めたら攻撃の進行に合わせて引きながら守る。

ということになります。

イメージ 7

初めての時間設定で始めのうちは戸惑いましたが、慣れていくとそれぞれが「今は何をしないといけないか」ということを理解しながらゲームを進めていくことができていったと思います。時間ギリギリまでフラッグの攻防が行われる白熱したゲームが続きました!!
今回は早めのゲーム回しを意識したので短い時間設定で行いました。が、大人数だとちょっと難しいかもですね。十数名だからこそできる密度の濃いゲームとなりました!!


短時間で激しく動くことが予想される今回のゲーム。この日、例によってヒカショウは膝の靭帯のケガによる違和感がまだ残っていました。そこで、
「1ゲームごとに、赤・黄チームを変えながらの防御専門要員」
としてゲームに参加しました。

イメージ 1

以前より話しているように、防御に徹するなら、取り回しのいいサブマシンガンやハンドガン、PDWが有利です。この日はMP7をメインアームとして使用します!
このMP7、いつもはインドア専用なのですが、今回は多弾数マガジンを使用しフルオートで使用します。やはり、取り回しのいい銃はとっさの対応に便利ですね。一日でおよそ十数HIT取りました!!
(途中からよく覚えていない・・・)

そして今回、両方のチームを行き来したことで、
参加メンバーのそれぞれの戦い方や強み、
どういったシチュエーションで力を発揮するのか!
といったことを見ることができました!

イメージ 8

開始早々飛び込んで掻き乱す人

前線での撃ち合いで粘り強く戦う人

みんなを引っ張っていく人

気配を消して静かに潜む人

味方がやられた後のカバーが早い人

それぞれに、色んなシチュエーションで強さを見せてくれました!
それぞれが持つ強みが合わさって、チームとしての力を発揮する!これこそがサバイバルゲームの醍醐味ですね!!

イメージ 9


白熱したゲームが続きましたが、13時過ぎから雨がパラつき始め、この日は早めの撤収。

それでもトータル9ゲーム!

「半日とは思えないほど遊びました!」

という参加者の声の通り、非常に密度の濃い、アクティブなゲームを行い、十分に遊ぶことができました!
早めの準備・昼休みなしのゲーム進行に協力してくれた参加者のみなさん、ありがとうございます!!

イメージ 10

参加者のみなさん、ありがとうございました!
次回以降もよろしくお願いします!!
   
 

開く コメント(0)

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事