社長のボヤキ

〜ビジネス&ランニング〜

全体表示

[ リスト ]

求職者目線

求人募集にあたり、
自分が言いたいことじゃなくて、相手が知りたいことを書く。これはどんな広告でもそうです。結構、みんな言いたいこと書いてます。

 例えば、よくあるのが、「頑張れば頑張るほど稼げます」。これはマイナスワードです。ただ、「頑張れ」って言ってるだけです。

 相手が知りたいこと。例えば、「基本的に長距離運行が少なく毎日自宅に戻れます」「手積み手下ろし作業はほぼありません」。これが知りたいことです。

 もちろん、手積み手下ろしがあるのに、ないと書くということではなくて、皆さんが面接とか、問い合わせで聞かれる質問の答えを書いておいて下さいということです。どんな仕事があるのか。どんな荷物か、ということを知りたいんです。

 それから、ホームページに誘導して下さい。ハローワークの求人票だけで勝負しないで下さい。最近の人はちゃんと見てきますから、ホームページに誘導して下さい。

 ハローワークの求人票も有料の求人の広告も今までは問い合わせとかエントリーをもらうためが目的だったのが今は違います。ホームページを見てもらうのが求人媒体の出口なんです。ホームページに誘導しているところに人が来てます。

 3社4社検討したときに、求人票でしかわからないところとホームページで色々書いてあるところ、両方あったらどっちの方に安心して申し込みするかということなんですね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事