社長のボヤキ

〜ビジネス&ランニング〜

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

中途採用方式

  近年、効果の出る中途採用の手法が劇的に変わってきています。しかし、多くの企業様では、まだその変化を知らずに、求人媒体に広告を出し続け、「ほとんど反応がない・・・」と「広告費が無駄になっている・・・」「採用さえできれば売り上げが上がるのに、応募自体がない・・・」といったお悩みをお持ちです。

 なぜ、今までの求人媒体の反響率が落ちているのでしょうか?  それは、求人広告掲載件数を見ればわかります。全国求人情報協会の調査結果では、2010年と2015年を比較すると、なんと241.1%となっています。

 広告件数が2.4倍以上と競合が激増している一方で、労働力人口は減少し続けていますので、反響率が落ちるのは明白でしょう。また、求職者の行動が紙媒体での職探しから、スマホ検索に移行していることも要因の一つです。

 今の時代、成果がでている中途採用手法は、ずばり自社ホームページの活用です。自社サイトからの応募者数は、アクセス数×応募率で表されます。採用に成功している企業は、このアクセス数を圧倒的に集めています。それもポータルサイトや求人媒体を使わずに、求人検索サイトindeedやFacebookに代表されるSNSから自社のホームページヘと誘導し、応募につなげているのです。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事