社長のボヤキ

〜ビジネス&ランニング〜

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全279ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

最近のドライバー採用

2030年には総人口が約1000万人減少し、生産年齢人口割合も右肩下がりと予想されています。
労働力人口減少の影響もあり、業界を問わず人材確保は激化しています。
運送業界でも2013年ごろからドライバー不足が叫ばれていますが、少なくとも2020年まではこの傾向が続くといわれています。
いまやとりあえずお金をかけて求人広告を出せば人が集まるという時代
ではありません。どのようなターゲットに対して、どの媒体を活用し、どうアプローチしたら
応募がくるのか。という明確な戦略をもって求人活動を行わなくてはいけません。
具体的に、まずは求職者が昔とはどう変化しているか?
変化についてみていきましょう。
 

仕事に対する価値観の変化

ここ数年で、仕事に対する価値観が大きく変化してきています。
以前までは「長距離ドライバーでたくさん稼ぎたい!」、「仕事内容は
しんどくても、給料が良ければいい」という人が多かったかと思いますが、
今の傾向ではそうではありません。
「仕事もそこそこ、給料も生活できるぐらいの水準でいいので休みが欲しい」、
「プライベートを充実させたい」、という人が増えてきています。
給与よりも、その会社で働く意義や目的を重視する傾向にあります。
 

親族の影響力が大きい

転職時における親族(両親や配偶者)の影響力が年々増大してきていると言われています。
夫や妻、両親の理解を得られず、親族の反対により入社辞退するというケースが
増えてきています。
今までは、求職者本人に対してのアプローチだけでした。
しかしこれからは求職者の意思だけではなく、求職者の家族の意向も含めて、
家族にも安心してもらう必要があります。
どうしたら自社を選んでもらうのかということを意識しなければなりません。
 

安定・安全・安心を求める若者

最近の若者の傾向は「安定」を求める人が増えてきています。
「安定して長く働ける」、「仕事が安定しており、給料も安定している」
というようなニーズです。
さらに安全・安心な職場環境づくりに力を入れている企業でないと、人が
集まらなくなってきています。
特に未経験者の場合「安全教育に力を入れており、成長ステップもイメージ
しやすく、安心して応募しました。」というような話をよく耳にします。
 

情報収集方法の変化

今の時代、求職者の9割以上が応募前後に、その会社のホームページを
検索していると言われています。
その率はスマホの普及とともに年々上昇しており、求職者の中には、
ホームページを持っていない会社は応募対象から外すという人もいるぐらいです。
では実際に応募者を増やすにはどうしたらいいのでしょうか。
まずは自社のホームページを徹底的に作りこみ活性化させることです。
前述のとおり、求職者の情報収集方法はネットで検索されていますので、
「この会社はどのような会社なのだろう?」と求職者はホームページを必ず
チェックしています。
ただホームページがあるだけでは意味がありません。
 
求職者が思わず応募したくなるような内容のポイントを5点ご紹介いたします。

①社内の様子・社風を感じさせる写真や動画がとにかく多いこと
文章で長々と書くよりも写真や動画で示した方が伝わります。
会社の特長や働くメリットも掲載し応募意欲を高めます。

②仕事の内容や1日の流れが掲載されており、イメージがしやすいこと
どんな荷物を運んでいるのか?荷姿は?配送件数や走行距離など
具体的な仕事内容や1日の流れを掲載することで、イメージがしやすく
応募のハードルが下がります。

③未経験者を募集しているなら、成長ステップがイメージできる内容となっていること
未経験者採用に力を入れているのあれば、ドライバー職は初めてだという方
向けのページを別で設け、育成の仕組みや、成長する機会、・ステップを
掲載するのがいいでしょう。

④安全・事故防止のための取り組みなどが掲載されていること
事故防止のための設備(危険運転探知システム、バックモニター、ドライブ
レコーダーなど)や、安全教育研修など、実際に取り組んでいる事例があれば、
掲載してください。

⑤親族からの反対を回避する対策ができていること
親族からの反対を回避するためには、安全運行や健康管理、コンプライアンス
の徹底、福利厚生など、家族が気にする点を掲載し、不安点はあらかじめ
払拭しておく必要があります。
 
このような点を意識してHPを作成しないと、「ただホームページが存在している」
だけでは応募率は著しく低いです。
募集要項はとにかく細分化し複数ページを作成するほど応募率は高まるでしょう

他責でなく自責

毎日、会社の社員は仕事に頑張ってる。
観ててわかる。精神力に行動力は自慢です。
辛いかもしれないけど、人生全て自責。
本気で生き残るには自責。

例えば、
試合に負ける。
選手が言い訳をしてくる。
その材料はいくらでもある。
きりがない。
雨が降った。風が強かった。暑かった。寒かった。照明の明暗。太陽の位置。観衆のどよめき。宿舎での生活。食物。交通事情。

選手が「雨が降ったから」と言ってくる。監督コーチはきびしく言い返す。「相手は乾いた芝の上を走る。こちらだけ、ぬれたグランドを走る。それなら許す。雨は敵味方に関係ない。平等に降っているではなそれでも雨のせいにするのか。お前だけに雨が降ったのか』とでもいうのか。

結局は自責!頑張りましょう!

中途採用方式

  近年、効果の出る中途採用の手法が劇的に変わってきています。しかし、多くの企業様では、まだその変化を知らずに、求人媒体に広告を出し続け、「ほとんど反応がない・・・」と「広告費が無駄になっている・・・」「採用さえできれば売り上げが上がるのに、応募自体がない・・・」といったお悩みをお持ちです。

 なぜ、今までの求人媒体の反響率が落ちているのでしょうか?  それは、求人広告掲載件数を見ればわかります。全国求人情報協会の調査結果では、2010年と2015年を比較すると、なんと241.1%となっています。

 広告件数が2.4倍以上と競合が激増している一方で、労働力人口は減少し続けていますので、反響率が落ちるのは明白でしょう。また、求職者の行動が紙媒体での職探しから、スマホ検索に移行していることも要因の一つです。

 今の時代、成果がでている中途採用手法は、ずばり自社ホームページの活用です。自社サイトからの応募者数は、アクセス数×応募率で表されます。採用に成功している企業は、このアクセス数を圧倒的に集めています。それもポータルサイトや求人媒体を使わずに、求人検索サイトindeedやFacebookに代表されるSNSから自社のホームページヘと誘導し、応募につなげているのです。

軽労化

 これからは、労働人口が減少し、人材の確保がますます困難になっていきます。

 物流企業は、(1)生産性のアップ(2)会社の魅力度のアップという二つの課題に対処していく必要があります。

 今、物流業界では、(1)のために、"省人化""省力化""自動化""機械化"といったキーワードが盛んに挙がっています。一人あたりのアウトプットを最大化し、競争力を上げようという意義ある取り組みです。そのための技術も日進月歩です。

 ただし、同時に(2)の視点も忘れてはいけません。(1)と(2)を同時に満たすキーワードが必要です。

 "省人化""省力化″"自動化″"機械化"といったキーワードは、どこか無機質です。結果的には、従業員のメリットにつながると思われますが、それを感じさせません。もしかすると、よくないイメージを持たれるリスクを感じます。


 そういった視点で、これからの物流企業経営のために推したいキーワードは、"軽労化"です。これは、(1)と(2)を両方満たします。実は、先進的思考を持つた経営トップは、すでにこのキーワードを使い始めています。

 運送会社の具体策としては、例えば、荷物のパレット化、カゴ車の導入、オートフロアの導入、洗車機の導入、荷役補助具の導入、積み下ろし補助作業員の設置などです。今後の物流業界は、この軽労化の競争になるでしょう。

給与より大事なもの

今、お金以外に仕事で大事にしていることは何ですか?と、ホワイトカラー、ブルーカラー関係なく、どんな人にも全部聞くと、一番大事にしているのが、「知識や技術が得れる」でした。

 2番目が「自身の人間的な成長」。3番目が「充実感ややりがい」でした。こういうのが半数以上の人が仕事で重視してるんですね。ここを打ち出せた会社は実は人が採れるし、人は辞めない。

 なので、こういったことを、ホームページでも求人広告でも、打ち出して欲しいし、社内でもこのような仕組み、制度を作っていくと人は辞めないということになってきます。

 そして、新人教育カリキュラムを作って、初めの初期教育で、とりこぼさない教育をしてほしい。

「人が足らないから人を採ってるのに、すぐにでも乗せたい」とよく言われるんですけど、いきなり新人をトラックに乗せて、仕事をさせたらダメです。
ちゃんと教育をしてあげるということが重要です。

 例えば、ある会社は5日間にわたって会社方針、業務内容、ドライバーの基本、車両関係、安全管理についてプログラムを作ってやっている。

 新人がどんなことがわからなくて、また、どんなことができなくて困るかを考慮して研修プログラムを組み立てます。オリジナルのテキストを作って教育しています。

 教育のテキストは絶対オリジナルじゃないとダメです。なぜかというと、会社によって仕事が違うからです。

 うちの仕事はこういうことを大事にして、こういう風なやり方でやることがベストなんだ、というのが出来ていなかったら、人は育っていきません。

全279ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事