がまがま日記

我が家に訪れるかわいいがまちゃんの日記です。気持ち悪いけれど、だんだん愛着がわいてきます。かえる好きの方も苦手な方も見てね。

どんぐり銀行 その2

イメージ 1

どんぐりを大事に箱に入れていたら、白くて細い虫がもごもご…
なんて、経験ありませんか??

我が家では何度もあります。

先日もカワアイサさんからいただいたクヌギのどんぐりの入った箱を開けてみると…?
いたいた!やつらが!
そして、どんぐりには直径1ミリ弱のきれいな穴が開いているのでした。

でも、どうして虫がわいたのでしょうか?
どんぐりを拾ったときには穴など開いていなかったのに。
どんぐりを入れていた箱を虫が自分で開けて進入したとは考えにくいし。

そこで、「どんぐりの穴について調べてまいりました」

白い虫は「ゾウムシ」の一種の幼虫です。
どんぐりがまだ木になっている時に、
象の鼻のように細い口でどんぐりに小さな小さな穴を開けて、
卵を産みつけます。

その卵が、どんぐりの中で孵化して、
ゾウムシの幼虫はどんぐりの中でご馳走を食べて大きくなります。
秋になり、どんぐりが地面に落ちてしばらくしてから、
直径約一ミリ、長さ1センチ弱に成長した幼虫は、
どんぐりの中から穴を開けて這い出してくるのです。

その穴のあいたどんぐりの写真を撮りました。
本当は、そのゾウムシの幼虫の姿も収めたかったのですが、
評判悪そうなのでやめました。

先日オーソレミーオがどんぐり貯金をしてきました。
クヌギなど200どんぐり近くありましたが、
ゾウムシの餌食になっていたものが多く、それをどけたら、
結局77どんぐりでした。

昔からの謎も解けたし、
来年のプレゼント交換のための貯金(貯どんぐり)もでき、
大収穫の秋でした。

おしまい!

この記事に

開く コメント(9)

未来科学館

イメージ 1

イメージ 2

この間の休み、子どもにはディズニーランドをリクエストされましたが、
おD場にある「日本未来科学館」 http://www.miraikan.jst.go.jp/index.html
に行ってきました。

「メガスター」っていう噂のプラネタリウムを見て、
予想通り気持ちよく寝てしまったり、
ASIMOのぎこちないダンスを鑑賞したり、
VR(バーチャルリアリティ)体験で、高度7000キロ上空を飛んで地球一周したり、
4Dの世界で銀河系の果てまで旅したり、
スペースシャトルの模型の中で、ボランティアのおじさんに、
「宇宙飛行士さんはどうやってトイレをするんですかぁ?」
なんて質問に答えてもらったりして、
開館から閉館時間までめいっぱい楽しんできました。

ピッコロは、こういうお金を掛けないで楽しめる所が大好きです。
(大人500円18歳以下200円、しかも土曜日なんて18歳以下タダ)

ディズニーランドのリクエストを却下された子ども達には、
S橋駅の「黒酢バー」で一杯ご馳走してから帰りました。

この記事に

開く コメント(14)

どんぐり銀行

イメージ 1

久しぶりの投稿です。

オーソレミーオ(二女)は貯金(貯どんぐり)をしている。
「どんぐり銀行」に口座を持っているのだ。
拾ったどんぐりを「どんぐり銀行」に持っていくと、
りっぱな通帳を作ってくれる。
そして、集められたどんぐりは、ちゃんと植えられて、
地球の緑が増えていくのだ。

おまけに、「どんぐり銀行」のあるK町通りのお店では、
通帳に貯まったどんぐりと、かわいい小物を交換してくれる。(期間限定)
写真のトトロの置物は今年「100どんぐり」で交換してもらった小物入れ。

ちなみにたいていのどんぐりは1個「1どんぐり」。
でも、写真のどんぐりのうち右端の一番大きい、
クヌギのどんぐりは1個「10どんぐり」。
つまりクヌギはオーソレミーオにとって「宝の木」なのだ。

と、いうわけで、
クヌギの木がはえているところを教えてくださ〜い!

「どんぐり銀行」についての詳細はここを見てね。↓
http://www.pref.kagawa.jp/midoriseibi/donguri/bank/index.htm

この記事に

開く コメント(16)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事