飛行船の気まぐれ☆☆新作映画紹介

ここのレビューをあるサイトに提供することになりました

全体表示

[ リスト ]

風が強く吹いている ケータイ投稿記事

イメージ 1

三浦しをん(新潮社刊)の原作を脚本家の大森寿美男が初監督。

出演は、小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介、橋本淳、森廉、内野謙太、ダンテ・カーヴァー、水沢エレナ、五十嵐隼士、渡辺大、、斉藤慶太、斉藤祥太、津川雅彦。

彼らの挑戦は、誰が見ても無謀だった。本人たちですら、不可能だと思っていた。しかしただ1人、この夢を企てたハイジ以外は─。

それは、寛政大学陸上競技部の8人と、学生長距離界最大の華<箱根駅伝>出場を目指すこと。

致命的な故障でエリート・ランナーへの道を諦めたハイジが、事件を起こし競技から遠ざかった天才走者カケルと会い、ハイジはカケルこそが秘かに温めていた計画の切り札だと確信、壮大な夢への第一歩を踏み出す。

ところがこの陸上競技部とは名ばかりで、8人は陸上から縁遠い上に、漫画オタクや25歳の留年生、アフリカから来た留学生など、ユニークなキャラクターがそろっていた。

だが、なぜかハイジは、自信に充ち溢れている。彼の編み出す緻密なトレーニング法と走ることへの信念、仲間への揺るぎない信頼が、皆を変えていく。

やがて明かされる、ハイジの故障の理由とカケルが起こした事件の真相、そして8人それぞれが抱えてきた本当の想い。果たして、心を一つにした10人は、箱根の頂点に立つことができるのか─?

なんといってもこの作品の凄いとこは、上映時間の半分以上を使って再現されている2日間の箱根駅伝シーン。実際の場所では残念ながら撮影出来なかったが、似たような箇所にエキストラを総動員して撮影されている。

毎年正月に、箱根駅伝を楽しみにしている方にはぜひとも見て欲しい作品です。

133分 10月31日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事