全体表示

[ リスト ]

BRAVE HEARTS 海猿

日曜日は午前中から久々の映画鑑賞

5月に観に行った、貞子3D以来だから、3ヶ月以上観てなかったんだなぁ、映画って…

で、今回観て来たのは、大人気マンガの実写版としてこれまで映画やドラマとなり、映画では続編まで製作されてきた…

海猿

イメージ 1

今回の作品は映画版・海猿の最後の作品になるのかな(ま、フジテレビの事なので、また続編ってことも考えられますが…)

とにかく原作のマンガが大好きで(おそらく原作は今まで読んで来たマンガの中でもベスト3に入ります、僕の中では…)当然、これまで劇場公開された映画3作品、そして連ドラと全て観てきました。

映画に関しては2作目、3作目は原作にはない、オリジナルのストーリーだったため、原作ファンの僕としてはこれは海猿じゃないって感じもしましたが…。

ただ、今回の映画4作目の「BRAVE HEARTS 海猿」は原作でも一番最後に描かれている「J-WING機遭難編」がベースになっているので、原作のファンでもかなり楽しめる作品となっていました。
(ただし、原作との相違点、例えば着水場所が福岡沖→羽田沖に、死者・行方不明者あり→乗員・乗客全員生還などの変更あり)

見所はなんと言っても後半部分ですよっ

もうね、ハラハラ・ドキドキの連続です

あと今までの映画版やドラマ版を観ている人にとっては、ちょろっとだけど「あっ、この人も出て来るんだ」ってところもあるのでお見逃しなく。

それから、最後のエンドロールが終わった後も、パロディー版ではありますが、予告編的なモノが流れますのでエンドロール中に帰っちゃうのはちょっともったいないですよ。

久々の映画でしたが、海猿はかなり楽しめる満足度の高い作品でしたねっ

ちなみに現在上映中だったり、これから上映予定の作品で観たいのが結構あるんですよねぇ。

るろうに剣心を筆頭に踊る大捜査線、天地明察、のぼうの城などなど、楽しみな作品が多いんだよなぁ。

見逃さないように気をつけないと…。

BRAVE HEARTS 海猿
●公 開 :2012年7月13日
●上映時間:116分
●監 督 :羽住英一郎
●脚 本 :福田靖
●原 作 :佐藤秀峰
●出 演 :伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲 里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎 他
●配 給 :東宝

STORY
上保安官だった仙崎大輔(伊藤英明)は後輩の吉岡(佐藤隆太)とともに、海難救助のエキスパートである特殊救難隊に所属していた。大輔は妻の環菜(加藤あい)との間に二人目の子供を授かり、吉岡はキャビンアテダントの美香(仲 里依紗)という恋人ができるなど、公私ともに充実していた。

しかし美香の搭乗するジャンボ旅客機のエンジンが炎上、飛行がこんな状況に陥ってしまう。総合対策室の下川救難課長(時任三郎)は最後の選択肢として、東京湾への着水を提案。

ジャンボ機が浮かんでいられるのはわずか20分。大輔たちはその間に300名を超える乗客乗員を救出することができるのか!?

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事