肺がんくん かかってらっしゃい!!

現在、肺腺がん発覚~3年経過と脳転移、免疫の病気と向き合う旦那の記録です。

旅立ちから一年。

先週、無事に一周忌の法要を
済ませました。

旦那の旅立ちから、一年。
とても貴重な日々でした。

彼が残してくれた沢山のご縁に
助けていただき、知らない人は
そんな事があったの?と思うくらい
私は無事に、楽しく、時々寂しく
やっています。

正直、病院の建物が目に入ると、
まだ入院中のような錯覚に陥り、
今頃消灯の時間だなぁ、とか、
今日はちゃんとご飯食べれたかな、
とか思ってしまいます。

洋服も靴も、パソコンも、全て
彼がいた時のままです。
そのほうが落ち着きます。

外に目を向けて行動していると、
沢山の友人が出来ました。
今までの自分の生活ではあり得なか
ったことです。
有難いです。

全て、旦那が私が寂しくないように
用意してくれているご縁のような
気がします。

なかなかblog更新出来なかったけど、
私は元気に猫と暮らしています😃

にほんブログむら 肺がんブログ
https://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(0)

7月を最後に、夏場は予想外に仕事が
忙しく、なかなか更新出来ないままでした。

治療経過パート2を仕上げないといけ
ないけど、出来ないまま。

先月の月命日は、初盆も重なり、お寺
でお経をあげていただきました。
コメントくださった、風景さん、すみませんでした。この場をお借りして、感謝いたします。

100ケ日も、お盆も過ぎ、主人の40年前に一緒にバンドをやっていた仲間に伝えることも出来、、一つ一つが終わる度に
私の気持ちも変化していきます。

「大丈夫❗」と「不安」は、「大丈夫」
のほうが大部分をしめますが、それでも
「寂しさ」が加わると、無理しないで思いっきり泣くことにしました。

最近、ようやく通勤中に音楽を聴けるようになりました。
電車の中で涙が止まらなくなるのを恐れて、今まで聴くのを止めていました。

明日は、5回目の月命日です。

病院が遠目に見えると、まだ入院している錯覚におちいります。
もしかしたら、これからも、ずっとそう
思うのかも知れません。

うちの中も、パソコンもスマホも、洋服も、テレビ周りのDVDもそのままです。
主人が1月〜入院した時のままです。

ただ彼が家の中に居ないだけ、という
状態です。
話し声も毎日思い返します。
忘れないように思い返します。

にほんブログ村 肺がんblog
https://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(2)

忘れないうちに書いておかないと。

2015年末からタルセバ服用
副作用はとにかく下痢が酷かった
です。
主人は几帳面だったので、トイレ
記録をスマホに記録していました。
見るとホントに大変だったんだ
なあ ・・・と。

2016年4月
新たに脳の転移がわかり、ガンマ
ナイフを薦められたが、色々調べ
てサイバーナイフが出来る病院を
受診 ここでも、信頼出来る先生
と出会い、サイバーナイフ治療を
受け3ヶ月後の検診で消滅を
確認し、喜びました。

2016年9月までは一人で外来も
行ってました。

10月
腰の激痛を訴え夜間救急に手を
繋ぎながら行ったなあ、、
免疫の主治医が丁度いらして、
この大好きな先生からこの夜、
元気もらって帰宅したなあ。

長年のステロイド服用で骨が
脆くなり圧迫骨折と言われて
この頃から段々悪くなりました。

10月のサイバーナイフの検診も
キャンセルしその後も行けなかった。
先生の患者さんでタルセバを5年
服用している方がいて期待しまし
たが、主人は一年弱で耐性が。

11月
腰の痛みに、モルヒネを服用。
合わなかったのか、自宅で転倒
し、オプソに切り替えました。
横になっていることが増え、
この頃から薬も重複して飲んだ
り、色々な管理が段々普段どおり
に出来なくなりました。

12月 タグリッソに切り替える
方向で適合テスト、細胞採取可能か、いつやるかを主治医は様子
みていました。
年内は結局実施せずに、新年を
迎えました。

続きはパート2で書きますが、
いつ書けるかな? です。
すみません❗

にほんブログ村 肺がんブログ
https://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(2)

それでも遺された者は

生きていかなきゃいけない
現実、当たり前のことだけど
私はやるべき日常をこなさない
といけません。

私はいつか主人と会った時に
頑張って生ききってきたよ😊
と言えるように。

居ることが当たり前の存在だった
家族が旅立ち、いまだに受け入れ
ていない自分がいて、暫く遠い国
に行ってるような感覚で2ヶ月が
過ぎました。

また絶対に会えると思っていて、
でも、ふとした瞬間、会えない
現実とも向き合い涙が流れて、、

海老蔵さんのように、相手に
伝わるように支えてあげれなか
ったな私は・・と、ごめんなさ
い、と思う。
寂しい思いばかりさせてしまっ
たな、あの4月の旅立ちがわか
っていたなら、、仕事なんて、
どうにでも出来てもっと病院で
傍にいてあげるべきでした。

そんな後悔を沢山抱えて、それ
でも私はこれからを主人に守ら
れながら生きていきます。

世の中、闘病中で大変な方々沢山
居るのに、私は幸い健康で、私の
現実なんて、小さなモノですね。

明日もガンバロー🤗

にほんブログむら 肺がんブログ
https://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(2)

四十九日が過ぎ、、。

先月末に親しい友人と身内だけ
で、四十九日の法要を済ませ
納骨しました。

都会のど真ん中のお寺で、かつて
若い頃には仕事でも縁のある土地
で、皆から彼らしい場所だねと
言われたお寺に眠っております。

納骨先で友達は出来たかな
お父様お母様には会えたかな
先に待っている友人達には
会えたかな
可愛がっていた猫たちに会えた
かな等、日々思っております。

ひとつひとつの節目が終わる度に
自分も落ち着いてきたからか、
寂しさが増してきます。

明日は、月命日なのでお寺に
行ってきます。

今朝は、主人が散歩で行っていた
公園に行ってきました。
数年前から可愛がっていた公園に
いる黒ネコのおっかさん(→と
呼んでいた優しいネコです)も、
健在でいました。

主人と繋がっていた全ての人、
動物、ものとふれあいがあると
私も癒されます。

にほんブログ村 肺がんblog

https://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事