全体表示

[ リスト ]

 御手洗と石岡の元に届いた松崎レオナからの手紙、そこには彼女のファンからの不思議な便りが同封されていた。それは祖父がアメリカに住むある女性に謝罪したい、そして箱根にあるホテルに飾られた写真を見せてほしいと願っている、という内容だった。お手上げの石岡に御手洗は不敵に笑う。これはとてつもない何かがあるぜ、と。

 おや、nexから島田荘司が出てるじゃないか、という程度の興味で手に取った。奥付を見ると随分前の作品らしいし、さわりを読んでみるとどうやら歴史ミステリらしい。
 戦中の芦ノ湖に一晩だけ現れた軍艦。
 ロマノフ王朝の消えた皇女アナスタシア。
 この二つの謎を追いかける物語だった。
 アナスタシア問題というのがあることすら知らなかった身としては、虚実の線を引くこともできないままだったが、いつの間にやらのめり込んでいた。

 大掛かりなトリックもないし、派手な事件が起こるわけではないのだが、積み重ねられた事実が論理的に解き明かされていく快感に巻き込まれていた。
 アナスタシアにまつわる話については、自らを皇女であると名乗る女性を取り巻く現在までの論争の概略が簡潔にまとめられて、主流となっている否定派の論拠に石岡が乗っていて、読者としては「そこに何の問題があるのだろう?」と思ってしまう。でも、ここまでで御手洗が静かなのはきっと何かがあるのだろうと期待する。
 そして、期待は叶えられる。

 この中には作者の私見も入っているようなのだが、それにしても私見だとは思えないくらいに説得力がある。読めば読むほど、なぜその部分が無視されてきたのかが不思議に思えて仕方なくなってしまう。
 歴史は決して歴史学者だけのものではなく、アプローチの方法は日進月歩で進化している。死者がどのように生きたのかについては、特にだ。歴史は一般的に文系的学問だと思われているが、その中で科学が果たす役割は非常に大きい。というか、なくてはならないものになっている。
 本屋で働くようになり、何の因果か自然科学を担当するようになった。そのことで余計に学問を表す漢字が「門」ではなく「問」である理由が分かるようになった。それは決して一つの敷地に限定されるものではなく、広く問いかけられるべきものなのだと。

 奇矯な振る舞いをし続け、母国語であるはずの言葉が話せず、自身が歩んできたはずの日々を語ることもできない。人相も変わってしまい、在りし日の面影が見出せない。アナスタシアを名乗る女性は、ただ愚かに自分は皇女であると主張するだけの、こういう人物だった。
 ゆえに、偽者である。
 これは表面的には揺るがない真実であるように思う。
 ところが御手洗は言う――だからこそ、本物である可能性もある。
 そこから始まる御手洗の推理。僕はここに、ミステリの醍醐味を見た。
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

初よろです(*´艸`*)
私もBinaryとか色んな事を書いてるんですが、まとまりがなくって参考にさせて頂きたいです♪
自分のブログと見比べて負けたー(笑)って感じです♪
ブログから繋がりとか出来たら私も凄く嬉しいので見に来て下さいね♪ 削除

2015/4/20(月) 午前 1:25 [ ゆうちゃん ] 返信する

顔アイコン

2児のママです♪って初ではないので、知ってますかね♪
私のお気に入りブログの中で1番好きです♪
やっぱり書く事をメモとかされてるんですかね?(*^_^*)お上手なので♪
何度も来てしまっているのですがもっと仲良くなりたいなと思ってコメしちゃいました♪ 削除

2015/9/11(金) 午前 4:51 [ ゆうこ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事