ここから本文です
行橋の仲間の話
同級生と飲む機会が最近多いが損得なしで和気あいあい、楽しいよ!

書庫全体表示

記事検索
検索

全302ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

平成から令和に代わる特番。

主にNHKを見ていたが、えらく気品のある上品な女性が進行役で出ていた。どこからこんな気品のある女性を探してきたかビックリした。

調べてみるとNHKの局アナだった。彼女の名前は「和久田麻由子」。

イメージ 1

NHK史上最高の美女と書いていたがまさにその通り!

上品だけでなく可愛い、どことなくギターリストの村治佳織にも似ている。

まさに、ストライク。

今まで知らなかったのも勿体ない。

開くトラックバック(0)

図書館施設の進捗状況

令和を迎えて世間は大型連休だった、工事も休んでいたが、だいぶ進んでいる。

イメージ 1

イメージ 2

立派な建物が建っている。大きな建物だ。

開くトラックバック(0)

平成から令和へのカウントダウンを楽しもうと同級生が集まった。昭和から平成は喪に服するほうが優先で自粛の日々だったが今回はお祭りだ。

友達に聞くとカラオケ屋も予約で満室らしい、と言っていた。

生前の譲位がいい、素直にお祝いができる。

イメージ 1

それにしても楽しい奴ばかりだ!

令和を迎えてシャンパンで乾杯して解散、外はタクシーが一台もないくらいに人出があったんだろうか?
イメージ 2




開くトラックバック(0)

二日目は椎葉村

旅の二日目。椎葉村は高千穂からまだずっと奥に入ったところ。

それにしても渓谷が続く、近くに風景が「日本のマチュピチュ」と呼ばれるところがある。
イメージ 1

椎葉村に着き鶴富屋敷へ、鶴富姫と那須の大八郎がお出迎え。
イメージ 2

見事な茅葺屋根。
イメージ 3

室内も立派なものだ。
イメージ 4

茅葺屋根の屋根裏も見事!
イメージ 5

先に角界を引退した貴ノ花ゆかりの土俵
イメージ 6

帰りの道の駅に「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」と
イメージ 7

天手力男命(あまのたじからおうのみこと)
イメージ 8

正調「ひえつき節」


開くトラックバック(0)

高千穂峡と夜神楽

いよいよ憧れだった高千穂峡へ。

イメージ 1

景色は本当にパンフレットそのもの!
イメージ 2

柱状節理、ブラタモリではよく出てくる
イメージ 3

イメージ 4

眞名井の滝
イメージ 5

夜には高千穂神社での夜神楽。みっちり1時間。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

説明の必要もないでしょう。



開くトラックバック(0)

全302ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事