土佐のハス芋

ヒャーッ大阪にも売ってたわっ!なっつかしいハス芋(ズイキではありません)
イメージ 2


袋から出したらこんな感じです。皮を剥き塩もみします。
イメージ 1

塩もみしたら量は3分の1ぐらいに減ってしまいます。だから沢山買っても大丈夫。
イメージ 3

酢のものとしていただきます。色々試してみましたが味噌味のサバ缶とよく合います。キューリやウリでは決して味わえない味です。
イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

「大阪あそ歩」シリーズの難波界隈を歩くコースに行ってきました。驚いたなぁ・・・獅子舞の形をしたお社がありました。
イメージ 1

境内にいる人達はヨーロッパ系の人達ばかり。きっとこの獅子舞の形をした神社が珍しいんでしょうね、日本人もビックリだわっ!
イメージ 2

帰りにスーパーで「ハス」見つけました。土佐の人なら「ああ、あれね」と合言葉になりそうです。土佐なら100円で買える。大阪では3倍の300円!でも買ったよ(笑)
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

咲いたね

息子が持って来た「母の日」の花は何故かバラ・・・笑
カーネーションはダブるだろうとの配慮らしい。「一輪は今年用、2輪目は来年用、3輪目は再来年用」と語る。その隣で、お嫁ちゃんが申し訳なさそうな顔をしていてとても愛おしかったです。(ジョークだから来年も来てね!)蕾だった来年用も再来年用も咲いたね(おっとー!4年先まであるやないのっ!)
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

あらまぁ!不思議発見

熊野古道を歩いていて「プッ!」と噴き出す光景に出合いました。
第1日目はお地蔵様とキリンが並んでいました。「何故?」だれもがそう思いました。奥を見るとラクダもいます。きっと山奥なので、なかなか動物園に行けないため子供たちに動物と触れ合わすために作ったのかな・・何とも奇妙でした。
イメージ 1


第2日目は牛の大群です。道迷いをしなければ出合うことも無かった副産物です。心が癒されました。地図に明記されてなかったのですが牧場があったみたいです。
イメージ 2

第3日目はそそり立つ岩の上のカラス(小鳥かも知れない)。雨と風が強いのに、よくあの場所にとどまっているなぁ。肉眼では見えなくて写真整理中に見つけました。
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

最終日は串本観光です。交通の便が悪いため観光タクシーを予約しています。ホテルの展望台に上がり、向かいに見える大島と熊野灘の景色を楽しみました。
イメージ 1

さすが和歌山!パンダと一緒に記念撮影です。熊野古道の笠が可愛いね。
イメージ 2

串本と大島を結ぶ巡行船は架け橋に変わっていました。
イメージ 3

弘法大師が天邪鬼と競争して大島に橋を架けようと杭を打ったのが橋杭岩だとの伝説もあるそうです。そう言われれば大島に向けて一直線に並んでるね(笑)
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6

トルコ軍艦が遭難した時、島民達が救助と看護にあたったことを忘れないために建立されたそうです。
イメージ 7

樫野崎灯台。この灯台の灯りめがけて遭難したトルコの人達は、助けを求めて急峻な崖をよじ登ったそうです。資料館の説明はぜひ聞いて欲しいです。
イメージ 8

本州最南端に立つ潮岬灯台。灯台にあがるには入場料300円。
イメージ 9
イメージ 10

トルコ民芸品の店に入り記念にバックを購入しました。自分用の土産です。
イメージ 11

バックと帽子も買っちゃいました。帽子はリバーシブルです。鮮やかな色遣いはトルコって感じがします。バックを見たらトルコの遭難事件のこと思い出すことでしょう。
イメージ 12

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事