良縁 月のカレン

「月のカレン」のユーザーの98パーセントは女性です。
最近気づいたのは、リピーターの方からご注文を頂いたとき、名字が変わった方の多いことです。
「月を見るのが好きになりました」というメッセージが嬉しいです。
そうです、ただ、月を見るだけでいいんです。
月は、満ちても欠けても、雲がかかっていても、いつも美しいです。
月のめぐりを見ていると、身体の中のめぐりや心のめぐり、人と人のめぐりあわせが、少しづつ整ってくるのがわかります。
おだやかな心が、心地いい雰囲気をかもすのでしょうか?
居心地のいい人は、磁石のように引き合います。
月は、鏡のように光を映すものです。
あなたが月のように、誰かの優しさを映したなら、その誰かは優しい心を映し返すでしょう。
優しい心は、好きなものを好きと言える、本当の強さをもっています。

この記事に

開く コメント(0)

年末再考


12月15日から年賀状の受付けが始まったけど、未だかつて、そんなに早く出せたことがない。
それは、年末がまちがってるからだ。
クリスマスと元日が、近すぎるのがいけない。
クリスマスはキリスト教の行事だから、グレゴリオ暦の12月25日にやるのはいい。
グレゴリオってのは、その昔、改暦をしたローマ法王の名前なんでね。
でも、元日はグレゴリオ暦でやったら、季節感がズレちゃう。
グレゴリオ暦に変える前の、旧暦の一月一日がほんとの元日なんだから。
来年なら、2月16日が旧暦の元日にあたるから、クリスマスの後53日も間があく。
これなら余裕で年賀状も書ける。
ゆっくりと一年を振り返って忘年会で呑むこともできるし、大掃除だってやり放題だ。
何しろ、クリスマスの後、一週間で元日ってのはまちがってる。
だから、年末は旧暦でやろう。


この記事に

開く コメント(0)

いられない人

人事ってのは、むずかしいね。
面接されることはあっても、面接する側になったことはないが、あれは神経戦だと思う。
履歴書にある経歴と、面接の印象だけでは、正直、判断しかねるんでね。
華々しい過去の持ち主なのに、なぜ、今ここで面接をうけている?っていう本当のところ。
面接の受け答えの内容、態度、顔の表情だけでは、中身はほとんどわからない。
世の中、けっこう役者が多いから、見抜くのは大変だ。
どんな極悪人でも、仕事さえきっちりしてくれたらいいようなもんだが、どう繕ってもボロが出る。
遅かれ早かれ、そういうことになる。
いられない人は、どうあっても、いられない。
そういうの、もう何度も見ている。
結局、心根がよくなけりゃ、だめだってこと。
最近少し、見分けがつくようになったよ。
瞳堂は、人見堂でもあるんでね。

この記事に

開く コメント(0)

♪ 羽 鐶 箸 香合 釜のふた
   鐶かけおきて 釜しきを出す
   炉掃いて 下火なおして 灰蒔いて
   掃いて 炭つぎ 掃いて 香焚く

15cm四方ぐらいの白い和紙に、こんなふうに、筆で書かれたものが出てきた。
これは、裏千家茶道の初炭手前の手順を、覚えやすくしたものだ。
昔、こっちがあまりに出来ないんで、稽古中に、師匠が懐から紙を取り出して、筆でさらさら書いてくれた。
みごとな白髪をキッと結った、明治生まれのこの婆さんは、小柄ながら、当時、東京一おっかないと言われていた。
師匠の前で、緊張で手が震える弟子もいる中、こっちは何故かのびのび出来て、一度もおこられることはなかった。
出来の悪い子ほど可愛いって言うけど、こっちはよっぽどだったようで、さっきのと同じような紙が、うちには4枚残っている。

この記事に

開く コメント(0)

独坐大雄峯

独坐大雄峯(どくざ だいゆうほう)
ひとり この雄大な山に坐していること

ありがたいと思うことって、何ですか?
あらためて言われると、答えに困るけどね。
うれしかったことや楽しかったことは、過去にいくつか、あるにはある。
でも、そういうことではない。
自分の人生を、冷たい水でジャブジャブ洗えば、そんなエピソードなんて、アッという間にあとかたもなく流れてっちゃうもんね。
さらしてさらして、その後、何が残るのか?
わざわざ言ってみるまでもないことばっかりだ。
朝日が出て、新しい光を全身にうけることも、ありがたいことだ。
飯一杯食うだけでも、ありがたい。
あなたに逢えたことも、そう。
考えたら、すべて奇跡でできている。
生きてるだけで、ありがたいってこと。
まさに、独坐大雄峯。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事