月のはなし

十二支は「亥」と書いて「いのしし」と読みますが、年賀状に「猪」とは書きません。
ベトナムの干支には「猫年」があるそうです。
考えると、十二支って不思議です。
そもそも十二支って何のためにあるのでしょうか?
今年は2月5日が旧暦の元日に当たります。
この機会に十二支の謎をさぐってみましょう。

     月のはなし
2019年2月3日(日) 16:00〜18:00
ギャラリー凛にて 東京都江東区亀戸5−19−6
参加費:3500円
※ 旬の逸品料理をお出しいたします
  アレルギーのある方はお申し出ください
  お料理に合ったお酒を少々お出しいたしますので
  お車でのお越しはご遠慮ください
申し込み方法:info@gallery-rin.co.jp
                    03.3681.1631
         1月31日までにお申し込みください(先着10名様まで)

開く コメント(0)

いよいよ11月。
まだ急ぐ必要はありませんが、2019年版のこよみ御用意できました。

月のこよみ・・・和紙の旧暦こよみ・・・2160円
月のカレン・・・卓上はがき版カレンダー・・・1080円
月のニッキ・・・本当の自分を知るニッキ・・・2160円

瞳堂文庫 (手表装・革装)
瞳堂 月下独酌         1620円
瞳堂 月下独酌〜秋の巻〜  1944円
瞳堂 月下独酌〜空の巻〜  1944円
月のいろは            3024円

月のまもり・・・あなたを見守るお月さまのまもり・・・1620円

詳しくは「瞳堂」のホームページをご覧ください。 http://www.hitomidou.com


開く コメント(0)

月のはなし

久しぶりに「月のはなし」をいたします。
亀戸の「ギャラリー凛」にて10月21日(日)の16:00〜18:00
この日はちょうど十三夜。
いつものように旧暦や月のめぐりの話と、旬の逸品料理をお楽しみいただきます。
もちろん美味しいお酒もございます。
天気が良ければ月を見ながらなどとも考えております。
会費は3500円
料理の都合がありますので、お申し込みをお願いいたします。
03−3681−1631 ギャラリー凛 まで

開く コメント(0)

良縁 月のカレン

「月のカレン」のユーザーの98パーセントは女性です。
最近気づいたのは、リピーターの方からご注文を頂いたとき、名字が変わった方の多いことです。
「月を見るのが好きになりました」というメッセージが嬉しいです。
そうです、ただ、月を見るだけでいいんです。
月は、満ちても欠けても、雲がかかっていても、いつも美しいです。
月のめぐりを見ていると、身体の中のめぐりや心のめぐり、人と人のめぐりあわせが、少しづつ整ってくるのがわかります。
おだやかな心が、心地いい雰囲気をかもすのでしょうか?
居心地のいい人は、磁石のように引き合います。
月は、鏡のように光を映すものです。
あなたが月のように、誰かの優しさを映したなら、その誰かは優しい心を映し返すでしょう。
優しい心は、好きなものを好きと言える、本当の強さをもっています。

開く コメント(0)

年末再考


12月15日から年賀状の受付けが始まったけど、未だかつて、そんなに早く出せたことがない。
それは、年末がまちがってるからだ。
クリスマスと元日が、近すぎるのがいけない。
クリスマスはキリスト教の行事だから、グレゴリオ暦の12月25日にやるのはいい。
グレゴリオってのは、その昔、改暦をしたローマ法王の名前なんでね。
でも、元日はグレゴリオ暦でやったら、季節感がズレちゃう。
グレゴリオ暦に変える前の、旧暦の一月一日がほんとの元日なんだから。
来年なら、2月16日が旧暦の元日にあたるから、クリスマスの後53日も間があく。
これなら余裕で年賀状も書ける。
ゆっくりと一年を振り返って忘年会で呑むこともできるし、大掃除だってやり放題だ。
何しろ、クリスマスの後、一週間で元日ってのはまちがってる。
だから、年末は旧暦でやろう。


開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事