全体表示

[ リスト ]

【日本が朝鮮人を
炭鉱などに強制徴用して
過酷な労働を強要した証拠】


韓国の教科書の記述
「日帝は、
韓国人を強制徴用によって連行し…」

イメージ 1



強制徴用された朝鮮人炭鉱夫の出勤簿

イメージ 2


比較的自由に休めたことがわかります。

平均すると?

明治赤池炭鉱の場合、

月平均の労働日数は27.2日程度、
炭鉱夫の稼働率は81%。

1ヶ月の平均労働日数は、
労働日数=27.2日×0.81=22日

平均して3日に1日が休みでした。


これは明治赤池炭鉱の平均給与

イメージ 3


日本人と朝鮮人の給与差は
殆どありません。

この表では、
在籍1ヶ月の平均給与が129.8円。

でも、この表には諸手当が
含まれていません。

諸手当を入れた金額は、
昭和19年頃 九州の炭鉱で
「月収140円から180円、
勤務成績の良い者は200円〜300円


明治鉱業昭和鉱業所に
徴用された朝鮮人・尹 元容さんの
昭和18年10月の給料袋です。

イメージ 4


尹 元容さんは、
真面目に働かなかったようで、
115.95円の給料しか
貰えなかったようです。

しかし、

軍人の給料は、

[二等兵]

乙・6.00円
甲・9.00円
(昭和18年7月28日勅令六二五号
大東亜戦争陸軍給与令)でした。

尹 元容さんの給料は、

115.95円です。

二等兵・乙の19倍しか
給料が貰えなかった尹 元容さん、
さぞ悔しいでしょうね。

イメージ 5

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事