日刊早坂ノボル新聞

北斗英雄伝 公式HPは http://www.goemonto.rexw.jp/ へ。

新刊・連載情報

すべて表示

◎『北奥三国物語 鬼灯の城』 これまでのあらすじ(杜鵑女編)

◎『北奥三国物語 鬼灯の城』 これまでのあらすじ(杜鵑女編)               杜鵑女(とけんにょ)は元の名を夕月(ゆうづき)と言う。薬種商人の家に二女として生まれ、他に姉と弟の姉弟二人がいる。  夕月が四歳の時に、父親が重い病を患い、商いが立ち行かなくなった。  両親は口減らしのために、巫女の柊女の許に娘を置き去りにした。  親たちは、己が生きるため、そしてなるべくなら娘を生かすために、道場の前に娘を放置したのだ。  柊女は女児の声を聞き留め、その情念の強さを感じ取り、娘を見習い巫女にするべく拾った。  杜鵑女の法名は、その時の泣き叫ぶ声が杜鵑(ほととぎす)に似ていたことから名付けられた。  それから二十四年が経ち、女子でありながら、杜鵑女は心に野心を抱いていたが、師の柊女にそれを悟られ、破門にさすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

◎海の子・山の子・町場の子

2019/2/22(金) 午後 0:22

◎海の子・山の子・町場の子  私と近い年恰好の看護師さんが、長崎出身だったことを思い出して、訊いてみました。 「長崎では、家の庭全部にミカンの木があるの?」  すると、やはり「そんなことはない」と答えます。  「でも、静岡に ...すべて表示すべて表示

◎あの世サーフィン

2019/2/22(金) 午前 6:34

◎あの世サーフィン  家人が前に勤めていた小学校は、まさに「オバケ屋敷」でした。  夏冬の休みになると、子どもたちは登校しなくなるのですが、誰もいないはずの教室や体育館で子どもの声が聞こえるそう。  最初に気づいたのはPT ...すべて表示すべて表示

◎「希望」は生きてゆくための糧

2019/2/21(木) 午後 10:34

◎「希望」は生きてゆくための糧  今朝、病棟に行くと、久し振りに「あの高齢男性」に会いました。  あの男性とは、「体から死期臭をバンバン放っていた」男性です。  思わず声を掛けました。  「お戻りになられ、良かったですね」 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事