全体表示

[ リスト ]

スポーツナビ
当日券購入。立ち見はなし。
S・ノートンと一緒にいた“ハワイアンライオン”ジョン・ウィリアムスらしき選手を見かける。
金髪で眼光鋭く、総合格闘技の戦歴は伊達ではない感じ。さて、第二の門馬たるや。

試合後にレポートの予定。追記あり。
カード
第一試合
ドン荒川・菊タロー vs NOSAWA・MAZADA (東京愚連隊)
いつものバカボン荒谷をドン荒川に変えた全日本第一試合。にならない。
その理由はドン荒川がバカボン荒谷のようにヤラレ役に徹してとことんダメレスラーを演じることをせず、自分が目立とうとばかりしていたせい。
菊タローの持ちネタの多くはツッコミ芸であるのに、そのネタを愚連隊相手に披露するたびにドン荒川のちょっかいが入る。荒川マニアの方々はそれで満足だったようですが、それじゃ愚連隊や菊タローを使うのはもったいない事この上ないと思います。荒川が出てくると愚連隊側のスピードが明らかに落ちて受けの体制に入るため、技の間隔が開いてスイングしない。リズムが悪ければ客は試合に集中しないからまったく試合の体をなさず空気も温まらない。
しかも荒川が随所でちゃちゃを入れてウケを狙って声を出すのでなおさら冷えるという、第一試合としては大失敗でした。この後遺症は休憩まで続くのですが。
荒川は実券をさばいてくれる有難い選手だそうですが、だからってここまで好き放題させてたらいつまでたっても「お笑いプロレス団体」から抜けられないですよ。

第二試合シングルマッチ 20分1本勝負
義 経・ラッセ
後楽園ホールが「し〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」
義経の空中技「おお!」
おわり。 みちのくプロレスはこれが全試合続くんだ、寒い時代だとは…orz

第三試合 シングルマッチ 30分1本勝負 
スコット・ノートン vs 泉州 力・健心
ノートンは老いた。
二人掛りとはいえインディ選手のラリアットの乱れうちに膝を折るようなレスラーではなかった。
健心に対するカウンターのパワースラムは全くリフトも回転も出来ずにスタナーのような形になった。
あの名手S・ノートンがパワースラムを失敗するなんて俄かには信じられなかった。
超竜ボムを掛けたときも、たかだか90キロの泉州をリフトできなかった。あのノートンが…。

なにより、試合中に「くすくす」という失笑が会場全体を包む。
ろくな試合にもならず、ただやられていくだけの泉州と健心を嘲る観客。下品な野次。
こんな下卑た「見世物」を見せるためにわざわざ二ヶ月も掛けたとしたら、上井氏のプロデューサーとしてのセンスは大したことはない。

見る影もなく衰えた老レスラーと試合するレベルにもないインディ選手を「笑う」時間、それでもボクはハードヒットするノートンの逆水平に黙って拍手を送り続けた。とてつもなく苦痛だったけれど。


第四試合 フジタ“Jr”ハヤト デビュー2周年記念試合 30分1本勝負
ブライアン・ダニエルソンvsフジタ“Jr”ハヤト
休憩明け。ハヤトはメキシコで何を学んだのだろうか。場外に落ちたダニエルソンへのブランチャは明らかに読まれていた。そしてジャベに代表されるメキシカンストレッチも相手のほうが上。グラウンドでも相手が上では唯一の活路は打撃と投げ技だが、これがまったく威力なし。
座った相手の胸板や背中にキックをぶちこむ姿は柴田と被るが、その威力は雲泥の差があった。
12.17みちのくでの柴田とハヤトの試合は容易に結果が想像できる。同じスタイルなら、甘さの全くない柴田にハヤトのつけ入る隙はないだろう。唯一対抗できるルチャリブレがこれほど間が出来るようでは見せ場はほとんど期待できない。
「負けん気」だけでは勝てない。
精神力によって繰り出される技術と体力がハヤトにはまだまだ足りない。

それでも休憩明けのこの試合で前半の「ユルさ」を消してリングに観客を集中させたのは、ハヤトの「闘志」にみんなが感化されたから。
やはり、フジタ“Jr”ハヤトはプロレス界を担うべき優秀な人材であることに変わりはない。
義経もラッセも健心もこのあとのメインの6人も、「真剣にやって笑われる」プロレスをやって恥ずかしくはないのかぜひ聞いてみたいものだ。


セミファイナル シングルマッチ 30分1本勝負
柴田 勝頼 vs "ハワイアン・ライオン" ジョン・ウィリアムス

「誰かあの会場のガキをぶん殴れ!バルコニーにいたクソ親父もだ!」
以前にもBMLで聞き覚えのある声。場をわきまえない野次。後援者か招待客だか知らないが、他の客がじっくりとグラウンドの攻防を黙ってみているのに下らない野次を飛ばすな。

ジョン・ウィリアムスはめっけものかも知れないです。柴田のグラウンドにちゃんと付いていってましたし、関節の取り合いもスムーズにやっていました。そして柴田にはないパワーがあります。ロープ越からのブレーンバスターを一回で決めたり、柴田の三角絞めを片腕でリフトして叩きつけたり。
ノートンのような筋肉パワーファイターというよりは「ドクター・デス」スティーブ・ウィリアムスのようなナチュラルパワーの持ち主。アマレス出身なので背筋がかなり強いのでしょう。
柴田とのエルボーの撃ち合いも一歩も引かず、場外戦でも主導権を取ったりしたところから見て闘争心もかなり強く、ハードヒットにも全く躊躇しない選手です。
柴田はこういう強くて反発力のある選手と手が合うので今後が楽しみになってきました。
コーナーで足を滑らせたのは残念でしたが、上井駅のリングスタッフはロープの張りを調節しなれていないようなので、この時もセカンドロープが緩かったのではないでしょうか。
試合慣れしてもっとスピードが乗ってくればいい試合を作れそうな選手でした。

柴田は試合の間隔が開いているせいか動きが硬かった。ウィリアムスに押し込まれる場面が多く、鉄柵から叩き出される失態も見せた。あいかわらずハードヒットのエルボーやキックの説得力は十分で、前半のぬるい空気をハヤトと共に締めて見せた。フィニッシュのリストクラッチ式卍固めも必殺技として観客を納得させるもので、やっぱりメインを張る選手というのは心構えが違うのだな、と思いました。

総合格闘技の風がそよぐプロレス。
客席に現れた門馬選手やハヤト、ジョン・ウィリアムスと柴田勝頼。
新世界を創る部品は揃いつつある。
めでたし。めでたし。

メイン 6人タッグマッチ 60分1本勝負
高山 善廣・鈴木 みのる・SUWA vs 後藤 達俊・小原 道由・ブルーウルフ
高山は衰えた。みのるは「口でするプロレス」で笑いを取った。最低のメインだった。 

閉じる コメント(8)

柴田がメインじゃないんですね。まあこれが上井氏への最後の義理になるのならそれでいいような気もしますが。

2006/12/3(日) 午後 3:37 ude**jiroc* 返信する

顔アイコン

ウルフの最後の姿を見届けてきました、が、メインで笑い声が溢れる後楽園ホールは初めてです。何度途中で帰ろうと思ったことか。 鉄柵に振られた高山の足がついていってなかったのが大ショック。大またで歩けるリング内ならいざしらず、走らされるとダメなようです。帝王は不滅ならずや。

2006/12/3(日) 午後 7:12 [ hin**ahir*ne ] 返信する

顔アイコン

ああ・・・山田の気持ちを見事に代弁して頂いて・・・ あとでリンク貼らせて下さい! >総合格闘技の風がそよぐプロレス 新しいプロレスの形の片鱗としてこれは選手が作り出したもので上井駅では望むのは難しいですね。宝くじを探すようなものなのか。

2006/12/3(日) 午後 8:00 [ ぴりぴり女 ] 返信する

柴田戦良かったですか。後楽園タチ悪い野次多いですよね。選手に問題ありの場合も多々ですが。昨日の浜松市体育館の声援はピュアでした。めったにこない地元でのビッグマッチを楽しもうという気持ちが伝わってきました。東京での観戦に慣れすぎた自分には物足りませんでしたが。結局上井駅はBMLと何も変わらないんですね。

2006/12/3(日) 午後 8:44 ude**jiroc* 返信する

顔アイコン

りらでございます。お疲れ様です。上井氏は選手に対して一度下した評価をなかなか変えることができないのかなぁと最近思います。義経とラッセ、特に義経はその前のリングネーム時代からずっと思っておりますが、まったく進歩がない。できる技をいつ見せるかしか考えてない試合運びだなと。しかも雑だから見ていて怖いし。早く何とかすべき。 ハヤトと柴田、ハワイアン・ライオンの作り出していた空気には触れてみたかったです…それだけは残念。

2006/12/3(日) 午後 8:46 [ りら ] 返信する

顔アイコン

山田さん>上井さんは宝くじ当てるのが上手いですねwだからついつい乗ってしまうんですよ、新宿カス興行やみちのくよりも。上井氏はまさにギャンブラー・山師ですね。いい参謀がつけば金脈を掘り当てられるのに。

2006/12/6(水) 午前 5:31 [ hin**ahir*ne ] 返信する

顔アイコン

うでさん。>浜松は大爆発だったそうでなによりです。首都圏のファンは目が肥えていて本物志向がますます加速するでしょうし、反面マニア化して地下に潜る二極化へいくでしょう。演劇界がまずそこに行っちゃいましたから現象としては追っかけるのではないかと。音楽の世界のようなピラミッド型になればいいんですけどね。

2006/12/6(水) 午前 5:35 [ hin**ahir*ne ] 返信する

顔アイコン

りらさん。>義経への評価、まったくそのとおりでございます。同じ事をエルブレイザーとAHII王子にも言ったげてくださいw 義経の前方二回転プレスは意味がない上に膝が当たるので相手が危険です。天山のムーンサルト並に怖いです。

2006/12/6(水) 午前 5:41 [ hin**ahir*ne ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事