全体表示

[ リスト ]

【スポーツナビ】関本が真霜にシングルマッチでリベンジ=若武者
当然超満員だと思っていたので非常に残念です。
これは若武者が息吹になれなかったことが原因の主ではないかと思索するものです。
ボクは女子で残るのは息吹だけだろうと思っていて、それは出ている選手が全とっかえしても残る「スピリット」がそこにあるからだと信じています。

ペーペーでヘボで雑巾掛けばっかりのオチコボレ共に、『のびのびと好きなプロレスをヘロヘロになるまでやらせてあげる』リングが息吹です。
その成果を女子各団体が全く持ち帰らないトコロがダメなところです。

で。TAKAの思想にそんな愛情があったかしら?
関本・真霜はたしかに出し切ったかもしれない「叫び」を感じましたけど、ほかの選手は帰る場所がきちんとあって、相応の立場と位置と収入がきちんとあって、そこに「飢え」を感じる事ができません。

プロレスは一人ではできないから、関本が真霜に「飢え」を感じ愛情をぶつけ全力でファイトした。それはとてもすばらしいです。
では、他の選手に「プロレス」に対する「愛」はあったでしょうか。触れたい感じたい抱きしめたい・そんな切なさと儚さと頼りなさとをもっともっと「プロレス」に叩きつけてほしいものです。

全てを掛けて「若武者」に上がる。そんな選手の『愛』と、リングを用意する側・見守る側の『のびのびと好きなプロレスをヘロヘロになるまでやりやがれ!』という愛情を持って、335人(主催者発表)という目撃者を”点”にしてしまわないように継続していって欲しいと思います。
すくなくとも一年、月一回継続していかないようでは「ただの若手プロモーション」で終わってしまいますし、ファンがそう感じたから満員にならなかったのだと思います。

逆に健介オフィスの興行がなぜ素晴らしいかと言うと、先に述べた選手の『プロレス愛』と用意する側の『愛情』が目一杯詰まっているからです。

テクニカルに言えば、佐々木貴や菊やメカを出した時点でブレていたんではないでしょうか。

”若武者”の軸になるのは『ペーペーでヘボで雑巾掛けばっかりのオチコボレ共に、のびのびと好きなプロレスをヘロヘロになるまでやらせてあげる』ことなのですよ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事