ここから本文です
ヒノマチコのブログ
機械じかけの予言者

駿河

出張仕り候



 読者の皆様、前回のザクの記事にお付き合いいただきありがとうございました。



 さて、今回は出張の為、久しぶりにやや遠方へ足を運ぶこととなりました^^
イメージ 1

 行先は静岡県清水市、、、とは・・・今は言わないようですね。静岡市清水区なのですよね。静岡駅にのぞみは停まらないので、こだま様で向かいます^^

イメージ 2
 久しぶりに静岡駅を利用します。仕事先の方が駅まで迎えに来てくれていますので、流れに身を任せてやるべき任務をこなしていくのでした。。。



 夜は仲間とステーキ屋さんにて肉とお酒で歓談し候。

イメージ 3


 翌日は昼間仕事がないので清水の夜はお酒とラーメンで〆て終了となりました。




 では、翌日は清水観光をいたしましょう!!


 清水と言えば、、、そうです。清水の次郎長ですね。梅蔭禅寺というお寺へ行き、次郎長さんへ参拝いたします。実はここ、三回目の参拝となります^^

イメージ 4

イメージ 5


 お次は清水港へ出向きます。。。

イメージ 6

 清水港の燃料タンク越しの富士山です。雲に隠れてちょこっと頭が見えますね^^

イメージ 7
 清水港より三保の松原行きの船が出ていましたので乗船してみます^^

イメージ 8

 船から撮影したザクツナです。静岡県と言えばタミヤにバンダイですよね。男心をくすぐるプラモデルの聖地です。バンダイと言えばガンダムですね。ガンダムと言えばザクです。ザクと言えばセイコーマリンマスター1000mです。要はこれ!ザクツナです(笑)。

イメージ 9
 三保の松原と富士山です。。。眺めのいい景色でした\(^o^)/

イメージ 10
 再び清水の港へ戻り、「河岸の市」という魚市場でお昼ご飯にします。

イメージ 11
 今年は桜エビが不漁でした。駿河産の桜エビが少しだけ取り扱っていましたが、とんでもなく高価でした。オークションにてセイコーチャンピオンの中古が買えるくらいの値段でしょうか。。。いや、分かりづらい参考でした(^_^;)


イメージ 12
 同じような飲食店がズラリ。。。ランチ難民となり悩みますので、お昼は仲間が行きたい所へ行くことにし、そこで海鮮丼を頂きました^^
 この海鮮丼に桜エビが入っていますが、同行した清水在住の方は一口食べて一言、「これは駿河産じゃない!」おまけに店員さんを呼んで確認していました(笑)。店員さんは、「よくお分かりで、、、(^_^;)」美味しかったですけど何とも言えないランチタイムでした。確かに全て駿河産と謳っていた訳ではないですからね。


 同行した仲間の奥さんがご懐妊されていますので、その奥さんにということで、駿河産の釜揚げシラスと冷凍の大きいむきエビ(エビが好きとのことで)をお土産として買ってプレゼントしました^^



 お昼をいただきましたので、清水はこれにてさらばです!!


 この日の晩は名古屋にて会議が入っていますので、このあとは清水より名古屋へ移動する運びと相成ります。。。それでは次回の記事は名古屋です^^





ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


開くトラックバック(0)

ザクで遊ぶ

遊び心の延長なんです(笑)



 前回記事の続きという訳ではありませんが、セイコーのガンダム40周年記念コラボ限定ウォッチであるザクツナダイバーズ。これは結構デカくてごついインパクトある時計なんです。まぁ、飽和潜水エスケープバルブを要す必要のない特殊な1000m防水ケースなので迫力ある外装になる訳ですよね^^

 さて、日常の生活に於いてこのザクツナをよく使用するのですが、ダイバーズという目で見ているより、ザクの時計として見てしまうのですよね(笑)。だから時計よりザクが勝ってしまうバランスなんです^^

 さぁ、そんなザクツナを眺めていると、、、ふと思いつくのです。

 このザクツナにウォッチスタンドがないなぁ。直置きではつまらない。私の作った時計ケースにも大きすぎて入らない。よ〜し!目に目を、歯には歯を、ザクにはザクを!!・・・です^^

 ということで、ザクのガンプラをザクツナ専用のウォッチスタンドにしましょう計画と題し、目標に向かい取り組みました('ω')ノ

 それでは適当にガンダムのプラモデルを買いに行こう!!・・・と思っても仕事が忙しく行けません。。。もうネットで注文しましょう。ガンプラには主に「HG(ハイグレード)・MG(マスターグレード)・PG(パーフェクトグレード)」という三種類グレード展開をしています。値段、大きさ、精密さがそれぞれ違ってきます。パーフェクトグレードなんて箱もどでかく一番高額でクオリティの高いプラモデルなんです。私のインパクトあるザクツナに相応しいプラモデルは、、、もうパーフェクトグレードしかないですね(笑)。本当はマスターグレードあたりと思っていたのですけどね。

イメージ 1
 ということでネットで安いのを探してパーフェクトグレードを購入し、長時間掛けてのんびり製作に取り掛かりました!
 
イメージ 2
 なんたって見えない部品まで細かく作り上げていくので大変なんです。仕事の合間に取り組みましたので、一日で頭部内部のみ、翌日に右肩部のみ、翌々日には右腕全体、という工程で進みましたので、10日間くらい時間掛けて完成させました!!まぁ、もとから私は細かい作業が好きですので楽しみながらパーフェクトグレードを組立てたのでした^^


 さぁ!!それでは完成した「PG:ザクⅡ」を御覧ください!!!

イメージ 3

 そうそう、PGシリーズは光る部位があります。ですから電池を用いて配線等の作業工程もあり神経使いますが、完成したらよりリアル感が増して最高なんです^^



 お次はウォッチスタンドとして役に就いていただきます!!ここからは沢山のザクとザクダイバーのコラボ写真を満喫ください(*'▽')

イメージ 4
衣装ケース、PGザク(ウォッチスタンド)、ザクツナです!最高ですね(笑)^^

イメージ 5
モノアイ(目の部分)を光らせてのもう一枚です!大事に抱えていますね(笑)。



 ここからはガンダム名言集をアレンジしてのショットをお送りします^^



イメージ 6
・「マチコ行きまーす!!」



イメージ 7
・「私とて時計好きの男だ!無駄に遊びはしない!ザクツナに栄光あれぇぇぇ!」



イメージ 8
・「僕が一番、ザクモデルを、うまく遊べるんだ、、、一番、、、一番うまく遊べるんだ・・!」



イメージ 9
・「悲しいけど、、、これ、ウォッチスタンドなのよね。。。」




イメージ 10
・「ザクツナは良い時計であったが、セイコーとのコラボがいけないのだよ。。。。。フフフフフフフフフ・・・・ハハハハハハハハハ・・・・・!!!」




イメージ 11
・「遊びとは、いつも2手3手先を考えて行うものだ!」




イメージ 12
・「ええい!ザクツナのウォッチスタンドは化け物か!!」




イメージ 13
・「ヒノさん!・・・ヒノマチコさぁぁぁぁん・・・!!!」

と、このように大事に両手でザクツナを抱えてくれるウォッチスタンドなのでした!


 まぁ、このようにですね、ザクモデルの時計を買ってしまいましたので、ザクのプラモデルとコラボして遊び心をもって楽しんでみました。
 もちろんシャア専用ザクもPGで展開していますので、シャアツナを購入した人はこのようなウォッチスタンドにトライしていただきたいですね。皆さんも機会がありましたら是非ともやってみてください!・・・いや、普通やらないか、、、(^_^;)






 以上、「余裕のある男、ザクツナ専用のウォッチスタンドをザクにしてみる」をお送りしました。。。(*´▽`*)




PS:私は熱烈なガンダムファンでもないですからね。昔よく見た程度ですから^^




ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


開くトラックバック(0)

私の遊び心で。。。

ザクとは違うのだよ!ザクとは!!
(いやいやザクなんです^^)



 ということで、私の幼少期はテレビっ子でした。野球に剣道にも夢中でしたが何といってもテレビアニメが好きでした(笑)。男の子だからかわかりませんが、ロボットアニメの機動戦士ガンダム(もちろん当時のシリーズも)は好きでした。今はというと、そこまで夢中さを引きずっていません。ただ、子供の時に夢中だったというまでの人間なんです。プラモデルもよく作りましたが、年齢を重ねると共に、いつの間にか全て処分していました。。。
 ただ、当時の記憶や思い出というものは頭の中に根強く残っていまして、忘れることはありません。連邦軍=ガンダム=アムロ、ジオン公国軍=ザク=シャア(専用機持ち)。この両軍の未来に於ける宇宙戦争の話なんですが、、、話すと長いので割愛です。割愛!!(笑)。

 いずれにしましてもですね、この機動戦士ガンダムが40周年を迎え、それを記念してセイコーから限定のコラボウォッチが出ました。4月の話ですね。もう皆さんご存知でしょうけど、2019年8月9日にガンダムモデル、同年4月12日にシャア専用ザクⅡモデル、同じく量産型ザクⅡモデルの三種類です。現時点ではガンダムモデルはまだ発売されていません。セイコープロスペックスのサイトに詳細出ています。(アニメ当初はザクなんですが、後から設定でザクⅡと呼称されるようになったのですよね。)
 チュードルの現行ダイバーかセイコーの現行ダイバーが丁度欲しかった頃だったので、私はガンダムコラボのセイコーさんを発売日当日につい買ってしまった訳です。ついですよ、つい(笑)。チュードルさん、また御縁が遠くなりました(^_^;)
イメージ 1
両方とも限定1000本です。イメージ 2
 セイコーダイバーズファン、ガンダムファン、世界には両方のファンがいますので、ともても面白い企画だと思いましたね。企画部に熱心なガンダムファンがいたのでしょうかね^^

イメージ 3

 最初はどちらのモデルを買うか悩みました。。。

 ガンダムファンに圧倒的な人気があるのが赤い彗星と呼ばれる「シャア」なんです。ですから私もシャア専用を・・・と思いましたが、私は違うのです。私はザクⅡなのです。何と言ってもこのガンダムの話でジオン軍のザクの力を見せつけられた最初のモビルスーツで、その威力と存在は永遠のものという認識が私にはあります。しかし、話の途中よりすぐにやられてしまう雑魚キャラのようになってしまうのですけどね。。。(^_^;)そして、設定としてはこのグリーンのザクは量産型なので、限定モデル1000個は量産体制としては納得です。しかし、シャア専用ザクはアニメでは一機しか存在しないので、時計が1000個限定となってはアニメの設定に忠実ではないのです(笑)。シャア専用プロスペックスは1個限定なら分かるのですが。。。厳しいですね私^^
 そして最後の決め手としては、長い目でオーナーとなって考えてみると、このシャアモデルの赤黒色だと、服装や年を重ねることを考えると使用頻度が減りそうな気がするのですよね。要は格好いいのですが使いづらい責めたカラーリングなんです。一方ザクモデルのマットなグリーンカラーは若干ミリタリーっぽく見えますが、落ち着いた緑なので年を取っても使えそうです。
 まぁ、こんなことからグリーンのザクモデルを購入したのです^^

 このプロスペックスノーマルモデルも格好いいのですが、それだと買う気はないのに、ザクが絡んだから買うって何だよ!?と言いたいとこです(笑)。まぁ、日本人ですし、ガンダムも世代的に昔好きだったこともあり、チュードルよりもセイコー×ガンダムが勝ったということですよね。だいたいチュードルのブラックベイシリーズは200m防水なんです。しかし、セイコーでは200mはもちろん、300m、600m(GS)、1000mも有り、私にはどれも必要ない防水性です(^_^;)、200m防水は結構持っていますが、それ以上の防水性は持っていません。世界のダイバーズウォッチ界に於けるセイコープロスペックスのマリンマスタープロフェッショナル(ツナ)の1000m防水は、誰もが認める有名な高性質高性能の防水腕時計なんです。無駄にもその1000m防水を買ってみました^^

イメージ 4
これがジオン軍のマークですね^^

イメージ 5
「MS-06」と刻印されています。これが量産型ザクⅡの型式を意味します。

イメージ 6
これ、ガンダム好きな人はつい笑ってしまうような時計かもしれません^^

イメージ 7
バンドにもジオンマークです^^


因みにシャアモデルにはジオンマークがなく、シャアマークとなっています。
イメージ 8

やっぱりジオンのエンブレムの方が私は好きだなぁ。。。


 まぁ、とにかくですね、ヒノマチコはふざけたおもちゃ時計を買ってぇ(*´Д`)と思う方もいるかもしれませんが、何というのでしょうか、幼少期のですね、目を丸くして夢中で見ていたものと、大好きな機械式時計とのコラボですし、大人になったからこそ買えるものなんですよね。こういう遊び心のある時計もたまにはいいものですよね(^ - ^)/


 次回の記事はですね、このザクモデルのマリンマスター時計で更に遊んでみました!!という内容でいきます(笑)。。。お楽しみに!!



ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


開くトラックバック(0)

もう時計ブログではなくなってますね(笑)



 のんびりゆる〜い内容での更新です^^
 家族で夜ご飯食べに女房の好きなイタリア料理屋に行ってきました!
イメージ 1

 レモンビールというものがあったので初めて飲んでみましたが、甘かったです。
イメージ 2
 御伴は聖子のストップウォッチ時計です。たまには表に出してあげないとです^^

イメージ 3

イメージ 4
 見た目のクオリティよりも、この手作り感がたまらなく良いピザです!



 他の日、仕事後の夕方より子供を連れて買い物をしなくてはいけない用事がありました。その晩は私がお寿司を食べたくなったので、子供や女房の意見は聞かずに寿司屋に直行しました。贅沢にも活きた車エビなんかも握ってもらいました。鮮度の良いお寿司を満喫しました^^
イメージ 5
 写真では中トロ(ツナ)なだけに、御伴はセイコーのツナ缶ウォッチです^^



 また他の日では、大先輩より有難くも仕事上のおもてなしを受けさせていただき、日本懐石を堪能いたしました。料理の写真が沢山あってもくどくなってしまうので割愛させていただきます^^
イメージ 6
 仕事ですので、御伴はゼニスのキャプテンエリートです!これ、落ち着いていながらも薄型ムーブで品があって、、、やっぱり好きだぁ。。。いい時計です^^


  
 次回に更新する記事は時計ネタがどのくらい含まれているのか。。。といっても、もう時計ブログということを特に意識しなくなっていますので、その辺はご了承ください^^


ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


開くトラックバック(0)

特に何処かへ出掛けた訳ではありません^^



 5月も終盤となり、税理士さんとの話も終え、税金も全て納め、6月より事務的な負担も少しは軽減し身軽となりそうです。。。何でもかんでも税金です。でも、それでいいのです。それにしても税金というのは凄いシステムですよね(^_^;)

 さて、ここに来て少しは仕事の忙しさが落ち着き始めましたので、久しぶりブログでも更新しようかなぁ、、、と、思い付きで更新しております(笑)。でも、6月中旬頃よりまた忙しくなるのは確定していますので、まただんまりとなるでしょうね。とにかく現状では仕事に対し人手が欲しいといったところでしょうか^^

 そうそう、私は記事にするほどのような場所へ出かけた訳ではありませんので、特に大した内容の記事ではありませんから興味ない人はスルーしてくださいね!


 少し前ですが、来客と一緒に「うかい豆腐」へ行きました。美味しいですよね!

イメージ 1
ご一緒した御伴さんは彼、「ブレゲタイプ21」です!
もちろん日常に於いて、フライバック機能は使っていません(笑)。

イメージ 2
イメージ 3

しっかりと美味しくいただきました^^


晩には、バーテンの友人から頂いたポルトガルのマデイラワインを楽しみました!
イメージ 4




それからですね、、、、
仲間内で屋形船にて隅田川ディナーもしてきました^^

イメージ 5
イメージ 6
 この日は「カレンダーオートオリエントダイバー(飛び数字白文字盤)」が、御伴ウォッチさんだったようです!この時計のビジュアルが最高に格好いいと思うのは私だけでしょうか。。。
イメージ 7
イメージ 8
 屋形船では、スカイツリーやお台場を見ながら、揚げたての天ぷらや刺身など美味しい食べ物にお酒を沢山いただきました!御馳走様でした^^


 元気でいるうちに、食べ物や行きたい所や欲しい物など、沢山満喫していっぱい楽しみたいですよね!!そうなれるようお仕事頑張ります。。。(^_^;)



ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


開くトラックバック(0)

散る桜、、、

残る桜も散る桜。。。



イメージ 1


 私のブログは、コレクションとして所有している機械式時計(主に国産機)の詳細を機械式に興味ない、または無知な方を含め、様々な世代の方に幅広く情報を提供し、機械式時計の素晴らしさや、往年の国産機の逸話をより幅広く多くの人に知っていただきたいというものでした。。。

 そこで利用をしたのが、手軽に日記感覚で更新できるヤフーブログでした。実際に記事を更新してみると、思っていた以上にとても使い勝手の良いブログでした。そのうち国産古時計が好きな方達との交流も増え、ただでさえ好きな機械式時計ライフをより楽しいものにしてくれたのがヤフーブログでした。当初の目標はとりあえずの10年でしたが、5年でサービス終了となりました(^_^;)
 これまで何百もの時計を紹介してきましたが、サービス終了に伴い予告なしに紹介記事を閉じる運びとさせていただきました。日頃から御贔屓にしてくださっていた皆様には申し訳なく思いますが、諸事情あってのことですのでご理解いただきたく願います。

 さて、今回は時計ブログでありがちな話をさせていただきます。

 今日の国内の古時計市場に於いて、国産古時計の相場が上がってきたと耳にすることがあります。しかし、それらは時計サイトや時計ブログに於けるものが原因で相場に影響を与えるものなのでしょうか?私はそうではないと考えます。多少の影響はあったとしても、それは相場を左右させることに直接の関連付けはないものです。ただ、それらの時計の個性がより明確になることで、より多くの人に評価される機会が増えるだけにしかすぎないのです。それはオールド国産機に対して世間の妥当な評価でしかないと私は捉えます。

 お店で買えば3万から7万するものを数千円から3万以下で手に入れよう、または手に入れたいと思う人の中で、結局は入手できなかったその原因は、自身の予算不足を理由にするのではなく、業者や世の風潮を理由にして他人のせいにしようとしていないでしょうか。それは自分だけのことしか考えていないことになります。妥当の評価、または、価値ある相場というものがあって当然の国産機械式古時計市場だと思うのです。そうでなければ当時は高級品で誰しもが簡単に買えるものではないし、先人達の技術者が成し遂げてきた偉業に大変失礼ではないでしょうか。もちろん欲しいものを極力安価で手に入れたいと思うのは当たり前のことです。しかし、そこで安価で手に入れられないからといって、その怒りや憤りを誰かに向ける行いは愚かな行動であり、人として醜い振舞いのように感じます。

 オークション形式であれば、欲しい人が複数名いるのだから値が上がっていくのは当たり前で、ぼやくのは自身の心に留めておけばいいことなんです。オークションとして他で例えるのであれば、金額相場や価値の有無が違いますがピカソやゴッホやダヴィンチやバンクシーの作品を数千円で買おうと思う方が間違いなのです。これらが億を超えたら美術品についてブログやサイトで情報を発信する人のせいにするでしょうか。やはりそれらを取り巻く周囲がそれ相当の妥当な評価をしているからであり、それはもう仕方ないことで誰のせいでもないのです。日本に於けるロレックスだってバブル期で流行し、そして近年ではキムタクのドラマで更に人気が上昇して、その魅力を多くの人が知ったことで競争が起こり相場が上がった訳です。これをバブル経済を引き起こした時の中曽根内閣を恨むのか、またはキムタクのドラマでロレを充てさせたスタイリストまたは監督、それともキムタク本人を恨むのか、馬鹿げた話なんです。
 
 ショップ型であれば、時計の素人ではない以上猶更その時計に対する価値を評価し、それらの価格設定がされていることだと思います。中古の古時計がこんな値段じゃ高くて買えない、こんなの誰が一体買うんだと思う人は、ホームセンターや家電量販店でも買える良心的価格のクォーツ時計を購入されたらいいと思うのです。時計として充分な機能を擁しており、何の不自由もしない立派な時計です。むしろ機械式の古時計より時計として正確なのです。

 そして、スイス時計が評価されていた頃に国産機の中古品は安かった、またはGS・KSや国産オールドダイバーズなどのプレミア価格製品群は十数年前は安かった、そんな思いでいる人もいると思います。しかし、いかなる時も時は進んでおり、昔の思い出話をしても引っ繰り返ることもありません。その流れを自然と受け入れる素直な心が、趣味を満喫する人にとって、余裕のある振舞いでありブレない信念の持ち主なのではないかと私は思うのです。趣味の世界として自身が楽しむことが一番で、人と競争したり罵り合っては人として浅はかで足元を見られることに繋がりかねないのです。また、趣味を押し付けるようなこともよくありません。夢中になるが故に足元が見えなくなっては大好きな趣味に対して距離を置かなくてはならない日も来てしまうのではないかと思います。
 夢中になるのもいいですが、やはり周りを見渡す心構えや、人に対する敬意や礼儀というものは少しでも気に掛けたほうがいいと思うのです。ネット上では対面しての付き合いではなく、画面上の文面にての付き合いです。相手が見えないからと言って、いい加減な対応をする人は実際もそういうところが根底にあるものだと思います。画面上とはいえ、やはり人と人の付き合いである以上、相手が見えようが見えまいが、日ごろの行いがモノを言うと思います。

 このような妬みや僻みをブログやネットを通して記すことに私は疑問しかありません。そういう書き込みがあるから、高額な時計や貴重な時計が一度ブログにアップされると批判的な目を持つ人も出てきますし、誰しも求めやすい価格の時計がアップされれば好感を持てるというような現象も感じ取れます。安価=好感度が高く、高価(または希少機)=好感度が低い、これらの構図は時計ブログ界に於いて異様な風潮だと思います。

 もうヤフーブログも徐々にサービス終了の方向へと進んで行っています。そこでヤフーブログが提供する移行先へと各ブロガーさん達が自分の良かれと思うマウンドへ移っていくことになります。因みに私はどこかのブログに移行したり、新規にブログを開設して発信することはしないつもりでおります。

 今回のヤフーブログサービスの終了に伴って私が感じてきたことなのですが、私がここまで続けてきたこのブログ上に於いて、誹謗中傷のようなコメントを入れてくる方はいませんでした。おかげさまで皆さんに温かく見守っていただいた賜物であり、気持ちよくブログを更新することが出来ました。本当にありがとうございました。

 しかし、終焉が近づくにつれ、周りの色々な話を耳にすると、様々な時計ブログに於いて、誰かを不快にさせる人がいつの時代にも出てきますよね。新しいマウンドへ移行される各ブロガーさん達にも、周りにそういう人もいるということや、または気付かないだけで自身がそうなりがちではないのかと、、、このように様々な角度のもと、気に掛けることが大切なのだと思った次第なんです。


 私のヤフーブログ上での更新は日常に於ける出来事の発信ではありませんでした。ただひたすら時計詳細や、機械式時計の中身に逸話や良い所を日記としてアップしていくという、ある意味一方的なブログであり、一方通行の発信でした。交流だとか日常の事などは二の次であり、コメントを求めるスタンスではなかったのが本当のところでした。しかし、時計詳細記事の更新が忙しさ故に疎かになる日が多々あり、その場繋ぎとして他のブロガーさん達を真似てお出かけウォッチのような更新をしてきた次第です。おかげさまで色々な方との付き合いも生まれ楽しい交流の場ともなっていきました。
 

 そこで今回ブログを辞める方向でいる私に対し、これが想像以上に反応があり、感謝のコメントや発信を続けて欲しいというご意見を沢山いただきました。

 普段私のブログを愛読されている方で、初めてコメントをしてくださる方が結構いました。もちろん内緒コメントや多方面に亘る分野の方からお言葉をいただきました。とても有難かったです。その都度心が揺らぎブログを続けようか正直迷いました。初めてコメントをするということは相当な覚悟と言いますか、思いきった行動だと私は感じ取りました。日頃このブログを見るだけで何のアクションもないのはブログとして当たり前です。何かコミュニケーションをとろうと思える人はごく一部の人で、その人が持っている性格というものがあります。誰にでもできる行動というものではなく、話かけるようなアクションを起こすのが苦手な人の方が多いのではないかと私は思うのです。そこで初コメントをする勇気というのを酌むと、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。当初から無駄な試みのブログとはいえ、機械式ブログを発信してきて良かったなぁと素直な気持ちで嬉しく思いました。

 しかし、これだけは分かっていただきたいことがあります。

 これはブログ(日記)なのです。日記なのです。。。日記。。。。。。皆様のお気持ちはよく分かるのですが、続けるか続けないかは私の判断でいきたいと思います。ただ情報の発信として活用したのがヤフーブログであり、一方的な発信という割り切り方をしていましたので、誰かに誘われてだとか、誰かに言われてなどでブログに向き合ったり続けるつもりが私には毛頭ありません。そもそも、このサービスを提供していたヤフーブログ自体が無くなってしまうので、私には選択肢がないのです。私が本気でオールド国産機をどうにかしたいというのであれば、ホームページを立ち上げたり、この古時計分野に於ける職について仕事の一環として時間を掛けて可能な限り、何らかしらの発信にも携わっていきたいという気持ちは少しくらいあります。しかし、飽く迄も機械式時計の研究や修理にメンテナンス、そして先人達が残してきた国産の名機達を愛でることは私にとってただの趣味であり仕事ではありません。本業があり、家庭があり、日常にて私を必要とする人に向き合う、趣味の時計は二の次三の次なんです。ですから、様々なコメントのもと何かを求め期待する気持ちも分かりますが、ご理解いただけたらと思います。

 

 何かと思うことや、色々と発信したいこともあるのですが、ダラダラと言葉を記しても纏まりのない記事となりますので、今回はこの辺までとさせていただきます。





追記:私が思ったまま感じ取ったままの言葉を並べましたので、人によっては情のない言葉に受け取られる方もいるかもしれませんが悪しからずご理解ください。



ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


マチコも作る

のんき、、、さん、、、



お元気でしょうか? (^ ^)

もうヤフーブログも終息に向かっており、私の中では特にブログに対して何も意識することが無くなっております。

しかし、このまま時間だけが過ぎて行くことに気掛かりなことがあるのです。

私がヤフーブログを始めた時に、最初にコメントをしてくれ多方面の方との輪を広げてくれたのが、「のんきさん」というブロガーさんなんですよね。のんきさんは古時計を弄ったり、アンプを組んだり、コーヒー飲んだり、古物にも向き合う素敵なお方なんですよね。だから今の私があるのものんきさんのお陰なんです。

でも、そののんきさんもブログ離れをしたり、また少し戻ってきたりと、、、そこで少し前だと思いましたが、のんきさんのブログ記事に、腕時計を収納するケースを自作された記事がアップされていました。私はその木箱のケースに注目してしまい、自ら作りたいと思いました。もちろん、その記事のコメントでどう作ったのかも聞いてしまいました^_^
のんきさんも快く、あれとこれと簡単だからヒノマチコさんも作ってみて下さいと、仰って下さいました。
実は、そのやり取りの後、直ぐに私も自作の時計収納ケースに取り掛かっていました。自由になる時間が出来てはちょくちょく作業を進めて、おかげで完成しておりました。

この自作時計収納ケースをブログ記事にすることなくここまできてしまいましたが、このままブログ終了するのも、何だかんのんきさんに申し訳ないので、言われた通り私も作りましたよー!と、感謝の意を表して記事にしました^_^

それが、これです。
ヒノマチコバージョンです^_^
イメージ 3

中の雰囲気はこんな感じです。
イメージ 1

時計を入れてみるとこんな感じです。
イメージ 2

イメージ 4


のんきさんどうでしょうか?
私は緑色のカラーリングで作ってみました!時計はとりあえずのダイバーズです^_^

のんきさんもブログをご無沙汰しておりますので、このブログをもう見ていないかもしれません。いずれにしましても、私ものんきさんのを真似して時計収納ケースを作ったことをご報告させていただきました^_^




ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


開くトラックバック(0)

皆さんはどのような心境でしょうか?


イメージ 1

 平成31年度の最終日である3月31日を迎えます。4月から新年度が始まり、そして4月1日11時半頃に5月からの新元号が発表されるとのことです。因みに私はその歴史的瞬間は仕事の為、見逃す予定となっています。。。とても残念です(^_^;)

 最近も何かと忙しくしているとはいえ、新元号の発表時くらいはリアルタイムでテレビを見て、新しい時代への一歩を実感したかった訳なんです。しかし、仕事は待った無しということもあって、そうはいきませんでした。。。

 明日で平成31年度も終わる、ブログ友達のCANさんも3月でブログが終わる、4月で平成も終わる、5月でヤフーブログの発信が終わる、、、終わる終わるが続く訳でして、皆さんは様々なことを考えておられることでしょう。。。
 因みに私はブログ云々の寂しさも多少はありますが、それよりも現実問題として仕事面が生憎忙しく、考えることが山ほどあるせいか、早く今年が過ぎてほしいと願うばかりです。まぁ、一番気になるところはやはり新元号でしょうね。早く分かれば事務的な仕事が手に付くわけであります^^


 そうそう、話は変わりますが、先日地元が青森というある方より、陸奥湾のホタテが美味しいから食べてほしいとのことで、沢山いただきました!
イメージ 2

イメージ 3
刺身に・・・
イメージ 4
バター醬油炒め・・・
イメージ 5

 家族みんなで美味しくいただきました!御馳走様でした!!^^


追記、
3月をもってナイス機能も無くなりますので、ナイスチャンスのある最後の記事となりすね(笑)
 


ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事