ここから本文です
ヒノマチコのブログ
機械じかけの予言者

少し。。。

様子見します。


新年早々の意気込みもありましたが、諸事情ございましてお時間いただきます。

ヒノマチコ、暫く記事を更新していないなぁと。。。

思われる方もいるかもしれませんが、前もっての報告です。

何かと忙しい現状ですので、時計記事の更新は今暫くお待ち下さいね^^

決してブログを辞めるわけではありませんからご心配なく。

勿論交流のある皆様の記事はいつも通りに顔を出させていただきます。

ただ、自分の記事の更新を疎かにするということです。

と言いながらも、いきなり更新するかもしれませんが。。。

先のことは分かりませんし、そんな遠くまでの話でもないと思っています。

それでは、数日・・・??
冬眠してきます(笑)

イメージ 1




ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


この記事に

開くトラックバック(0)

思ったことを述べます



 たまには時計紹介記事や、お出かけ時に連れ出す時計の話ではない内容の記事を記してみようと思います。とはいえ、最初に言っておきますが大したことを述べるわけでもないので、興味ない人はスルーして下さい(笑)。

 タイトルに挙げた通り、セイコー「ロードマーベル」について昔から思っていることを今回はダラダラと記します。

イメージ 2



 1958年(昭和33年)、国産初の最高級紳士用腕時計として第二精工舎諏訪工場(後の諏訪精工舎)より登場した「ロードマーベル」。まだ「グランドセイコー」(1960年登場)が世に出ていない時の国産初の最高級腕時計です。まぁ、結局は初代「グランドセイコー」に国産の最高級機の座を譲るのですが、最高級機のノウハウを教えた時計なのですよね。言い換えれば初代「グランドセイコー」の恩師でもある「ロードマーベル先生」ということなんです。国産の古時計が好きな人や、興味のある人は必ずこの時計を目にし、好意を持ち「手に入れたい」と思うものです。私のブログでも過去記事にて紹介していますが、本当にいい時計なんですよね。ここではアレが凄いだとか、ここが素晴らしいとかの話は割愛します。このブログを読んで下さる皆様はもう「ロードマーベル」の素晴らしさはよくご存じでしょうから。

 数々の腕時計を開発し世に送り出してきた「世界のSEIKO」さん。今現在のセイコーの腕時計販売事情とは違い、昔はペットネームというものが各々の腕時計についていました。この「ロードマーベル」という製品名もペットネームにあたります。当時は今と違って商品の開発展開が早く、開発しては発売され消えていくの繰り返しだった腕時計市場です。しかし、この「ロードマーベル」だけは他の腕時計達と違うところがあり面白いのです。今回私が述べたいのはこの部分なのです。

 まず、他の時計と何が違うのか。。。、1958年に登場した当時より「ロードマーベル」というペットネームで、1978年までの20年もの間販売されていた製品です。こんなにも単一ペットネームにて長期に亘って販売された製品はないでしょう。。。国産時計史に於いて思いつきません。しかし、このことは国産古時計が好きな方には有名なことで誰しも知っていることでしょう。
 そこで私が思ったことは、長期に亘る製品展開はこの「ロードマーベル」の販売期間に及ばないにしても他の製品にもありました。「キングセイコー」、「グランドセイコー」、「オリエントスター」、「シチズンホーマー」等々。しかし、これらの製品とは明らかに歩んだ路線が違うのです。それはカレンダー機構や自動巻機構が設けられず、最初から最後までずっと一貫してただの中三針手巻腕時計だったところです。要は時代のニーズに背いたシンプルデザインの頑固ものだった訳です。

 腕時計というものは精度の向上は勿論のこと、それ以外に防水性、自動巻、日付表記、曜日表記、などといった様々な機構が付加されていきました。特に日本は高度経済期を迎え、日々忙しく働く日本人のニーズに応え(または合わせ)、カレンダー機構は必須であった1963年以降の社会人の腕時計事情、もちろん1970年を過ぎても状況は変わらず、むしろ当たり前の機構でした。しかし「ロードマーベル」はそんなことはお構いなしで、カレンダー機構を付加した製品を世に送り出さないままでした。私からしたらこれはかなり凄い事なんです。あの「キングセイコー」ですら初代ノンデイトの次に秒規正、そしてカレンダーの順番で展開しています。「グランドセイコー」では、初代ノンデイトの次に二代目としてカレンダー製品です。他の高級ラインで言っても、オリエントの「グランプリ」もすぐにカレンダーに自動巻です。シチズンの「クロノマスター」も仲良くカレンダー付です。それが普通の流れなんです。そもそも当時のこれらの防水やカレンダーなどの、あったら有難い機構というものは高級品として必須なものであり、高級品には有って当たり前というものでした。それは「ロードマーベル」だって防水ケースになり、振動数もアップしましたが、カレンダーは唯一付加されないままでした。今よりも昔の感覚で言うなれば、「高級品の腕時計は手巻式である」という概念がありますが、「ロードマーベル」はそれを守っているだけに留まらず、更にカレンダーもないノンデイトのままだったのです。

 「ロードマーベル」が展開された20年間は、他の製品と肩を並べてもウズウズしてしまいがちで、もどかしさもあった感じだと思います。次のモデルが出るたびに、またノンデイト。。。その繰り返しなんですからね。単一ペットネーム製品としては当時、時代に乗り遅れていた製品展開だったはずです。よく言えば、登場した1958年からの国産最高級紳士用腕時計としてのポリシーやメンツはかたくなに守った貞操観念のある腕時計です。でも、実際のところ途中から「ロードマーベル」は言うほど高級品でもなくなりました。グランドやキングにその座を譲ったというより奪われた形です。国産機では頂点に君臨していた最高級機からの準高級機(上級機かも?)となっていきます。そこも引っかかるところなんです。そこまで高級品でもない時計にカレンダーすら付加しない。。。。もし、付加していたらもっと売り上げが伸びたりしていたのではないだろうか。。。機能と価格のバランスを考えれば、GSやKSをも超えた人気があったかもしれない。。。普通開発時は色々考えると思います。私はそんなことを考えると「何故。。。」この二文字ばっかり頭の中に浮かんできます。拘りがあったとしてもカレンダーを付加するのは当たり前だった時代なんです。そういう意味ではこの「ロードマーベル」は摩訶不思議な腕時計です。

 逆に「こういった拘りのあるペットネームの製品があってもいいじゃない!」とも思いますが、こういうことができる余裕のあるメーカーって・・・・・・そうです、「世界のSEIKO」さんなんですよね(笑)。。。^^

イメージ 1


 この「ロードマーベル」がやってきたことというのは、、、何か良い例え話があればいいのですが。。。車で言うならば、トヨタの初代クラウンが、デザインやエンジンの排気量などが時代と共に変わっていきますが、現代にもなってナビもオーディオも無ければエアバッグも無く、窓はクルクル式で、スピード過多(100キロ)でキンコンキンコンと。。。それらも言い過ぎかなぁ、たとえが難しいですが、いつまで時代のニーズに背いているんだ!と言いたくなるようなクラウンとでも言えばいいのでしょうかね(笑)。カメラで言うなら今でもフィルム式の一眼レフで勝負しているニコンFでしょうか。。。パソコンで例えるなら、、、まだパソコンですらないワープロのままで勿論ネットなんか繋がらないただのワープロのまま今も勝負しているような機体でしょうかね。^^
 結局はいい例えが思い浮かびませんが、良い意味でも悪い意味でもブレない時計とでも言えば無難に聞こえるでしょうかね。そんな唯一無二の「ロードマーベル」なのでした。皆さん、人生で迷ったら「ロードマーベル」を思い出して下さい。少しの修正点はあったものの、その周りに流されずにブレない根性が20年もの長期販売に繋がったのですから。。。

 このように、「ロードマーベル」という時計に対して私の感じたことを記してみました。人によって捉え方や感じ方はそれぞれです。私の視点から見た見解ですので、どうでもいい話であり、内容の薄い記事かもしれませんね(笑)。
 いずれにしましても、ここまで御拝読いただきありがとうございました^^




ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


この記事に

開くトラックバック(0)

本年最初の

新年会


先日、仕事先の新年会がありました。

とくに慌ただしくなるような忙しさもなく、穏やかに新年を迎えた平成31年。

落ち着いた気持ちで新年会に出席いたしました^^

イメージ 1

大変美味しゅうございました!
御馳走様でした m(_ _)m


皆さんと近況報告しているうちに、あっという間に時間が過ぎていきました。




そんな平成31年を迎えた御伴ウォッチさんはこちらです。。。

イメージ 2



理由は・・・31年だけに、31石の時計です!
ただそれだけなんです^^

このシチクロも貴石数に相応しい年となった訳ですね(笑)。

平成31年もシチクロの鷲の如く。。。
大きく羽ばたき次の時代へと導いて頂きたいものですね!


ということで、本年も頑張っていきしょう!!



ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


この記事に

開くトラックバック(0)

ドレッシー

CITIZEN(シチズン)
DRESSY(ドレッシー)
17石 腕輪時計
イメージ 1
イメージ 2
 シチズン「ドレッシー」が登場したのは1960年(昭和35年)1月です。高度経済期に入り、国産腕時計も様々な機能が付加され幅広い製品が登場した黄金期でもあります。そんな中、婦人時計の分野に於いてここで紹介するような腕輪型の腕時計も存在していました。セイコーでも同じような腕輪型の製品が1960年に登場しています。私は1963年頃の「ファインセイコー(腕輪型)」を所有していますが、どちらも似たような製品です。当時流行った製品なのですが、1964年頃よりこういった婦人機は姿を消していきました。
 ムーブメントは長方形型で4型サイズの17石です。当時4型ムーブでは世界初の毎時21600振動機(6振動機)として登場した製品です。またシチズン婦人機では初めてパラショック(耐震装置)を搭載したムーブがこの「ドレッシー」でした。それまでの婦人機などに見られる小型ムーブメントでは、形状からいって9時3時側がやや膨らむ樽型の形状でしたが、このムーブメントの開発によりすっきりとした長方形型にすることが可能となりました。このムーブメントには他に19石と21石も展開されています。
 外装ですが、文字板には同製品の他のモデルと同様なデザインで表記されています。ケースは金メッキを施した腕輪型となっており、端は婦人機でありがちな細かなチェーンが付いています。
 当時の販売価格ははっきりと分かりませんが、おそらくセイコーの同型と製品と同じような価格帯で、10000円から11000円くらいだったのではないかと推測します。当時の腕輪型の婦人機と言えば、どうしてもセイコー製品の方が現存機が多い傾向にあります。そういった意味では、ここで紹介するシチズンの腕輪型製品はなかなかお目に掛かれないモデルでもあるのです。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

1960(昭和35年)製造
・手巻き 
・非防水 
・CGP腕輪ケース 
・17石
Cal.9400
・毎時21600振動 
・ブラスチック風防  
・スナップバック
4型ムーブメント 





ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


この記事に

開くトラックバック(0)

あ・ず・き

煮たよ


正月三が日は午前中仕事をし、午後は休息をいただいておりました。
おかげ様でのんびりボケーっとできました(笑)。

そういえば年末に、とある女性より小豆をいただきました^^
イメージ 1

いい小豆らしいので、お裾分けとのこと^^

私は粒あん好きなので、お正月用にと思い大晦日にあずきを煮させて頂きました!
イメージ 2
洗って、一晩浄水に浸け、軽く煮て灰汁を取る。

イメージ 3
再度しっかり煮て、砂糖を加え、塩を入れ、よく煮て、落ち着かせる。

そして完成したのがこちら^^

イメージ 4
これ、お汁粉ではありません。
粒あんを絡めた焼き餅なんです(笑)。


そんな一人の自己満足正月です^^

我が家のお正月は女房と二人っきりです。。。
子供達はジィジィとバァバァんちに4日までお泊りしに行きました。
女房と二人のお正月は格別にいいものです^^
子供がいないということが、こんなにも気持ちが楽なものかと。。。
食事、生活音、洗濯、テレビ・・・全てが大人の都合なんです!
たまにはいいものですね^^

ということで今年の御節はセブンイレブンのものを注文しました!
イメージ 5

流石はセブンです。味が良く思わず微笑んでしまいました^^
コンビニだからってあなどれませんね!
来年はどこのにしようかな。。。


女房との晩飯で二人きりというのも本当に珍しいので外食ものんびりとしました。
天一の天ぷら膳で、夫婦でゆっくり会話しながらの食事です^^
イメージ 6
子供には申し訳ないが、食事が美味しく感じるのです(笑)。
と言っても、子供達も祖父母の家できっと良いものを食べているのですよ^^


新年は最初の御伴ウォッチさんはこの方です!
イメージ 7
ボールウォッチ「トレインマスター」さんです^^

いつも素敵な顔で時間を教えてくれます!
いい仕事をしてくれるねぇ〜と褒めてあげました^^


小生、正月三が日はどこも出ませんでした(笑)
三日の晩に天ぷら食べに出掛けただけの正月でした。
初詣もおみくじもしていません。。。
女房と共に全く外出する気力が出ずでした。。。
でも、おかげでいい休息ができたのです^^

私の仕事はじめは7日からです!
さぁ、今年もがんばりますか!!

皆さまも正月の残り餅を食べて頑張りましょう^^



ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


この記事に

開くトラックバック(0)

賀 m(_ _)m 正

謹んで新年の慶びを申し上げます



読者の皆々様・・・
あけましておめでとうございます。

m(_ _)m


年も明け、心機一転気持ち爽やかでしょうか!?

私の気分は清々しいものです^^

皆さまは年賀状のやり取りをされていますでしょうか?
元日に届く年賀状っていうものは楽しみなんですよね^^

さて、本年は平成が新元号へと変わり、新しい時代へと動く年でもあります。
時代の移り変わりを見届けることができるのも嬉しく思う次第です。


平成最後の年ですが、昨年より時計記事らしい内容をお届け出来ればと思います。
近年では簡単にアップできるお出かけ記事が多くなっていますので。。。(笑)
と言ってみたものの・・・それも難しいような。。。^^

いずれにしましても、本年だとか一年間だとか、先のことよりもですね。。。
目先のこの正月三が日をのんびりと過ごそうと思います!

新年はセイコーオールドダイバーズ4兄弟です!
今年はみんな揃いました^^
イメージ 1

左から。。。
ファーストダイバー(1965年)
セカンドダイバー初期(1968年)
セカンドダイバー後期(1970年)
サードダイバー(1976年)

どれもいい顔しています(^o^)/


本年も「ヒノマチコの機械じかけの預言者」どうぞを宜しくお願い致します。



ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


この記事に

開くトラックバック(0)

平成お疲れ様でした!

しっかりと労をねぎらいましょう!
一年お疲れ様でした!!



平成最後の大晦日となりましたね。

皆さん風邪をひいていないでしょうか!?
今年の暮れの風邪というのは、喉にくる風邪らしいです。
私は無事風邪ひきましたけど。。。(^_^;)

今年最後の記事は挨拶だけで締めても・・・つまりません!
意外と大晦日というものは空き時間があたりするものですよね^^
ですから、そんな合間を縫ってこのブログに訪問して下さった方の為にも!
暇つぶし用の記事を更新します(笑)。

今年一年、皆様に於かれましてはどのような年だったでしょうか。。。

私はですね、自身の人生に於いて大きく変化のあった年でした。
併せて忙しさ(仕事量)にも関係し、沢山の勉強をさせてもらいました。
時計ブログを初めて5年目に入りましたが、今年が一番おろそかにした年でした。
その点は理由があるにせよ、読者の皆様には大変申し訳ありませんでした。
来年はもう少し、落ち着けたらいいなと願うばかりです^^

さて、この一年を家族の方に目を向け振り返ってみます。
女房や子供にも迷惑を掛け、我慢をさせ、沢山助けてもらいました。
感謝するのはやはり第一に家族なんですよね^^
やはり、自分も含め労を労い感謝しなくてはなりません!

ということで、家族サービスの記事を以って本年のブログを締めさせて頂きます!

仕事も終わり。。。
静かになり。。。
夜な夜な。。。
外食をしに行くのです。。。

場所は・・・女房の行きたいとこへ連れていきます^^

美味しい海鮮ものがいいとのこと。。。
う〜ん、生(寿司)・・・ではなく焼きにしましょう!

ということで、やってきたのはここ!!

「レッド・ロブスター」
イメージ 1

生ものではない海鮮もたまにはいいものです^^

イメージ 2
入り口には、定番のロブスター用水槽^^

「爪が開きません!」と思っていそうで可哀想です。。。

イメージ 3

この雰囲気がいいのですよね〜^^
すでに最高です!

イメージ 4

やっぱりレッドロブスターらしく、一番デッカイものを注文します。

イメージ 5
わざわざ席まで調理前のロブスターを見せに来てくれます。
複雑な気持ちなのですが、信頼性も感じます。

とりあえず、メインが来る前に色々食べておきます^^
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
そして最後は、「ライブロブスターの黄金焼き」です!

どう考えても美味しいのです!
美味しいのです。。。
美味しいのです。。。

家じゃ作れないようなものを食べるのって幸せなんですよね^^

でも、なんか・・・生きていたロブスターさん御免なさいです。
複雑な気持ちで御馳走様でした m(_ _)m

そして締めくくりの御伴時計はこちら!
イメージ 10
「ロイヤルオリエント星座インデックス」


「レッド・ロブスター」と言えば、カニ、エビ、魚、牛、水・・・です。
かに座、サソリ座(エビ)、魚座、牡牛座、水瓶座・・・(笑)。
まぁ、少々無理がありますが、雰囲気だけでも12星座かと。。。^^

ただ・・・それだけのことです。(*´ω`*)





という具合で、大晦日の暇つぶし記事にでもなれば幸いです(笑)




いつも当ブログを御贔屓に見て下さり、誠にありがとうございました!
来年は時代が変わる年でもあります。
皆々様に於かれましては!
様々な希望を胸に抱き、より飛躍できる年になるよう祈念いたします^^

そして。。。

さようなら。。。

平成の大晦日。。。

m(_ _)m



ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


この記事に

開くトラックバック(0)

やっぱり温泉。

ほっこり温泉^^



12月も暖かいのか、寒いのかよく分からなかったですね。

寒い夜の日、山梨県の温泉へと行きました!

毎年恒例の冬の「ほったらかし温泉」です^^

イメージ 1


御伴ウォッチ君は彼です^^
イメージ 2
セイコー「62ダイバーズ」こと「ファーストダイバー」です!

イメージ 3


前にも確かブログ記事としてアップしていますが、私のお気に入り温泉です。
初めて行った時が20年前のことでした。
わりと近年に出来た温泉施設なんです。
山の上で工事中に地面掘ったら温泉がブシャー!って出てきた温泉です。
昔は温泉施設として整備されておらず、ほったらかしの状態だったのです。
その当初の状況が名前の由来となって「ほったらかし温泉」となった訳です^^

この温泉から見える甲府盆地の景色や夜景っていうものが最高なんですよね^^

イメージ 4


うん、実に素晴らしい!

山梨県に足を運ぶ機会がございましたら、是非「ほったらかし温泉」へ!
素晴らしいひと時を過ごせると思います^^




ヒノマチコのブログを応援してくださる方は、下記のランキングURLをクリックしていただくことで、更新の励みになりますので宜しくお願いします。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事