ここから本文です
ヒノマチコのブログ
機械じかけの予言者

書庫全体表示

SEIKO(セイコー)
LORD MARVEL 36000
(ロードマーベル36000)
23石 SGP アラビア数字
イメージ 1
 「ロードマーベル36000」が発売されたのは1967(昭和42)3月です。国産初の“10振動機械”が搭載された製品になります。
 ここに辿り着くにあたり、国産高振動機械の開発背景に“諏訪精工舎”においても、ニューシャテル・ジュネーブ天文台コンクールに出品するべく、10振動機械の開発が行われていました。1964年頃から開発に着手され、数個体の試作の後、「S-36」と称されたその機械は、両天文台共通の「クロノメーター」規定容量【直径30㎜もしくは707平方㎜以下】の中で、亀戸の「タマゴ」とは形状を異にし、「長方形」で四隅が丸くなった機械です。輪列は基本的な小型二針型を踏襲していますが、超大型の香箱と高振動テンプとの干渉を避ける為、最終的に「長方形」となり、テンプ受けも片持ち式からブリッジ式に変更されたとのことです。20振動(毎時72000振動)機械も製作されましたが、コンクールへの出品はありませんでした。そして、ニューシャテルコンクール中止の1968年、ジュネーブコンクールにおいて、「総合腕クロノメーター」部門4位〜10位を独占(1位〜3位は水晶式の為、機械式では実質の1位)、調整者賞を「稲垣篤一氏」他、2名の方が受賞されました。先鋭的な亀戸「052」の設計思想に対し伝統的な手法を踏襲しつつも、ヒゲゼンマイの内側曲線の調整を含め、神業ともいえる調整技術と堅実な設計思想が、国産初の市販型高振動機械の開発・製造の原動力となったと考えられています。
 さて、「ロードマーベル36000」のムーブメントですが、地板のサイズは「5740系の(LMK)“2代目規正付きロードマーベル”」を踏襲し、12型になっていますが、高振動化に対応された新設計が随所になされており、従来のクラウンタイプの機械とは一線を画す新機械であると言えます。まず、ガンギ車の歯数が15枚から20枚に増え、四番車の歯数も80枚から88枚に変更されています。最大の特徴であるテンプの直径も小さくなり、振幅の高振動化にも安定した振りを保てるよう新設計がなされています。石入りの箇所は、LMKと同じで、23石の機械のみですが、爪石部分の食い合わせが若干浅くなり、標準振動系に比して強大な張力を持つゼンマイの力が集中しすぎないようになっています。微動緩急装置は、5740Bと同じ“歯車式”(緩急範囲1ピッチ≒4.4秒)が踏襲されています。秒針規正装置は、LMKとは異なり付加されていません。本来であれば、クロノメーター級精度の優秀な機械であるのに付加されなかった理由としては、従来同系の規正装置は、四番車の歯車を規正レバーの爪で止める方式がとられてきましたが、高振動化に伴いピッチが細かくなった上、強大なトルクのかかる部分を強制的に止める方式は耐久性に問題が生じる恐れがあると判断されたものと思われます。キャリバーナンバーは三番受に刻印されています。仕上げ等もLMKと同じくシンプルな仕上げです。
 文字板はLMK系列との最大の差異は、6時上に“36000”と“諏訪精工舎マーク”の表示です。国産初の10振動を表す印字がなんとも誇らしげです。その上に“LORD MARVEL”と活字体で入ります。このシリーズには従来の筆記体表示はありません。12時下には“SEIKO”と植字で入っています。字に関しては、棒文字と全数字タイプのみの“絹目仕上げ”になっており、ケースの色に合わせ色調は、白・金色文字板の2種類で、字との組み合わせで合計4種類が確認されています。
 針は少し細身の山型菱剣で、特徴としては、山の部分に黒線があります。これは字と“共仕上げ”で認識性の向上が図られています。尾の部分は後端が少し丸く仕上げられた独特の形状をしています。
 ケースはSS側とSGP側があります。貴金属側は確認されていません。ケースナンバーは、“8000”のみで、デザイン的にもLMKからの踏襲がなされています。裏蓋はスクリューバックで防水型になっており、非防水ケースはありません。ここで紹介するものはSGPケースのアラビア数字インデックス絹目文字板になります。
 1967年の大卒初任給がおよそ26000円の時代に、この「ロードマーベル36000SGP”」の販売価格は14000円でした。
 “ロードマーベル”という製品に関して、諏訪精工舎は特別なこだわりを持ち続けていたように思います。初代ロードマーベル発売の1958年から、ロードマーベル36000製造完了の1978年まで、約20年という長期間、機械の変遷はあったにせよ“手巻き式”にこだわり続け、グランド・キングなど他の高級品が自動巻等に姿を変えてゆく中、一線を画し続けたのは、諏訪一丸となって作り上げた“国産初の高級腕時計”に対する自負と思い入れの他はなかったのではないかと考えられます。ロードマーベル系列の有終の美を飾るに相応しい最高性能の機械を搭載したその姿は、国産腕時計では数少ない“伝説を纏った名機”と呼べる製品です。
イメージ 2
イメージ 3

1967(昭和42)製造開始 
・諏訪精工舎製 
SGPケース裏蓋ステンレス 
23
・手巻き 
・防水(アンティークの為非防水) 
・プラスチック風防 
Cal.5740C 
12型ムーブメント
・毎時36000振動 
・スクリューバック 
・微動緩急装置 
・アラビア数字インデックス 
・絹目文字板



ヒノマチコのブログを応援してくださる方は下のURLをクリックしていただくとありがたいです。

人気ブログランキング→ https://blog.with2.net/in.php?1692514



この記事に

  • 顔アイコン

    こんばんは。

    ついに来ました5740C!!
    私が聞いた話では、欧米には10振動の手巻き機械式は存在しないとの事。。。

    レディースを除けば国産もロードマーベルだけなのでは…。
    いずれにしてもセイコーが誇る名機ですよね。。。

    [ とんぬら ]

    2015/2/25(水) 午前 0:17

    返信する
  • 顔アイコン

    やっぱりコレが最高ですよ。gsよりもこれがいい!というファンもいるのではないでしょうか。けっこうな数売れたみたいで、よくジャンクでも見かけますよね。いい状態のはやはり高いけど。
    現行のアラビア数字のgsもけっこう魅力的ですが、現行といえば、それより琺瑯のアレも気になりますね。

    [ ドラのび太 ]

    2015/2/25(水) 午前 0:49

    返信する
  • > とんぬらさん

    コメントありがとうございます。
    え!欧米製品には手巻き10振動がないのですか!!?
    やはりセイコーはおそるべしですね。。。
    19GS、45GS、ロードマーベル36000・・・国産で思いつくのはこのくらいですね。GSは別格なので、やはり高級普及機としてはこのロードマーベル36000の存在は圧倒的ですね。まさにジャパンウォッチの時代が変わる先駆者ウォッチです!

    ヒノマチコ

    2015/2/25(水) 午前 8:08

    返信する
  • > ドラのび太さん

    コメントありがとうございます。
    ドラのび太さんはロードマーベル36000がお気に入りのようで。。。
    そしてアラビア数字インデックスもお気に入りのようで。。。
    そのこだわりが趣味には大切ですよね!!
    確かに現存するものは多いですが、ジャンク扱いのものも多い。先人達はよく使ったのでしょうね。時計の製品展開が激しい時代に販売期間10年という異例の御長寿ウォッチなのも驚きです。セイコーの思い入れが強い製品なのでしょうね。
    それから現行の琺瑯というのは・・・プレサージュの6R15搭載の琺瑯ダイヤルのことですか!?そしてドラのび太さんといえば、やはりアラビア数字モデルのもののことをいっているのでしょうか?今時琺瑯ダイヤルを採用するなんて粋なことしますよね〜。

    ヒノマチコ

    2015/2/25(水) 午前 8:19

    返信する
  • 顔アイコン

    そうです!プレサージュの琺瑯です?
    魅力的でしたが、価格としては、やはり手が出ません。
    ところでトンボに載っている、全アラビアの珍しいGS、やはり、日野さんのコレクションの中にはあるのでしょうか??楽しみにしています!

    [ ドラのび太 ]

    2015/2/26(木) 午前 8:43

    返信する
  • > ドラのび太さん

    やはりそうでしたか。琺瑯というところが魅力ですよね。
    それから私は全数字の56GSは持っていません。残念無念です。そりゃぁ欲しいですが、まず出回らない製品ですよね〜。

    ヒノマチコ

    2015/2/26(木) 午後 3:58

    返信する
  • AR7 さん

    ナイスをいただきありがとうございます。

    ヒノマチコ

    2016/2/12(金) 午後 9:06

    返信する
  • bun**082*03 さん

    ナイスをいただきありがとうございます。

    ヒノマチコ

    2017/5/11(木) 午前 6:14

    返信する
  • 顔アイコン

    私も高名なロードマーベル36000の、シルバーステンレスのバーインデックスを購入しました!! 何とも言えないプラ風防の「ヌメッ」とした感じと、10振動の鼓動。
    それに恐るべき精度の良さに、買って良かったと思っております。
    そんな、満足度ピカイチのロードマーベルですが、やはりアンティークの宿命ともいえるリューズ出し入れ時の文字盤の微妙なガタを見つけてしまいまして・・・・凹んでいます。
    行きつけの時計屋に見せると「これくらいなら、次のオーバーホールのときに治せば?」
    と言われて少し安心し、またネットで詳しい方に内部の写真を送って頂き、『ここのネジを締めれば治るはず』と親切に教えていただきました。
    同じ趣味の人は、やはり親切です。とにかく大切に大切に愛用していきたいと思う時計です。

    [ yodogawa ]

    2019/1/28(月) 午前 11:57

    返信する
  • > yodogawaさん

    古時計を知っていてる方は、やはりこの時計に注目しますよね。
    ご購入おめでとうございます。
    確かに文字盤のガタツキは大したことではありませんので、あまり凹まなくても大丈夫だと思います。しかし、次のOH時に直すと言ってもそれがいつやるのかですよね。。。どうしても気になるのでしたら、そこだけでも誰かに直していただいた方が、気分良く使えるのではないでしょうか^^
    気になりながらも1年、2年使うのはスッキリしない気がします。どうせ使うならベストコンディションがいいですよね!
    いずれにしましても大切な時計がまた一つ増えて良かったですね^^

    ヒノマチコ

    2019/1/28(月) 午後 5:01

    返信する
  • 顔アイコン

    ネットで写真みた時『グッ』ときたものが有りました。写真であっても数多く見てると目が肥えてきて、「グッ」とくるもの、そうでないものがかなりの確率で的中してきます。
    このロードマーベルも、私のハートを鷲掴みした一つです。しかも綺麗なのに安かったので、イチコロでした。 アドバイス有難うございます。余裕のできた時にガタを治すのとついでにオーバホールしてきますね。

    [ yodogawa ]

    2019/1/28(月) 午後 10:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事