古布の世界・藍色の部屋(供

◆ホットプレート料理を教えてください。◆

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

★父と母の消えた年金★


父は10年前に亡くなりましたが、生きている時に年金特別便が、両親に届きました。ねんきん特別便ねんきん特別便/顛末記の二つの記事を書きました。10年前の記事ですので、当時のリンク先は今はなく、読めません。ちなみに父は船員ではなく、新日鐵に事務職として勤めていました。父の消えた年金は、実際にはありませんでした、詳細は、顛末記に書いています。
最近訪問するようになったともさん銀行が込む日?にコメントしたことをきっかけに母の消えた年金の事を記録しておこうと思い、この記事を書くことにしました。
私の母は遺族年金も入るので、35年公務員として働いた私の友人たちよりも多く、年金を貰っています。昔、厚生年金の脱退制度があり、脱退一時金を受給していたのですが、脱退制度自体が間違っていたということで、60か月分が加算され、時効分も含めまとめて支給されました。20年分の差額の合計でした。
払い過ぎた年金の掛け金も49600円戻ってきました。本来ならば、5年で時効なのですが、時効特例給付されました。年金事務所に母と手続きに行ったのですが、私が『母が亡くなっていたら、どうなったのですか?』と尋ねると『遺族の方に支払われます』と答えました。『本来、母がもらえるお金を貰っても、遺族は嬉しくないです。』と言いました。
母はたまたま結婚後、退職したので今の姓でした。旧姓の人は、年金事務所から連絡が来ないだろうと思うとスッキリしません。年金事務所で『何で今頃、書類を送ってくるのですか?』と尋ねたら、『誕生日が違っていたので、今までコンピューターに引っかからなかった』と言われました。

父の年金手帳と年金記録のお知らせの4ヶ月のズレ 

 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f4/f8/hinomuratoshiko/folder/113622/img_113622_6230533_10?1208749082  http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f4/f8/hinomuratoshiko/folder/113622/img_113622_6230533_11?1208749082

母に届いた書類

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-f4-f8/hinomuratoshiko/folder/113622/01/41426501/img_26_m?1529395100 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-f4-f8/hinomuratoshiko/folder/113622/01/41426501/img_28_m?1529395100 https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-f4-f8/hinomuratoshiko/folder/113622/01/41426501/img_29_m?1529395100

↑の画像をクリックすると、数字が読める位、大きくなります。

この記事に

閉じる コメント(5)

2018/6/19(火) 午後 9:02の内緒さん
私は、勤務年数が短いこともあってか、日本年金機構から『国民年金保険料の
納付期間延長のお知らせ』が何度か届きました。
私も年間18万円弱を納めて、少し年金額を増やすことよりも
年金の受け取り開始年齢の繰り下げ支給を考えいます。

先日郵便局で貰った資料によると、1年遅らせると受給率が8.4%
2年遅らせると16.8%増えるそうです。

40代の時に、民間の保険会社の年金払積立傷害保険に加入しました。
掛金の倍額が、年金払いとなって、10年間だけですが支給されます。
期間は短いですが、公的年金よりも多いです。

2018/6/19(火) 午後 9:39 藍色の部屋(TOKU) 返信する

顔アイコン

過去記事も読ませていただきました。
消えた年金、消えたままの物も多そうですね。

2018/6/19(火) 午後 10:24 とも 返信する

> ともさん
消えた年金の話は、他人事だと思っていました。
まさか、母にこんなことが起こるなんて、ビックリしました。

コンピューターに引っかからなかったら、知らないままでした。

母は、自分から脱退したわけではなく、会社が勝手に手続きしたようです。
この制度は、40年位前まで続いていたようです。
母のように、年金の追加支給の恩恵を受けられないというか
知らない人も多くいるかと思います。

2018/6/19(火) 午後 10:30 藍色の部屋(TOKU) 返信する

かなりの金額ですね。間違いがわかり良かったです。
私も今は年金暮らし、何とか主人と二人暮らしています。

2018/6/20(水) 午前 11:33 emiko 返信する

> emikoさん

そうなんです。父が生きていたら、ビックリして腰を抜かした
かもしれません。父は現役の時に、ぎっくり腰をして1週間ほど
会社を休んだことがあります。
私ももうすぐ本当の年金生活者になります。繰り下げ支給も考え中です。

今は、特別支給の共済年金を一部支給停止されていますが、もらっています。
個人では加入していた、民間の保険会社の年金払積立傷害保険もあるので、
何とか生きています。

2018/6/20(水) 午後 7:55 藍色の部屋(TOKU) 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事