ここから本文です
出合った花たち〜約700種〜をときおり紹介します。

シクラメン

イメージ 1

 シクラメンはサクラソウ科シクラメン属に属する地中海原産の
 多年草の球根植物の総称です。
 日本では秋から春にかけて花が咲く。
 別名:カガリビバナ(篝火花)、ブタノマンジュウ(豚の饅頭)
 原産地であるトルコやイスラエルで野生の豚がシクラメンの
 球根を食べたことから。

この記事に

ガーベラ

イメージ 1

    ガーベラはキク科ガーベラ属の多年草の総称。
  熱帯アジア、アフリカなどの分布し、野生で約40種類が存在する。
  開花期:3〜5月、9〜11月。

この記事に

タカノハススキ


イメージ 1

鷹の羽薄/イネ科ススキ属の多年草
   別名:ヤハズススキ(矢筈薄)

この記事に

マメアサガオ

イメージ 1

     豆朝顔/ヒルガオ科・サツマイモ属つる性の一年草
  北アメリカ原産。花径は1.5㎝ほど、白色の花を1〜2個つける。
  花期:夏〜秋。

この記事に

オオイタビ

イメージ 1
           
     大崖石榴/クワ科・イチジク属の常緑つる性木本
  東アジア南部に分布し、日本では関東南部以西、特に海岸近くの暖地に
  自生し、栽培もされる。雌雄異株。別名:オオイタビカズラ、学名から
  プミラとも呼ばれる。原産国:南アメリカ。
            (福岡市志賀島の蒙古塚の崖にて)



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事