ここから本文です
出合った花たち〜約700種〜をときおり紹介します。

ウツギ

イメージ 1
 
   空木/アジサイ科ウツギ属の落葉低木。
 葉の形は変化が多く、卵形・楕円形・卵状披針形になり、葉柄をもって
 対生する。花期は5ー7月。普通、花弁は5枚で細長いが、八重咲など
 もある。ウツギの名は「空木」の意味で茎が中空であることから命名さ
 れたという。花は「うつぎ」の頭文字をとって「卯(う)の花」とも呼
 ばれる。

この記事に

ハゼリソウ

イメージ 1

葉芹草/ハゼリソウ科の一年草 別名:ファセリア
ファセリア属の中でも園芸的に利用されている種でカリフオルニア原産。
緑肥用植物で、この植物自体が栽培対象ではなく畑の土を改良する目的で
一時的に育て、普通は花が咲き始めた頃に土を耕して、土の中に漉き込ん
でしまうのです。

花の香りが独特だから?園芸植物としての販売があまりありません。

この記事に

タツナミソウ

イメージ 1

 立浪草/シソ科タツナミソウ属の多年草
茎は短く這った根茎から立ち上がり四角形で高さ20〜40㎝となる。
葉はほぼ円形のハート形で向き合ってついている。
それぞれの花がすべて同じ方を向いて咲き、それがまるで大きく寄せる
波頭のように見えるところからこの名をもつ。

この記事に

ハナミズキ

イメージ 1

  花水木/ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木
 別名:アメリカヤマボウシ。花期:4月下旬〜5月上旬。
 花弁のように見えるのは総苞で中心の塊が花序である。

この記事に

スダジイ

イメージ 1

   ブナ科シイ属の常緑広葉樹の雄花
 雄花(長さ8〜12㎝)は新しい枝にたくさんつき遠方から見てもすぐわかる。
雌花は枝の先端などに形成され長さは8㎝ほど。堅果は翌年の秋に熟し、そのま
までも食べられる。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事