キャンプを終えて

7月21日から27日までの今年のふくしまこどもキャンプが無事終わりました。

21日夕に橋立に到着し27日午前にボランティアに見守られ帰路に着きました。

2歳2名、3歳1名、4歳2名、5歳2名、8歳1名15歳1名、職員3名、が京丹後へ。

うち子ども2名と職員2名が昨年も訪問しています。

到着夕食は回転寿司店で予定時間を30分以上超えて食べました。

22日は午前に野菜畑に行き収穫体験で、昼食は収穫野菜のカレーです。

幼い幼児は昼寝が必要で午睡後海水浴へ行きました。

幼い子供の中には初体験の海水浴で興味はあるけど怖くて泣いていました。

夜は地元の小母さんに大きな絵本の読み聞かせや手品を見せて貰いました。

23日は午前に海水浴へ行き午後は自由時間夕食後読み聞かせ会です。

このキャンプのプログラムには毎日の温泉入浴(宇川温泉)があります。

24日は午後からの予定の丹後王国での遊びに備え午前は自由時間です。

丹後王国は日本一大きな敷地の道の駅と言われています。

豚や羊のいる動物園や亀やウサギなどの小動物の餌やり体験もできます。

坂のそり滑りやポニーの乗馬体験、アスレチックなど多くの施設もあります。

そり滑りは年齢制限があり出来ない幼児は僕もしたいと泣いていました。

夕食はバーべキュウ又はお子様セットで美味しくお腹いっぱい食べました。

夕食後王国内が様々なイルミネーションで飾られた場内を散策しました。

夕食後は丹後王国近くのあしぎぬ温泉で入浴しアイスクリームを食べました。

その後キャンプ地の宇川へ送迎バスに乗り帰って就寝しました。

25日は当地の乳児院との海水浴交流が午後に予定されています。

残念ながら空は雨模様でキャンプ地の講堂で色んなゲームをし温泉です。

夕食はそうめん流し、青竹で作った流路のそうめんを美味しく食べました。

ミニトマトやゼリーも流されみんな大喜びで日暮れとともに花火を楽しみました。

26日は今年のキャンプ最後の海水浴は最高の天候に恵まれました。

昼食はたこ焼きをお腹いっぱい食べ、午睡中に震災の話がありました。

高校生ボランティアやスタッフに今年は桑沢先生が震災体験を話されました。

夕食に丹後地方のばら寿司を食べ浴衣を着せてもらい祭りに参加しました。

それぞれがお小遣いをもらいかき氷やジュースを買いくじ引きをしました。

赤い帯の浴衣の女の子はとても可愛らしく笑顔が喜びを表しています。

はにかんだ笑顔の男子のはしゃぎようが喜びを感じさせます。

景品の光る腕輪や光る風車、光るバトンを持ち大音量の花火鑑賞をしました。

明日は帰路につきます。

27日朝食後列車に乗る天橋立駅に向かい車で出発しサヨナラしました。

子ども達が出た後キャンプ地の清掃とキャンプ道具海水浴遊具の後始末。

来た時よりも美しくを心掛けてスタッフ一同心を込めて掃除をしました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

キャンプ準備

19日にキャンプ前準備に関係者が集まった。

今年のキャンプは幼児さんが中心になり何時もと様子が変わるだろう。

事前打ち合わせでは三輪車などが準備できればと話が出たが昨日は無かった。

今日と明日夕方までに準備できるだろうか心当たりを尋ねるしかない。

この記事に

開く コメント(0)

キャンプ準備

昨日キャンプ地へ事前準備になる一部荷物を運びこんだ。

明後日に最後の打ち合わせや準備をするため集まる。

この記事に

開く コメント(0)

事前打ち合わせ

昨日キャンプ全般について最後ともいえる打ち合わせが宮津市内であった。

キャンプ日程や各行事、食事内容や担当者割など例年の慣れた作業になる。

昨日の打ち合わせの最大の問題は旅行業法等に基ずく取り締まり強化だ。

他にも運送業法や旅館業法にも抵触すると取り締まりが強化されている。

キャンプ主催者は営利団体は無いと思っているが業者を脅かす活動なのか。

ボランティア活動を第3者が評価したりするのも可笑しいと考えている。

ボランティア行動は他人の評価を目的にしない全て自己責任で行う行動だ。

利益を目的にぜず行う活動に検挙を伴う取り締まり強化が必要なのか。

現実に今後のキャンプ計画は行えないと言う団体も出てきている。

この記事に

開く コメント(0)

キャンプ打ち合わせ

今年2月にいわき育英舎にお邪魔し今年のキャンプ内容の希望を確かめてきた。

いわき育英舎は昨年夏に体育館を除いて全面建て替えを終え新居になった。

新しい建物は地域の非常災害の避難所にもなるように防災設備を備えていた。

其れから月に1回は打ち合わせを重ねたが日程が決まらず人員配置が出来ない。

育英舎からの日程の確定を受け先週に続き今週も集まった。

食事内容や担当割り行事内容などを決めた。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事