平石耕一事務所オフィシャルブログ

平石耕一事務所第31回公演『拳(けん)』2019年4月公演終了しました☆感謝!

全体表示

[ リスト ]

戯曲セミナー?

劇作家協会で、戯曲セミナーが開かれているそうな。
週に一回で一年近くも戯曲を学べる。
講師も現役の劇作家で多彩な人たちがそろって、聞けば聞くほど、私も参加したくなる。
50人の生徒がいるそうで、そういう人たちの仲間に入りたい。
だけど授業料が20万円なので私にしてみれば、ちょっと厳しい。あきらめるしかない。
仕方がないので、いろんな戯曲を読んで独学するしかあるまい。
考えてみれば、私は津上戯曲塾で10年以上もそれも無料で学んできたわけである。
なんと幸せだったことか、今にして思う。
すると、ふと気が付いた。
この創作日記は、戯曲セミナーなのかもしれないと。
と言っても与太話が9割以上であるが。
その上、生徒はゼロである。
セミナーごっこと言ったほうが良いかもしれぬ。
私が一人二役。講師と生徒。
僧、それが正確だ。
自問自答しながら戯曲を学んでいる。
私は、子供の時から、自問自答ばかりしてきた。
何時も迷路の中である。
何が楽しくって生きているのだろうかと思うことしばしばである。
いつまでたっても結論は出ない。
出るわけがないのである。
答えなんてないからである。

私のセミナーはエンドレス。
50年やってきたとして年に20万だから、1000万。
老後のために2000万ってのがこの頃の流行だから、その伝で言うと、悲惨な老後である。
2000万以下のものは、生きるに値しないというのである。
この国の多数がそういうことになってしまうのである。
首相がそういうことを言ってしまう時代が、とうとう到来した。



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事