神行太保 ∞ 3268kmⅡ

当ブログは2019年3月を以て終了しました。読者諸兄の皆様これまでのご愛顧ありがとうございました。



グランフロント大阪で2/16〜2/17の2日間開催された、

イメージ 1

梅田、とにかくすごい数の人ひとヒト
人ゴミが苦手な小生には、まさに生き地獄と云っても過言ではない環境。


ストリートライブも、あちこちでやってる。

イメージ 2

この彼女のように、「しっとり聴かせる」音楽というのはいいのだが、
やたら絶叫調で歌ったり、聴いたこともない洋楽ばかりやってるのは、
遺憾ながら小生の耳には雑音を通り越して騒音でしかない。


スケートもつるつる〜〜

イメージ 3

ん? SUZUKIとあるが・・・サーカスかな?

イメージ 4

フェスタは、北館でやってるようだ。 人波をかきわけかきわけ進んで行くと、

イメージ 5

うわっ! すごい人やん。

イメージ 6

1階会場に降りてみよう。

イメージ 7

入場は無料やね

イメージ 8

マップをきちんと確認して・・・と、さあ入場だ!

イメージ 9

真ん中のレイアウトには、電車が大好きなチビちゃんがいっぱい♪

イメージ 10

やっぱり鉄道模型は、ちゃんとレイアウトから造らなければアカンな〜。

イメージ 11

関西圏の各私鉄がそれぞれブースを設け、情報提供や即売会を行っている。

イメージ 12

会場が会場だけに、阪急電鉄の力の入れ具合は強い!

イメージ 13

近江鉄道や水間鉄道、神戸電鉄や山陽電鉄は無かったような・・・阪堺もないぞ。

イメージ 14

しかし、人が多過ぎて疲れてきた・・・過呼吸気味になってきたような

イメージ 15

会場の一角には、精緻な鉄道模型の車両も展示されていた。

イメージ 16

ほんまにしんどくなってきたので、地下1階の展示場へ移動。

イメージ 17

ここでは、鉄道模型の運転体験と、運転シュミレーター体験が出来る。

イメージ 18

順番が回ってきそうもないので(笑)、見るだけで退散。


阪急百貨店うめだ本店で開催されている片岡鶴太郎展にも行こうと思ってたが、
あまりの人の多さに眩暈がしたので、さっさと梅田に見切りをつけ避退。


でも鶴太郎はやっぱりこうでなくっちゃ


南の方へ戻ってきたらホッ!とするな〜
やはり人ゴミは苦手だ。もう梅田や難波に出ることは出来るだけ避けよう。



その後、いつものカフェでまったり過ごしてからプールで泳ぎ、本日終了。







開く コメント(10)


続き



大樹寺への寄り道が祟り、岡崎の「八丁味噌の郷」に着いたのは午後4時。

イメージ 1

おや?  皇室の暴れん坊秋篠宮殿下も来られたようだ。

イメージ 2

残念ながら、本日の工場見学受付は時間切れ終了〜〜。

イメージ 3

豆味噌文化圏と云われる八丁味噌製造工程、見たかったなぁ〜〜残念至極!


さすがにこの寒さでは、ソフトクリームを食べる気にはなれないぞ

イメージ 4

さて、八丁味噌といえば「土手焼き」「土手鍋」だが・・・

イメージ 5

小生は味噌カツこそ、八丁味噌の美味さが最も輝く食べ物だと信じて疑わない

イメージ 6

八丁蔵通り、通称「八丁味噌通り」。ここで赤い豆味噌が造られるのだ。

イメージ 7

NHK連続ドラマ「純情きらり」の舞台にもなったらしい。
おやおや? 誰かの手形があるやん。

イメージ 8

宮崎あおいか〜〜〜
特にファンでもなんでもないが、一応手をおや重ねておいた(笑)



今は岡崎城下のほんの一角に過ぎないが、往時は繁栄した通りやったんだろう。
味噌といえば、主食であり兵糧であり保存食であり貨幣替わりともなる。


「伊達味噌」「政宗味噌」の逸話でも知られるように、
心得の有る名将は、味噌を大変重要視し各地で製造を奨励したのである。



これで、本日の旅の目的はほぼ達成した。
瀬戸で鰻丼が食えなかったのは痛恨の極みだが、次善の策は練ってあるのだ

イメージ 9

JR岡崎駅の近くにある、三河の鰻の名店「はせべ」本店。


夕方・夜の部の開店後すぐに行ったのだが、既に店内はほぼ満席状態。
なんとか1席空いていてそこに座れた〜〜良かった

イメージ 10

注文したのは、うな重3700円。
昼抜きなので、「ご飯大盛(+120円)でお願いしま〜す!」である。


けっこう・・・供されるのに20分くらい待ったかな。

イメージ 11

おっ? お櫃が二段重ねじゃないか・・・とりあえず蓋を取ろう。

イメージ 12

なるほど、上段には鰻が入れてあるのか。

イメージ 13

下段には、美味に定評のある三河米で炊いた白ごはんが大盛。


はせべ特製のタレは別になっていて、お好みの量を掛けれるのだ。

イメージ 14

どーーーーーーん!!

イメージ 15

めっちゃ美味い! 最高だよ三河の鰻は!! 嗚呼舌がとろける〜〜!!!


完食!!!!

イメージ 16

いや〜〜〜大満足! ちょっとタレを掛け過ぎたが(^^; ほんま美味かった♪


今夜の宿は三河安城に取ってるので、岡崎から夜道を移動〜15分ほど。

イメージ 17

チェックインして部屋で寝転がってると、いつの間にか寝入ってしまっていた






2月11日(月)建国記念の日




いつものように、ホテルの無料朝食を頂戴する。

イメージ 18

新しいホテルに、清潔綺麗な部屋と美しい受付嬢。
朝食もおにぎり・玉子焼・ソーセージに焼きそばと、文句無し



さて、帰路だが・・・


いつもなら、伊勢湾岸道→東名阪道→名阪国道→西名阪道と走るのだが、
三重県・奈良県の降水確率は40%〜50%と高い。


ところが、岐阜県・滋賀県・京都府の降水確率は20%〜30%だ。
合羽は持参しているが、やはり雨中走行は避けたいので岐阜ルートで帰ろう!



豊田ICから東名高速に上がり、快調に西走し養老SAで休憩。

イメージ 19

この先は、雪の難所「関ヶ原」だ。
万が一の雪中走行に備えて、厚焼き玉子サンドでパワーを注入しておこう!

イメージ 20

30分ほどゆっくりして、出発したのだが・・・


関ヶ原は小雪の中無事突破したのだが、彦根から西はず〜〜〜っと雨。
八幡も雨 降水確率を予想したヤツは、総懺悔せい!

イメージ 21

結局、雨と泥と融雪剤で彩雲号はドロドロになってしまった。



午後2時、大阪帰宅。
雨がやんでいたので、すぐに洗車・注油。


その後、2日間行けなかったプールに行って泳ぎ、連休終了〜



 2日間の総走行距離 539km 燃費 19.1km/ℓ
















開く コメント(8)




平成31年(皇紀2679年)、2月の10日11日とまたもや連休である。



旅に出なければなるまい!



建国記念日(紀元節)の11日は、予報ではどうも天候が崩れる様子だが、
1号機彩雲号を駆って懲りずにツーリングに行ってきた






2月10日(日)




今朝は二度寝の失敗をすることもなく、午前8時に無事出発


いつもの西名阪道から、路端に雪が残る名阪国道で伊賀盆地を走り抜け、
快調に東名阪道を北上し一気に名古屋市内へ突入〜



最初にやって来たのは、愛知県西春日井郡の豊山

イメージ 1

イチロー展示ルーム「アイ・ファイン」である!


おっと・・・「イチロー」と書くと、
もしかしたら勘違いをされる方がいらっしゃるかもしれない

イメージ 2

池田駿介さん演じる「イチロー」ではなく、
野球選手のイチロー(鈴木一朗)のことである。

読者諸兄の皆さま、そこんとこくれぐれもお間違えなきよう



この「アイ・ファイン」には、
貴重極まりないイチロー選手に関連する、ほぼ全ての品が収蔵・展示されている。

イメージ 3

イチローファンじゃない人が行かれても、充分楽しめる記念館なのだ。

イメージ 4

館内は、玄関の受付付近を除き撮影禁止。

イメージ 5

3階では、実際にイチローが使用したグローブを着け、バットも握れるぞ

イメージ 6

いや〜〜素晴らしい記念館であった。大感動である!


以前、ダルビッシュ有の記念館に行った。

松井秀喜の記念館も、行った。

稲尾和久の記念館にも、足を運んだ。

蔦監督の自宅も、訪れた。

つい先日、星野仙一記念館にも行った。



なんやかんや言うても、やはり小生は野球大好き ”野球小僧” なんやな♪



おっとっと、想定外に長い時間居座ってしまったワイ
昼食を食べる為に、急いで尾張瀬戸へ移動。

イメージ 7

今日の昼ごはんは、瀬戸の有名な鰻屋「田代」で食べる予定なのだ


・・・しかし、なんと!

バイクを停めようとした商店街の駐車場の守衛さんが、
「田代は今日休みだぞ」と教えてくれた。



大米雅! なんてこった(−−)



まあ、休みなのは仕方がない。
気持ちを切り替えて、次の訪問地日進へとバイクを走らせよう。


瀬戸から日進までの県道市道は、なぜかアチコチ大渋滞  なんでやねん
予定の倍以上の時間を掛けて、ようやく「レトロでんしゃ館」に到着。

イメージ 8

駐車駐輪無料〜♪ 入場無料〜♪ 素晴らしい

イメージ 9

館内は、傍若無人に振舞うガキンチョと叱らないバカ親でいっぱいだ。

イメージ 10

お約束の(笑)レイアウトも2つ有る。

イメージ 11

前にも書いたが、小生は路面電車と気動車と食堂車が大好きであ〜る。

イメージ 12

木の床、いいねぇ〜〜〜。独特の匂いと平坦じゃないのが、なんともたまらん。

イメージ 13

シンプルな運転席。運転士は立って操作したのかな?

イメージ 14

名古屋に住んだことが無いので、残念ながら名古屋の市電は知らない。

イメージ 15

・・・というか、京都市電も薄っすらとしか記憶が無い。

ちなみに、ふと気がついたが「連接車」もあるやん。

イメージ 16

小田急ロマンスカーも連接車体から撤退したとか・・・風前の灯やな、連接車。

イメージ 17

ん? 琴電で走ってる車両とよく似ているような・・・

イメージ 18

そして、思わぬ発見も!!!

イメージ 19

名古屋にもモノレールが有ったんや〜〜 東山公園に車両が保存されてるのか。
これは見に行かねばなるまいな〜〜。


レトロでんしゃ館からはちょっと離れているが、早速東山公園へ。

イメージ 20

有った有った(^^v でもポツンと1両・・・誰も見ていない。
貴重な「懸垂式モノレール」なのにな〜



小生は、ケーブルカーやロープウェイよりもモノレールの方が好きだ。
なんとなく「未来の乗り物」って感じがせ〜へんかな♪



さて、時間の余裕も少なくなってきた。ガソリンも少なくなってきた(^^;
最後の目的地岡崎へ向かって発進! 途中で給油もしよう。



そのまんま岡崎の八丁味噌通りに直行する筈やったのだが、
途中ふと案内看板が目に入り、左折 これが「木木寸ツー」の醍醐味(笑)

イメージ 21

寄り道したのは、徳川家の菩提寺「大樹寺」。

イメージ 22

綺麗な土塀も残っているぞ。

イメージ 23

ここには、重要文化財の多宝塔と、

イメージ 24

初代松平親氏と、それ以後の代々の松平家当主及び家康の墓が在る。

イメージ 25

初代の松平親氏って、どうも謎なんだよな〜〜(

イメージ 26

末裔の家康が「親氏は新田氏の流れを汲む」と称したが、真っ赤な嘘らしい。

イメージ 27

しかも、家康の松平家は本来松平氏の宗家(本流)では無かったとか。

イメージ 28

一番手前が初代の松平親氏、一番奥が徳川家康の墓だ。


徳川家の菩提寺という割には、境内はそんなに広くはない。

イメージ 29

本堂は無料拝観♪できる。

イメージ 30

春日局! 大原麗子を思い出すな〜〜

イメージ 31

本堂からは、大門と小門と岡崎城天守閣が一列に並んで観望出来るらしい。

イメージ 32

三代将軍徳川家光が、そう見えるように寺の改修を行ったとか。

イメージ 33

駐車場の五平餅の売店は、臨時休業〜

イメージ 34

まあこういう事情なら、やむをえまい。




続く






















開く コメント(2)

鳥取へ





『代休日』なる物が一日残っており、
2/20までに消化しないと、社の規定により消え失せてしまう。



もったいない…ということで、急遽2/7に消化した。
前日2/6の夜、急いでホテルを予約し目的地に移動するという、
やたら慌ただしい一日と相成ったのである(笑)



朝はいつものように、ホテルの無料朝食を頂戴する♪

イメージ 1

相変わらず、食べすぎ…反省。
このままではO嬢率いる ”デブファイブ” ”百貫倶楽部” に入れられてしまうぞ


灰色の空と時折の俄か雨が降る悪天候のなか、先ずは鳥取城へ。

イメージ 2

羽柴秀吉の包囲攻城で名高い鳥取城。
いや…その凄惨な籠城ぶりが、戦国時代有数の攻城戦として有名になった。

イメージ 3

入城は無料 塁々と築かれた雄大な石垣が素晴らしい。

イメージ 4

注意看板を見ると、熊も猪も出没するとある。
暖かくなれば猿も蜂も鹿も出てくるだろう。山城探訪に油断は禁物だ。

イメージ 5

ポツン…と一基の墓がある。 自刃した吉川経家の墓かな?確認はしなかった。

イメージ 6

天守台石垣からの、鳥取市街地の眺めは格別だが〜〜晴れていればなぁ

イメージ 7

雨が降ってきたのでこれ以上登ることは断念し、
城跡の山麓にある鳥取県立博物館を見学。

イメージ 8

館内は写真撮影禁止だが、常設展エリアだけは撮影可能。

イメージ 9

自然科学分野での貴重な展示物が多い。

イメージ 10

多彩で多様な動植物標本の展示は出色のものである。

イメージ 11

思わず「池の水ぜんぶ抜く!」番組を思い出してしまった、巨大な亀。

イメージ 12

マンボウもオオサンショウウオも、めちゃでかい。

イメージ 13

いや〜〜面白かった
やっぱり博物館・史料館資料館・記念館って面白いよな〜〜。


その後、定番の観光地「鳥取砂丘」にも「白兎神社」にも行かず、
近くのファミレスで昼ごはんを食べて帰阪。




開く コメント(6)



続き




室津から相生を経て少し西へ戻り、龍野西ICから山陽道に上がったのだが…
この高速走行がいきなり雪軍!!  八甲田山かっ


雪が降って降って、視界は真っ白。まさにホワイトアウトである。
これやったら下道で赤穂から日生に出て、岡山ブルーラインを走ればよかった。
(「時間優先モード」でナビの指示通り走ったのが失敗であった)


岡山ICで下りて南下 遠回りしたのう。 宇野に着いたのは、午後2時半。


しかし〜〜忘れてた! 宇高国道フェリーが営業を休止してたことを。
唯一の宇野高松航路である四国フェリーの次便は、午後3時45分出港やん…



1時間以上もボヤッと宇野で時間を潰すなんて、もったいないがな
瀬戸大橋にのって四国へ渡るべく、すぐに児島ICへGO



途中の与島PAで休憩♪

イメージ 1

さすがは瀬戸大橋やね〜! アッという間に四国、坂出や。 早い早い


結局、高松の屋島でお昼ご飯を食べる計画は、
丸亀でお昼ご飯と相成った(同じ系列の店が在るのだ

イメージ 2

そう!  天下にその美味を轟かせる、骨付鳥「一鶴」であ〜〜る!

イメージ 3

何度も行ってる「土器川店」。 午後3時をまわっていたので空いていた。


注文するのはいつも決まっている! 「おやどり」+「とりめし」である。

イメージ 4

先ず、「とりめし」が供された。

イメージ 5

相変わらず美味いね〜〜〜(^^♪  ちなみに美味いスープも付いてくる。

イメージ 6

そして、待ちに待った「おやどり」だ!  ドーーーン!

イメージ 7

見よ! このボリュームを!!

イメージ 8

脂ギトギト、ニンニク満点、香ばしい焼き具合! 骨まで愛して♬

イメージ 9

これこそ、丸亀いや香川県が生んだ不世出の美味に相違あるまい!

イメージ 10

空腹が限界に達していたので、夢中で食った。  完食!

イメージ 11

いやあ〜〜美味かった! いつもながら一鶴のおやどり、大満足の逸品である。


時計を見ると、もう午後4時前じゃないか…急いで勘定を済ませ退散。

イメージ 12

秀麗な讃岐富士「飯野山」を遠望しながら、高松道にのる。



本来の旅程計画では、屋島から美馬に出て徳島を目指す筈やったのだが、
もう時間が無い…そのまま高松道を走り、徳島入り。ホテルにチェックイン。


ホテルは、ポイントが貯まっていたので1泊500円となった

イメージ 13

着替えて街に出よう。 晩御飯を食べなきゃ



夕食で食べようと思っていた、徳島ラーメンの名店「いのたに本店」は、
なんと午後5時に閉店してしまう…当然間に合わなかったわな


しかし「捨てる神あれば拾う神あり」。
ホテルの方が、2軒の店を教えてくれたので早速その店を訪ねよう。



1軒目は、「実は地元の方が一番美味いと思っている店」らしい。

イメージ 14

世間で定着している「徳島ラーメン」というイメージからは、
少し外れている味らしいのだが、「いっぺん食べて!ほんま美味いから!」と。


場所は、JR徳島駅の側の飲み屋街?か。

イメージ 15

店名も掲げてなく、地味な外観なので最初わからなくて探したがな〜〜〜
店の名前は「堂の浦ラーメン」というらしい。


店内はカウンター席のみ。 
何を注文したらいいかわからないので、メニューの最初に載ってるラーメンをば。

イメージ 16

鯛の塩ラーメン(並)  うわっ、これめっちゃ美味いやん!!


二軒目は、徳島ラーメンといえば観光客がみんな訪ねる「麺王」。

イメージ 17

周辺に何軒か別のラーメン屋さんが在ったのだが…「麺王」に入店。
入口の外で食券をあらかじめ買うというシステムやった。

イメージ 18

注文したのはチャーシューメン。 うん、徳島ラーメンの王道の味やね。


NHK朝ドラではないが、ラーメンで満腹となり歩いてホテルへ戻ろうと…

イメージ 19

おや? 午後8時を過ぎているのに、阿波おどり会館灯りがまだ点いてるやん。


行ってみると、午後9時まで営業とか。
眉山へのロープウェーも午後9時まで運行しているぞ。

イメージ 20

往復切符を買って、乗ってしもたがな〜〜(笑)

イメージ 21

2台で1組。後ろの赤いのに乗った方が、夜景が綺麗に見えるやろ。

イメージ 22

たった一人(^^; 眉山の山上へロープウェーで上がって行く。

イメージ 23

山上駅に到着。 めっちゃ寒いがな〜〜体も心も

イメージ 24

展望台には、得体の知れぬ七色に輝く物体が!?

イメージ 25

その横には、永遠の愛を誓った二人が掛けた鍵が…
もちろん「オオクマネコ〜オオクマネコ〜」と呪文を唱えたのはいうまでもない。

イメージ 26

徳島市街の夜景は素晴らしい〜遠くに見える光は、和歌山かな?

イメージ 27

展望台に行くと、高校生くらいの若いカップルがイチャイチャしていた

イメージ 28

お邪魔虫は退散するよ〜〜と、さっさと退散しロープウェーに乗って下山。

イメージ 29

ホテルに戻って、風呂入って就寝




1月27日(日)




例によって、ホテルの無料朝食を頂く。

イメージ 30

午前7時、ホテルを出発。 10分で着く徳島港フェリーターミナルへ。

イメージ 31

8:00発の南海フェリーに乗り、

イメージ 32

和歌山港からそのまま一気に大阪へ帰還。


午睡して夕方からプールに行き、1000mだけ泳いで終了




◎    2日間の総走行距離 499km  燃費 20.2km/ℓ










開く コメント(12)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事