全体表示

[ リスト ]

東海道新幹線の車窓から富士川を渡る時に
富士山を背景として目に入る10連のアーチ橋(全長1040m、スパン102m)について調べました。

名称を「富士川水管橋」と呼びます。

「水管橋」の名の通り、富士地域の製紙企業に水を供給する橋
水が鉄管内(一本あたり直径2.2m)を流れています。
昭和46年供給開始
工業用の水は、西から東(左から右)に流れています。
イメージ 1

「富士川水管橋」を建設した目的は?

富士地域は紙を製造するには(製紙企業)が多く、多くの水を必要とする
その水の大半を地下水に頼っていた
その結果、過剰な汲み上げにより、地下水位が著しく低下し塩水混入が激しくなった。
その対応のために建設された。
 「地下水の保全を目的とした」

水は何処から?

日本軽金属㈱ 蒲原製造所の自家水力発電に使われたあとの水

イメージ 2

イメージ 4

JR東海道線本線の新蒲原駅と富士川駅の山側の車窓から見える
4本の鉄管路は、日本軽金属㈱ 蒲原製造所 富士川第二発電所

富士川から水を引き込み日本軽金㈱蒲原工場群を動かす電力の大部分は
自家用水力発電所により供給されているそうです。

発電に使われたあとの水は放水路を流れて
駿河湾に流れ込みますが、途中 静岡県企業局の工業用水場で一部、汲み上げられ
静岡市清水地域、富士地域などの工場へ工業用水として送られ、再び利用されている

イメージ 3

約77mの落差を利用しタービン水車に向けて流し込み水車を回転させ発電している。

イメージ 5

奥側に自家発電施設があり、手前に水が流れ駿河湾へ途中の施設が静岡県企業局の取水口です。




 








この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

2枚目も最高ですね。最近富士山を撮りに
行かなく成りましたが・お見事ですー・ぽち

2012/3/5(月) 午後 10:38 eigekaii 返信する

顔アイコン

ぎいさん、訪問&ポチありがとうございます。

褒めて頂き、大変嬉しい思いです!

富士山も、最近は山頂に雪が増え美しくなりました。

2012/3/5(月) 午後 11:30 ゴンタカ 返信する

顔アイコン

私達のすぐ近くです。
間近かすぎて軽金の発電所水路の高さなど考えたこともありませんでした。お調べいただきありがとうございます。
富士川での写真も良く知っているところ、こういう写真が載るとうれしいですね。

2012/3/6(火) 午後 2:43 [ S型デイサービスふきあげ ] 返信する

顔アイコン

S型デイサービスふきあげさん、訪問ありがとうございます。
「軽金の発電所水路」と呼ばれているんですね!
親しみがある呼び方、勉強になります。

2012/3/6(火) 午後 8:48 ゴンタカ 返信する

顔アイコン

こんにちは。

あの水力発電の水は、一部再利用されていたのですね。
蒲原の発電用水路の水と富士川の水路が繋がっていたなんて、意外でした。

2012/3/7(水) 午後 0:33 haru 返信する

顔アイコン

追伸

新幹線の写ってる富士山の写真、雲の形が素敵です。
ポチ☆

2012/3/7(水) 午後 0:34 haru 返信する

顔アイコン

先日、三島の楽寿園というところで、昔は湧き水で満水だった池が、今はめったに満水にならないと聞きました。
それも工業用水としての地下水の汲み上げが原因だろうという話でした。
自然と工業の共生は難しいですね。
ポチ

2012/3/7(水) 午後 6:43 Komoyo Mikomoti 返信する

顔アイコン

haruさま コメント&ポチありがとうございます。

写真を褒められて嬉しいです (*^_^*)
蒲原の発電用水路と富士川の水路が繋がっているとは、
私も調べる前までは意外でした

また、蒲原の発電用放水路出口付近(海)では、釣り人たちにとっては
絶好の釣り場なんですよ!
春にはアユが集まり晩秋になってくだり、多くの魚が集まります。

2012/3/7(水) 午後 9:15 ゴンタカ 返信する

顔アイコン

こもよみこもちさま 訪問&ポチありがとうございます。

「 自然と工業の共生は難しいですね。」共感できます。

私も「水の都 三島」と呼ばれていた時代もあったと聞かされました。
高度成長期に数多くの工場が進出し多量の地下水が汲み上げられ
楽寿園の小浜池が初めて完全に枯渇し、三島市は生活水にも事欠く事態であったと!

2012/3/7(水) 午後 9:37 ゴンタカ 返信する

顔アイコン

あー、済みません誤解を抱くような中途半端な言い方をしてしまいましたので訂正させていただきます。
水路の呼び名についてです。

発電所以降の海までの水路を地域の人は「放水路」、発電所までの部分は「鉄管路」と呼んでいます。

追伸:放水路から取水した工業用水は富士川西側にある静岡県企業局の設備に送られ、ここで浄化されたのち、富士地区の工業用水として、そして清水地区(現静岡市)への工業用水として東西に送水されています。

2012/3/7(水) 午後 10:09 [ S型デイサービスふきあげ ] 返信する

顔アイコン

S型デイサービスふきあげ様

「鉄管路」は、JR東海道線や県道など交通路の下を通っている4本の鉄管(パイプ)のことを差し「放水路」は川のように流れている 部分を言うんですね(*^_^*)
ご親切に説明ありがとうございました。

2012/3/7(水) 午後 10:53 ゴンタカ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事