信楽の宿・手づくり森の宿いろり〜な/陶芸の里・信楽で・・・

信楽高原鉄道・紫香楽宮跡駅から400mの森の中に建っています。

開業までの道のり

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
つ、ついにっ・・・・
や、やっと・・・・
苦節何年!?のことでようやく、
営業許可をゲットすることができましたーっ!!!
な、長かった・・・・
実に長〜い道のりでした。
 
保健所の立ち入り検査前日、
改めて書類を見直してみては、
あれもアカンのちゃうか!?
これも認められへんのちゃうか!?
と 自ら不安を煽り立て、
当日の朝は緊張で胸がいっぱい・・・・
そして、
ひきつっていたであろう笑顔で保健所の二人を迎えたのですが、
これまた消防に引き続き予想外に潤滑に済み、
え??もういいんですか???という感じ。
「 2、3日後に営業許可書が発行されますので、
  また出来次第連絡します。」
・・・・え??
なんですとっ??
そ、そんなに早くにいただいてよろしいんですか??!!
やっほ〜!!
小躍りしたい気持ちを抑え、
余計なことに気付いてもらってはアカンので、
お茶の一杯もなく早々に帰っていただきました。
すんませんねえ・・・・
 
お言葉どおり、
三日後に連絡が入ったので、
上の許可書をいただきにあがりました。
万歳〜!!
これで、
堂々と営業ができるで〜っ!!
これまで応援してきてくださった皆様、
ほんまにおかげさまでございます。
ありがとうございましたっ!
ということで・・・・・
全国のお客様〜っ!
ウェルカム〜ッ!!!
 
★お電話によるご予約をお待ちしております。
     090−5647−8697
            宮田まで
 
イメージ 2
 
ところどころが中途半端な状態の いろり〜なですが、
和室の裸電球にええ味わいの照明傘が設置されました。
仏像の修復工房に勤めるTちゃんが、
休日の日にわざわざ来て作ってくれたんですわ〜
ありがたいこっちゃ。
よう見ると小さな細工がしてあって、
何気なく見るのはもったいない。
和室に泊まるお客さんには、
じっくりとそのあたりを見ていただきとうございます〜
 
イメージ 3
 
さらに、
3回目の泊り込み手伝いに来てくれたHちゃんが、
ペットボトル湯たんぽ用の袋を10個も縫ってくれました。
鉄五郎でどんどん沸くお湯を、
お客様の快適な眠りに生かします。
ペットボトルって優れものですなあ〜
このサイズより小さくてもポカポカ十分快適でしたわ。
皆様もお試しあれ〜
 
 
手づくり森の宿いろり〜なhttp://foodpia.geocities.jp/gontian7/

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
昨日の曇天、
ぱらぱらぱらっ と軽快な音とともに、
あられが降ったり止んだり。
 
イメージ 2
 
そして今朝。
冷え込むなあと思って外に薪を取りに出たら、
そこいらじゅう霜柱だらけ・・・・
 
・・・・さっぶ〜!
 
凍てつく信楽の森の中にある いろり〜なでは、
カラマツ鉄五郎が大活躍。
ホッと心和むあたたかさだけでなく、
洗濯物はすぐに乾くし、
煮炊きはもちろんのこと、
先日は炒め物もできましたな。
さらに、
鉄五郎付近でパンを発酵させた後、
薪を奥に寄せて手前で焼いてみました。
 
イメージ 3
 
できあがりは こんな感じ。
 
イメージ 4
 
ほったらかしでちょっと変な具合やった二次発酵のせいか、
焼き具合は中が予想以上にしっとりもっちり。
まあ、悪くはないかもしれないけれど、
わたしの好みではござんせん。
 
鉄五郎による調理は、
火加減の状態のタイミングをどう合わせるかが課題。
お風呂の湯を鉄五郎で・・・というのはちょっと難しそうで〜す。
残念!
 
手づくり森の宿いろり〜なhttp://foodpia.geocities.jp/gontian7/

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

昨日 板金屋Hさんの仕事が空いて、
薪ストーブの設置をしてもらえることになりました。
 
イメージ 2
 
その朝一番、
ポストを覗くと茶色い封筒が。
見ると、
なんと!滋賀県薬剤師会からではないかっ!?
いつもは3週間くらい経たないと届かぬ水質検査の結果が、
今回は”急いでいる”と急かしたせいか、
1週間そこいら、しかも速達で届いたんですわ〜
(毎回急かせばよかった・・・・)
 
どきどき・・・・
金気は?雑菌は?P.H.値は???
 
・・・・・・や、やった〜!!
つ、つ、つ、ついに、クリアや〜!
万歳〜っ!!
その場に居たHさんも共に喜んでくれました。
よっしゃーっ!!
やっと保健所に営業許可申請書を提出やーっ!!!
 
イメージ 1
 
そして、
薪ストーブに火入れ。
大丸家具のYさんがおっしゃっていたように、
火が入ると”別物”に。
カラマツストーブが顔っぽい形のせいもあってか、
なんだか生命が宿ったかのような印象。
この鉄の塊りに名前を付けたくなりましたな。
う〜む・・・・
カラマツ鉄子?
カラマツ鉄五郎?
ロボットっぽい感じで イロリーナ?
商品名が”森のヴィーナス”なんで女性か・・・・
鉄の女、っちゅうことで サッチャー?
まだ決めかねてますねん。
 
イメージ 3
 
初点火の印象。
 
宣伝通りの着火の早さでした。
ゴーッと勢いよく燃え、
みるみる部屋があったまっていきます。
燃焼効率に関してはまだナンとも言えません。
塗料の煙が出るので窓を全開にしていましたが、
吹き抜け二階部分とストーブ周辺はあったか〜い。
一台で全館暖房、というのは大げさではなかったようでホッ・・・
この冬は鉄子(仮名)を囲んで、
ぽかぽか心和むひとときを、
お客さんに過ごしてもらえそうですわ〜
極寒の地・信楽で、
薪ストーブに当たってのんびりしませんか〜
鉄子(仮名)と共にお待ちしております〜
 
信楽の宿・手づくり森の宿いろり〜なhttp://foodpia.geocities.jp/gontian7/

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

昨日、
恐れていた消防署の点検の日でありました。
 
あんなこと言われたらどうないしょ・・・
こんな突っ込みされたら、
こう言うてかわさなアカンな・・・
ごく自然に言える様に練習しとこ。
ぶつぶつぶつ・・・
ああ〜再点検とかになったら嫌やなあ・・・
 
どきどき
どきどき
 
ところがっ!
私の心配は全くの杞憂。
さっぱりサバサバした感じの消防隊員お二人は、
礼儀正しく愛想もよく、
全くの消防的観点のみによる点検をしてくださり、
あっという間に終了したんですわ〜
 
す、すばらしいっ!
さすが、消防隊員は庶民の味方!
命を張って我ら市民のために働いているような方々は、
細かいことをネチネチといじくりまわすようなことをしないのだっ!
あっぱれなりっ!
 
「特に問題はありませんので、
 1週間後くらいには書類ができると思います。」
ということで、
開業に向けて一歩前進。
その書類を添付して保健所に提出することになっています。
緊張が解けてホッと安心とともに、
ぬあ〜んにもしてへんのに一仕事終えた!みたいなモードになりましたな。
やれやれ・・・
 
イメージ 1イメージ 2
 
またもやっ・・・・
 
防獣ライトの効果が続いておったのに、
ふと畑を見ると、
大根とえんどう豆とネギがやられているのに気づきました。
畑の中は鹿の足跡でいっぱい。
寒い中にょろにょろと伸び成長していたエンドウは、
うまいこと支柱を一本も倒さずにきれ〜いに食べてられていましたな。
あんな密集した支柱を器用によけるんやねえ・・・
とほほ・・・
電池の威力が減ったのかなあ〜
もう慣れてしまったんかなあ〜
まだ効果があるのかどうか分かりませんが、
とりあえず電池を新しいのに交換しました。
もっとしっかりした柵を作らなあきませんな。
もう少し手が回復したら作るぞ〜
 
信楽の宿・手づくり森の宿いろり〜なhttp://foodpia.geocities.jp/gontian7/

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
秋がますます深まってまいりました。
ほんの微風でも、
たくさんの落ち葉が舞い散るように・・・・
駅から宿に向かう道もすっかり晩秋の装い。
色とりどりの落ち葉が折り重なり、
かさかさ ぱりぱり 
見た目にも聞き耳(こんな言葉あったっけ?)にも楽しい400mであります。
冬はすぐそこまで来ております。
 
イメージ 2
 
冬直前に、
薪ストーブがやって参りました。
 
・一台で全館暖房できる。
・ストーブの上で調理できる。
 
・・・・くらいの条件で探しておりました。
外国製(中国製は除く)の薪ストーブがいい!という人が多いのですが、
なにせ、高いっ!
友人・知人にいただいた情報を参考にした結果、
長野県産のカラマツストーブに決定。
炎が見える窓部分がもうちょっと大きかったら言うことないんやけれど、
その他の条件がばっちりなので気にすまいよ。
カラマツストーブの売りは・・・・
 
・針葉樹でも問題なく燃やせる。
・着火がものすごく早い。
・灰取り掃除は使用期間中1回程度で済む。
・煙突掃除も然り。
・ストーブの上でも下でも調理可能。
・燃費がよい。
 
針葉樹をたくさん燃やすとものすごい高温になるらしい・・・・
普通に燃やしておってもストーブ上は高温で、
お湯なんぞドンドンガンガン沸くそうな。
おおおぉぉ〜すばらしいっ!
冬はガス知らずなんちゃうん??
大鍋でお湯をドンドンガンガン沸かしまくって、
湯たんぽはもちろんのこと、
湯船の湯もいけるんちゃうん??
煮込み料理のみならず、
炒め物や焼きものも可能っちゅう優れもの。
楽しみですわ〜
しかし、
ほんまにすばらしいものなのかどうか、
使ってみんことにはまだ分かりません。
どうか、
ほんまにすばらしいものでありますように・・・・
 
ところで、
写真のストーブ・森のヴィーナス。
長野県の大丸家具というお店が、
今日の午後に直接届けてくれたんですわ〜
5、6時間もかけて・・・・
ひょえ〜!!
使い方や設置についての説明を丁寧に教えてくださり、
どこにも引けを取らない自慢のストーブなのだ!ということが強く伝わってきましたな。
 
「 いやあ!このストーブはこの宿にぴったりだ!
  いろりの役目を果たすのでこのストーブを選んだんですね?!
  このストーブで料理を作り、
  その周りをお客さんが囲む。
  まさに、いろりですよっ!!」
 
な、なるほど・・・・
この薪ストーブがいろり・・・・
 
命名当時、
宿には囲炉裏がある予定やったから”いろり〜な”。
しかし今、
囲炉裏がないのに”いろり〜な”。
 
しょぼ〜い囲炉裏もどきみたいなんでも置かなアカンかなあ・・・と気が重かったけれど、
大丸家具のYさん、
なんとすばらしい発想やんかいさ〜!!
 
うちの宿には囲炉裏があるんです〜
だから、
いろり〜な なんです〜
 
大丸家具さん、
ありがとうございました。
 
信楽の宿・手づくり森の宿いろり〜なhttp://foodpia.geocities.jp/gontian7/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事