Joe.H のバイオマス・ECO活動

最新バイオマス・ガス化/オイル発電等再生可能エネルギ‐設備・最新技術情報の紹介と実践報告です!

全体表示

[ リスト ]

28年度の春も近づいています。
高収量バイオマス用エネルギー作物として何回か本Blogで紹介しているジャイアント・ミスカンサス(巨大ススキ)です。例えば、下記を参照下さい。

今回はその苗の植え付けシーズンの到来の話題です

そこで、昨年、組織培養(Tissue Culture) 幼苗をテスト輸入し( http://blogs.yahoo.co.jp/hirai476/20050196.html ) 、その販売残を我が家で鉢で育苗していました。
今年は生育2年目、最早鉢栽培では生育上無理なので、畑に植えつけました。
今回は、その紹介記事です。

先ず下記は、植える直前の鉢植えのジャイアント・ミスカンサスの写真です。
地上部は完全に枯れて、ほぼ完全な乾燥状態です。

イメージ 1

上記も昨年の秋は、下記の写真の様に濃いグリーンでした。

イメージ 2

下記の写真は、鉢から根を抜いた状況です。
鉢は15cm位のプラ鉢に植えていたものです。地上部は枯れていますし、春の新芽には邪魔ですので、刈り取ります。

この地上部(茎)が、フルに成長すれば3−5m迄も成長し、バイオマス燃料に利用されます。
現状は、幼苗の最初の年の成長分ですので、50-70㎝程度です。

イメージ 5

地上部を刈り取り、鉢の中身の写真です。
既に、本年生長する新芽の根茎(Rhizome)が沢山出来ています。
土(ピートモス)を除去すれば、1株当たりの新芽(根茎)が確認できるのですが、未確認です。
恐らく10芽程度はあると思います。春に芽が出てきますので、その時に本数で確認できると思います。

通常は根茎を分解して芽(根茎)を欠いて分ければ、1鉢は10-20株程度に増え、繁殖出来ますが、逆に、根に蓄えられた栄養分が分割され、本年の成長は限られてきます。

ここでは、そのまま植えますので、株数は増えませんが、大きく成長し、多数(20-30)の地上茎が成長すると思います。
茎数は、年々増加する筈です。今回は、やや密に50cm四方に1株植えましたので、3年もすれば、株間の隙間はなくなるほど密集すると予想しています

イメージ 3

下記がその根芽(Rhizome) の参考写真です。
通常の繁殖法は、この根茎を1−2根茎に分割して行いますが、国内での繁殖限定です。一度に大量に植える場合は、無菌の組織培養法による苗が適しています。根茎は、土や害虫の付着の可能性もあり、植物検疫で輸入はできません。国内での移動、繁殖法に限定されます。

イメージ 6



地上部の茎(葉)は、完全に枯れていますので、良く燃えます。
大量に生産できれば、機械で刈り取り、ペレット等に加工すれば、良いガス化原料、ボイラー、ストーブ燃料等に使え、木材チップの再生可能代替燃料としても使えます
尚、自然に生育しているススキは、場所によっては今頃野焼きをする場合もあります。主に良い新芽を出す為です。バイオマス燃料の場合は、野焼きではなく、一旦刈り取り、そしてバイオマス・エネルギーとして利用をすることになります。

イメージ 4

今回、畑への植え付けでは、50cmx50cm当たり1株を植えつけました(4株/m2)。
ジャイアント・ミスカンサスは、1m当たり2−4株程度が標準ですので、やや密集栽培となります。

3月始め畑に植えた状態の写真が下記です。

いずれ1ヶ月もすれば。青い芽が芽吹くと思います。 
尚、写真の白いものは、近くの我が家の散った梅の花びらです。もう散り始めています。

イメージ 7


追加@4月6日)
桜も満開、いよいよ春本番の季節です。
下記の写真の様に、植栽後、1ヶ月を経てジャイアント・ミスカンサスも新芽が沢山出てきました。

イメージ 8

イメージ 9

追加@4月20日)
大分生長してきました。
茎数は15−30本出ています。成長と同時に、更に新茎も出てくると思います。

イメージ 10

イメージ 11

追加@5月13日)
更に生長中です。

イメージ 12

イメージ 13

追加@5月30日)
更に生長中です。前回の写真(5月13日)から、まだ2週間一寸ですが、培以上に成長中です。

イメージ 14

イメージ 15
追加@7月10日
更に、成長しています。
既に、刃先は2m前後に成長し続けてます。

イメージ 16

追加@8月7日
更に、成長しています。
既に、刃先は2m30-50cm程度とジャイアントに成長し続けてます。

イメージ 17

イメージ 18

今回は、エネルギ-作物として、特にガス化、或いはボイラー/ストーブ燃料として最有望なジャイアント・ミスカンサスの植え付け時とその後の成長記録の紹介でした

尚、下記に紹介の様に、現在無菌、無害虫の組織培養の幼苗の注文・購入時期です。

本年も3月末頃には、本年度の既に新規注文済分の組織培養(Tissue Culture)幼苗が輸入される予定でいます。

興味があれば、早期に申し出ください。追加注文します。
購入単位は1000株単位で、2000株以上です。
輸入販売価格は、2000株なら150円/株程度ですが、注文株数により、価格は低下します。
詳しくは、上記Blogを参照下さい。

注文は何時でも可能ですが、成長期は春から秋までですので、なるべく早期に入手しないと、輸入年度の1年目の成長期間が短く、從って、その年の成長度合いが少なくなります

以下、成長の記録(平成28年10月以降)は、写真数の制限もあり、引き続き下記をご覧ください。


では、また。。。
Joe.H

追伸)
 上記Blog記事は、一般公開情報です。
 何かご質問、ご要望、及びご意見等の具体的な相談のある方は、必ずご本人氏名、連絡先電話番号等を添えて、下記メール・アドレス宛へ、PCメールを使い直接ご連絡下さい。
携帯メールの場合、PCメール受信拒否も多々あります。従って、必ず携帯,又は固定電話番号を必ず添えご連絡下さい。
非公開情報など内容によっては、お答えできない場合や条件付となりますが、 可能な限り対応させて頂きますので。。。。
以上       

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事