Joe.H のバイオマス・ECO活動

最新バイオマス・ガス化/オイル発電等再生可能エネルギ‐設備・最新技術情報の紹介と実践報告です!

全体表示

[ リスト ]

 高収量バイオマス・エネルギ-作物:ジャイアント・ミスカンサス、組織培養幼苗を輸入後3年目の生育状況の継続報告です。

いよいよ栽培開始して3年目の春の情況からの紹介です。

昨年平成28年度2年目の畑に移植後でも生育情況は下記となり、その継続版です。

平成27年度の組織培養苗の購入時、及び最初のポットでの生育状況のBlog記事も下記にあります。

2年目の平成29年3月迄の情況は下記を参照下さい。2年目最後の刈り取り後迄が紹介されています。

新芽が大幅に増えていると同時に、50cmx50cmの株間が詰まってきています。通常は、60〜80cm四方に1株程度の植え付けとなります。尚、本年末には、株間の空間はほぼなくなると思われます。

尚、元もとは、海外東欧から、組織培養の子苗を平成27年5月に輸入し、ポットで約1ヶ月育苗したものです。
下記は平成27年6月30日のものです。


イメージ 3

これが、本年3年目の平成29年4月19日、下記の様に大株、多数の成長芽株に成長した状況です。

昨年成長し枯れ落ちたジャイアントミスカンサスの葉部は冬季に枯れ風などで、写真の様にその場所に落ち残り、本年の新芽の保護と肥量になります。
従って、バイオマス材料・資源は主に軸部を刈り取り使います。

イメージ 1

イメージ 2

追加)平成29年5月18日
前回の写真から、丁度1ヶ月経過後の5月18日の生育状況です。
順調に成長し、この1ヶ月の成長で現在1.5m程度です。無肥料でも、昨年の栄養を自地下茎・根に蓄えてあり、これらを使い再度充分成長します。

イメージ 4

イメージ 6

下記は、同じものですが、大型プラ・ポットに植えてあるものです。

イメージ 5


追加)平成29年7月5日
前回の写真から、丁度1.5ヶ月j弱経過後の本日7月5日の生育状況です。
順調に成長しています。株と株の隙間はもう殆どありません。

イメージ 7

イメージ 8

追加)平成29年9月2日
前回の写真から、丁度2ヶ月j弱経過後の本日9月2日の生育状況です。
順調に成長しています。既にススキの穂が内部に出来ています。何れ出てくると思います。尚、手前は赤シソです。

イメージ 9

イメージ 10


 今後も、適宜、3年目の成長記録を掲載します
尚、ガス化・ボイラー用等のバイオマス燃料として、そしてエネルギー作物として最有望なジャイアント・ミスカンサスは、日本でも耕作放棄地等に作付けすれば、放棄地対策とともに、CO2削減効果も多いに期待できます。
その他の用途として、家畜の敷藁、エタノール製造用にも使われています。

欧米を中心に、ジャイアント・ミスカンサスは作付面積は増えています。
下記はYouTubeの動画ですが、刈取・収穫だけでなく、繁殖・植栽法、利用法等多方面の記事が沢山あります。

では、また。。。。
Joe.H

追伸)
 上記Blog記事は、一般公開情報です。
 何かご質問、ご要望、及びご意見等の具体的な相談のある方は、必ずご本人氏名、連絡先電話番号等を添えて、下記メール・アドレス宛へ、PCメールを使い直接ご連絡下さい。
携帯メールの場合、PCメール受信拒否も多々あります。従って、必ず携帯,又は固定電話番号を必ず添えてご連絡下さい。
メールならhirai476@yahoo.co.jp 、H.P.経由ならhttp://www.biofuels-llc.com/ の『お問い合わせフォームよりお願いします。 
非公開情報など内容によっては、お答えできない場合や条件付となりますが、 可能な限り対応させて頂きますので。。。。
以上

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事