ただいま休日を家の近くのカフェで過ごしております。

カ・フェでございます。丸を間に打ってしまうほどのカフェっぷりであります。

ブラックコーヒーを喉に流し込んで、苦顔をしております。

苦・顔でございます。丸を間に打ってしまうほど苦いです。美味であります。

家に帰ったら録画していたニコラス・ケイジの映画を観たいと思っております。

丸を間に打たないといけない日本語表記であります。

 

 さてもさても。

 

昨日、初めての2回公演、「笑う蛍」終演しました。

 

まず先んじて感謝陳謝の大花火を打ち上げさせていただきたいと思います。

 

ご来場くださったお客様ありがとうございました!

ご来場くださった後輩、同期、先輩芸人の皆さんありがとうございました!

ご協力してくださった作家さん、制作さん、社員さん、音響さん、照明さん、映像さん、進行さん、舞台監督さんありがとうござました!

 

お客様からお花をいただいたり、差し入れをいただいたり、お手紙をいただいたり、嬉しいお言葉をいただいたりと本当にありがとうございました!

 

さらにさらに、お客様にはこの舞台を完成させるための重要な部分を担っていただき、つまり負担をかけさせてしまい申し訳ありません。ご協力くださってありがとうございました!

 

これだけたくさんの「ありがとうございました」を連発しても、何ら色あせることのなく、味も薄まることもない感謝の言葉「ありがとうございました」

 

さらにずっしりと想いを込めた黄金の感謝を。

ゴールドありがとうございました!

 

SNSなどで感想などをつぶやいていただけると嬉しいです。

#男性ブランコや#負担で是非よろしくお願いします。

 
 

今回の「笑う蛍」で使用させていただいた楽曲のセットリストを一覧にさせていただきます。ぜひこれらの至上のミュージックを聴いて、少しでも「笑う蛍」を思い出していただければ幸いであります。

 
 

「笑う蛍」セットリスト

 

◆お客様が席を探し、席に座り一息入れている際に会場に流れていたミュージック

The Long RoadPassenger

The Wrong DirectionPassenger

Restless WindPassenger

All The Little LightsPassenger

 

◆開演直前

ShelterPorter Robinson

 

◆オープニングミュージック

AnywherePassenger

 
2幕と3幕の間ミュージック

toward morningin the blue shirt

 

3幕と4幕の間ミュージック

Everyday affairin the blue shirt

 

4幕と5幕の間ミュージック

Stevenson Screenin the blue shirt

 

5幕劇団ペンチペーメ「パンチはチャンス、チャンスはパンチ」開演前ミュージック

『スラヴ舞曲 作品72–2』

 

5幕と6幕の間ミュージック

Cluster Ain the blue shirt

 

6幕と7幕の間ミュージック

『27』Passenger

 

7幕途中から8幕じいちゃん頭キーンミュージック

Sad MachinePorter Robinson

 

8幕と9幕の間ミュージック

Random Walkin the blue shirt

 

9幕の中のミュージック

『夜明けと蛍』ナブナ

 

9幕のキリギリスの声

『キリギリスウ〜』アイロンヘッド辻井

『キリギリスですう〜』アイロンヘッド辻井

 

9幕皆さまによる笑う蛍ミュージック

『夜明けと蛍』off vocal

 

9幕ラストミュージック

Simple SongPassenger

 

10幕ラストミュージック

AnywherePassenger

 
 

こんな具合でございます!

全てとても素敵な楽曲です!耳ちぎれるぐらい聴きました。これからも耳の中のうずまき管が逆まきになるまで聴くことでしょう。

 

そしてお気付きの方もいらっしゃったかもしれませんが、キリギリスの声はアイロンヘッド辻井さんの声を使用させていただきました。

辻井さんにお願いをして録音した瞬間に、これで「笑う蛍」が完成したと悟りました。ほんまもんキリギリスに負けないキリギリス声ありがとうございました。

 

男性ブランコSolo Live Swing1「笑う蛍」はたくさんの方々に支えられて無事終えることができました。

ありがとうございました。

 
 

何と何と。

次の単独ライブが決まっております。

 

男性ブランコSolo Live Swing#2「よるの木(仮)」

2018330日(金)〜4月1日(日)

 

であります。まだタイトルは仮です。

会場は決定してます。

アーツ千代田3331さんのギャラリーBです。

とってもオシャレリングな美術館の中の一室をお借りして単独ライブをさせていただきます。お楽しみに願います。

詳細は男性ブランコSolo Live Twitterアカウント@DanBlaLiveにて徐々に発表したいと思います。

 

是非ともこちらもよろしくお願いします!

今後とも男性ブランコをよろしくお願いします!



イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4


この記事に

開く コメント(2)

男性ブランコSolo Live Swing1『笑う蛍』

 

 今月の1119日に、吉本の劇場神保町花月という素敵な場所で、男性ブランコSolo Live Swing1『笑う蛍』上演致します。13:30開演と16:00開演の二回公演であります。

 プロジェクト名をSolo Live Swing と銘打ちました。少々ローマ字が踊り狂ってはいますが、平たく言えば単独ライブです。とっても楽しい嬉しい大好き単独ライブです。

 

 大阪で活動している時や東京で初めて男性ブランコだけでライブをした時も「単独ライブ」という名前を使っていました。東京の方に教えてもらったのですが、単独ライブという名前は、お笑いをあまり知らない人には耳馴染みがないという指摘を受け、アドバイスをいただき、Solo Live Swingという名称にしました。

 あと、カッコいいかなという至極単純な理由もついてきてます。時々カッコいいかなという理由が前に出たりもします。独走状態になったりもします。

 Swingのところ全然いじってもらって構いませんからね!いじってください!

 

 しかしながらのしかしながら、結局のところSolo Live SwingSolo Live Swingで、このローマ字ダンシングな字面から、「一体全体何すんの?」「不透明なんですけど!」「何?ソロ?ハン・ソロのこと?スターウォーズの?」などなど、結局のところな質問を受けます。

 

 なので軽くジャブ的な説明を。

 

冒頭でスルリンッと言っちゃってますが、単独ライブです。そうです、単独ライブなのです!

 そうです!単独ライブという響きは、お笑いをあまり知らない人は耳馴染みないんでした!本末が転倒し倒してすいません!

 

 それではマルリンッと言葉で言います。

 

 単独ライブというのは、男性ブランコ二人でするライブのことであります!コントをします!自分たちが楽しいと思う、そしてお客さんに楽しんでもらえると思っていただけるコントをするのです。それが単独ライブ、Solo Liveなのであります!

 

 さらに言うなれば我々がこれからどしどしとやっていこうと考えているSolo Live Swingでは、普段、劇場ではできないような長い時間のコントを披露します!濃密な純度の高い完熟な美味なコントです!(基本的に我々お笑い芸人のネタ時間は3分から長くて5分なのです。テレビではもっと短いネタ時間を必要とされたりもします。執拗に特技をやらされます。特技がない自分にはキンキンに耳が痛い話です。)

 

 僕は単独ライブが好きです。もちろん観るのも好きです。

単独ライブ、Solo Liveの好きなところはその芸人の特徴、やりたいこと、今熱心にやろうとしていること、どんな芸人になりたいか等、芸人のその先を垣間見ることができます。肌で感じることができます。

 

 僕は、今までどんな偉業を成し遂げたか、何をしてきたかなどの話には、感心した表情と小気味の良い相槌しかプレゼントできません。

 でも、これから何をしたいか、どうなりたいか、それを実現するためにはどうすればいいか、という灼熱激熱白熱な将来の話をされたら、目をひん剥き、口から涎ダクダクで鼻穴ラージにして耳絨毯にして話を聞くことでしょう。耳絨毯はわかりづらいと思うのでやめておけばよかったです。

 

つまりのつまり

 

ワクワクするのです。悟空よろしくワクワクするからです。

ワクワクは生きる糧であります。ワクワクさんには戻って来てほしいであります。

 
 

 結局告知にはなってしまい恐縮なのですが、今回の男性ブランコSolo Live Swing1『笑う蛍』は、僕たちの普段のネタを見たことない人も、そもそも男性ブランコを知らない人も楽しめる内容になっております!ですのでお友達の中でお笑いに興味ない人にでも胸を張ってお勧めしてほしいです。

 
 
 
 

どうですか〜?

ググッと来たくなったでしょう?

来たくなってないですか?

 
 
 

諦めませんよ!

ウェブ上では文字数無制限宇宙なので、どしどし来たくなる情報出しますよ〜。

ブログを閉じるという反則技だけは禁止でお願いします!

 
 

なんと!

 
 
 
 
 

素敵なグッズも販売されます!

詳細は後日発表させていただきます。

 
 

グリングリンと来たくなったでしょう?

来たくなってないですか?

 

もう

 

こうなったら、

 

最終手段です!

 

くらえ!

 
 

来たくなって!!

 

来たくなって!!

 

来たくなって!!

 

ねえ!来たくなって!!

 

来たくなってよ!

 

ねえ!ねえ!ねえ!

 

来たくなって!!

 

来たくなってって!

 

来たくなって!

 

来たくなって!

来たくなって!

 

来たくなってー!!

 
 
 
 
 
 
 

どうです?

脳みそに削り入れるという作戦に打って出ました。

この作戦が功を奏しますように!

 
 
 
 

最後になりましたが。

 

 東京には様々なエンターテイメントが溢れてます。そんなエンターテイメントジャングルの中で、もうすでに僕らのSolo Liveのチケットを買っていただいた方々、本当にありがとうございます。そして、これから行こうかなと思っている方々も本当にありがとうございます。チラシを受け取って、お話を聞いてくださった方々もありがとうございます。SNSで拡散に協力してくださった方々ありがとうございます。少しでも興味を持ってくださった方々ありがとうございます。ありがとうございますがギュウギュウ鮨詰めの様相を呈してしまいました。すいません。

 

 迷ってる方々がいましたら是非行くという決断をしていただきたいです。是非是非清きチケット購入をよろしくお願いいたします。

 

公演の詳細はこちら↓

 

男性ブランコSolo Live Swing1『笑う蛍』

日時:20171119日(日)1st開演13:30 2st開演16:00

場所:神保町花月

チケット:前売り2000円 当日2500

全席指定席

購入先↓

チケットよしもと(Yコード999070

チケットぴあ(Pコード597723

ローソンチケット(Lコード35514

カンフェティ

 

  開場、当日受付は開演の15分前でありまする!

 

是非ともイラストレーターの堀道広さんに作っていただいた素敵大爆発フライヤーをご覧くださいませ!

 
 

長々とご精読ありがとうございました。

イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

6/25をあけていてほしいです。
正確には6/25のお昼頃をあけていてほしいです。

あけていてほしいということで、この日に、とあるライブをやります。
まだ情報が確定していないのでまだ詳しいことは告知できませんが、時間の問題であります。もう一ヶ月前なのですが…すいません。

「あけていてほしい」という文には、もちろん、この未確定ライブに来てほしいという想いが目一杯、含有されております。来てほしい想い含有量8万トンです。
6/25のお昼頃は確定しております。

ぜひとも『6/25をあけていてほしいです』






イメージ 1



このカエルさんは、この後この姿勢のまま、こちらから見て左の方にジャンプしました。
右の方にジャンプしそうなのに。
絶対右の方にジャンプしないといけない溜めをしてるのに。

これぞ、自然。

この記事に

開く コメント(0)

この魚

イメージ 1


この魚、ルックダウンという名前の魚なんですって。







ルックダウン!?

この記事に

開く コメント(0)

 一昨日も一昨日、我々男性ブランコの単独ライブ「僕の同じ日」が無事終わりました。

先輩や同期、後輩も来てくれて、何よりたくさんのお客様にお越しいただき、満席で開幕することができました。この場をお借りしまして、本当にありがとうございました。

 そして単独ライブを決行するにあたり、たくさんの方々のご助力を賜りました。作家の大澤さん、ワクサカさん、チラシ作成の福田さん、映像ではコタツ13さん、社員さん、当日のスタッフさん全ての方々に支えられて成り立ったものであると思います。

 そして、チラシの題字「男性ブランコ単独ライブ」という文字を書いていただいた芸人の先輩にして、書道の達人名人スーパー文字うまい人間の、いっすねー!山脇さん、コント中で使用したガスマスクを作ってくれた同期のやさしいズ佐伯。

 
イメージ 1

 

業者に発注したかの如き出来栄え。

佐伯だけ写真を獲得することができました。

 
 

 お越しいただいたすべての人間達へ、関わっていただいた全ての人間達へ、感謝ジャブ、感謝ストレート、感謝アッパーの感謝コンビネーションをお見舞いしたいです。

ありがとうございました。

 
 

 マネージャーさんの尽力により「僕の同じ日」のグッズを出させていただきました。しっかりと業者を介したトートバッグです。チラシからシルエットを抜き取ったデザインで、とても素敵な仕上がりだったと思います。何せ、しっかりと業者を介したわけですから素敵な仕上がりになることは約束されておりました。しかし、こうもうまくその約束を守っていただけるとは、介すべきは業者さんと言ったところでしょうか。嬉しいことにトートバッグは完売しました。ぜひ使ってやってください。僕と業者からのお願いです。

 

 そして、売れ残るであろうと心配されたプラ井も完売しました。ありがとうございました。プラ井というのは僕が手作りしたプラ板のことです。

 プラ板というのは、僕ら世代は小さい頃とかに一度は経験したと思います。今の子はやったことあるのでしょうか。どうなのでしょうか。どうなのですか?ほんとのところどうなんですか?

ねえ?ねえ?ねえ?ねえん?ねえん?ねえん?ねえ〜ん?

 
 
 
 

ねえん?

 
 
 
 

…。

 
 
 

なるほど。

僕の極上に甘い「ねえん?」でお願いしても、答えてくれないとは驚きです。ここは一旦、退きましょう!

 話を戻しまして、プラ板とは、ぺらぺらのプラスチックの板にマジックペンで絵や文字を描き、その板をオーブントースターでチンをする。すると、うねうねと縮まり、カチカチに固まるのです。この説明では皆目わからないと思いますので、プラ井の一部を掲載させていただきます。

 

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6


 
 

このプラ井の楽しみ方は多種多様です。

 穴が空いてるものにはキーホルダーのホルダー部分をご自分でご購入していただき、キーホルダーにしてもらってもよし。(ご自分でご購入していただく制度を設けてすいません)穴が空いてないものは、手のひらに乗っけて、睨めつけるようにして見てもよし。枕の下に置いて、プラ板の夢を見るのもよし。(プラ板の夢?)もういっそのこと投げ捨ててもよし。もういっそのこと火山のマントルの中に投げ込んで、ぶっ溶かしてもよし。そんなあらゆる楽しみ方のできるプラ井です。

全てに名前をつけました。名前も合わせてお楽しみください。どうか可愛がってあげてください。

 ちなみに写真の中で「きんにくびょうたん」が二回登場してますが、二個あるわけではなく、一個の「きんにくびょうたん」が二回登場してしまってるだけです。「きんにくびょうたん」が悪いわけではないのです。どうか「きんにくびょうたん」を恨まないでください。

 

いや、「」で閉じてるけど、きんにくびょうたんって何?

いや、それ言い出したら全部何??

 

いや、でも全部僕のお気に入りです。

ご購入ありがとうございました。

 
 
 

そして今回の単独ライブで使用させていただいた曲を流した順番に掲載させていただきます。


 

『リリリピート』フレデリック

I dance alone Toe

BondLITE

FingerElephant Gym

EcholocationLITE

Image gameLITE

Yuragu SakanaNabowa

RPGsekai no owari

『ノクターン第二番』ショパン

VIPrega



 

以上であります。

聴いていただいて、「僕の同じ日」を思い出してもらえたら最高です。

 

最後に、お越しいただいたお客さんと一緒に撮らせてもらった写真を載せて締めとさせていただきます。

 我々男性ブランコは、こういう全員で写真撮ろうぜ的な事に慣れてないため、浦井の方はオネエ座り、僕の方は土下座している雰囲気になっています。




イメージ 7

 
 

お客様方は抜群の行儀の良さ、品格を兼ね備えてるではありませんか。

何だったら我々より堂々としているではありませんか。

 

今回の写真写り対決はこちらの負けです。

次は堂々と写ってやりたいと思います。

 

いや、気恥ずかしくなって写真撮らないかもしれません。その時はその時で負けを認めましょう。


ここまで読んでいただきありがとうございました。



それでは。

嘘か、真か。


次の男性ブランコの単独ライブ「笑う蛍」でお会いしましょう。

 
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事