くすのき家の人たち

12年間 ありがとうございましたm(_ _)m

全体表示

[ リスト ]

 
 (続き)

高学歴に不利ないまの新卒採用条件

そんな対話ベタの若者の中から、理系の知識と文系のコミュニケーション力を兼ね備えた
スーパーマンを見つけ出そうというのが、今日の企業の採用姿勢なのだ、と浅田氏は言う。
 
「要するに、組織に依存する体質の人材ではなく、1人で考え、行動し、生きていくことのできる
生命力や存在感を持った人材を欲しがっているんです。そこがクリアできなければ、
たとえ一流大学卒のブランドがあっても、企業は採用しません」
 
生命力や存在感というのは、言い換えれば“人間力”である。
しかし、人間力というのは、社会に出て、さまざまな体験を経て、ようやくにじみ出てくるもの。
中高年になっても人間力のかけらも感じさせない人物など、世の中に掃いて捨てるほど
いるのに、面接にやってくる学生にそれを求めるというのは、あまりにも酷な注文なのでは?
 
「確かにかつての日本企業のように、一から人材を育てるという努力を放棄しているという
見方をすれば、企業の怠慢かもしれません。しかし、それが現実なんです。
最初からそうした強さを持った学生だけを採用して、少数精鋭で戦っていこうというのが、
いまの多くの日本企業の考え方なんです」(浅田氏)
 
なるほど、どうやらこのあたりに、高学歴就職難民が生まれる秘密があるようだ。
1980年代半ば、ある一流総合商社の採用担当者はこんなことを語っていた。
「学生が無能なのは当たり前。だって学生なんだから。ただ、伸びしろのあるやつ、
気骨のあるやつのいる率は、やっぱり一流大学のほうが高いから、大学名でどっさり
採用してから、徹底的に鍛えてふるいにかければいい。一人一人の人となりなんて
見ているヒマはないよ」
 
いまから考えるとずいぶん乱暴な話だが、おおむねこれが、高度成長期から続く新卒採用の
考え方だった。だからこそ「一流大学 → 一流大企業」という図式が成立したわけだ。
なにやら様子が変わり始めたのは、やはりバブル崩壊から数年を経たころからだったか。
2000年代初頭、とある旧財閥系上場企業の社長が新卒社員の入社式の日に、
こっそりこんなホンネを漏らしたのを聞いたことがある。
 
 
 
「本当のことを言うと、今日この式に参加している人材はすべていらない。
本当に欲しいのは自分の力で起業して、独力で儲ける仕組みを作り、売り上げを
作れるクラスの人材。でも、そんな人はそもそも組織の枠に入ってこないから、
うちの面接は受けにこないんだよ……」
自立した人材を渇望しながらも、大企業に依存したいというタイプの志願者の中から
採用せざるを得ないという矛盾を、このころから企業は抱えるようになった。
 
それでも新卒採用を続けていただけ、当時はいまよりはましだったのかもしれない。
浅田氏の指摘する通り、体験によって生まれる能力を、体験の少ない若者に求めるという
無理難題を押し付けながら、もし、めがねにかなう人材がいなければ採用そのものを控える
という戦略を企業が採り始めているとすれば、いわゆる“高学歴エリート”には、
きわめて不利な状況だといえよう。なぜなら彼らはさまざまな体験をする時間を犠牲にして、
受験勉強を勝ち抜いてきたわけだから。

居酒屋バイト vs 家庭教師

浅田氏がその卑近な例として挙げたのが、アルバイトである。
「二流、三流大学で居酒屋でアルバイトをしている学生などの場合、日常的に社会人と接し、
彼らのホンネを耳にしたりする機会があります。そうした中で『大人ってこういうものなんだな』
という具体的なイメージを持てれば、面接でもある程度、大人と同じ目線で対等に話すことが
できます。
ところが一流大学の学生はというと、アルバイトはほとんど家庭教師か塾講師。
大人と接する機会はほとんどありません。
また、挫折体験も少ないので、受験勉強以外で何か困難を乗り越えたり、人との葛藤を経験
したりしておらず、人間力を養う機会に乏しい。
結果、二流、三流大学の学生が思わぬ企業から内定を取ってくる一方で、山中君のように、
一流大学出身でもなかなか内定が取れない学生が増えているんですね」
 
この「体験の不足」という観点から山中君のケースを見てみると、なるほど浅田氏の指摘が
正しいことがわかる。
山中君は4人兄弟の末っ子で、上は全員兄。父親が無口であることに加え、男ばかりの
家族構成であったため、家庭内に対話らしい対話はなかった。
むしろ、3人の兄に対する反発で、受験勉強に打ち込み、京大に合格したという経緯がある。
大学進学後は学費以外はアルバイトで賄うという苦学生活。
アルバイトはすべて家庭教師だった。
家賃と食費の節約のため、大学の寮で生活。
学業とアルバイトに明け暮れる毎日であったため、成績はよかったが、友人と遊んだり、
異性と恋愛したりする時間は犠牲になった。
 
「確かに恋愛はしておけばよかったと思いますね。理系の環境には女子がほとんどいませんし、
なかなか難しいことではありますけど、なんていうか就職活動と恋愛って似ている気がするんです。
相手を研究したり、こちらをアピールしたり。
ですからこれから就職活動をする後輩には『恋愛はしておけよ』とアドバイスしています。
僕もこれからですけど(笑)」
 

最後の決め手は何なのか?

こうした経歴が、山中君の対話力や人間力の不足の一因となった可能性は十分にある。
「でも、一方で彼には受験勉強や武道に打ち込んだ結果身につけた粘り強さがありました。
セミナーの費用を自分で支払い、京都から大阪まで通って、実に半年間・40回も、
私とのマンツーマンの“対話練習”を続けたんです。
歩みを決して止めないその根性は本当にすごいと思います」(浅田氏)
 
努力の結果、山中君の就活リベンジは「エントリーシート提出20社、最終面接まで進んだ
企業4社、内定1社」というものだった。
「周囲の友人がどんどん内定を取っていくのに、自分だけが取れない状況が続き、不安でした。
でも、志望する企業に入社できて本当によかった。正直、対話力はまだまだ勉強中です。
今回の取材もその練習になると思ってお受けしたんですよ」
 
安堵(あんど)の笑みを浮かべる山中君。恐らくは1度の就活の失敗と、それを乗り越えて
1つ成長した今回の経験は、彼の人間力を鍛えるための貴重な体験となったのであろう。
恐らく、というか間違いなく、今日の新卒採用においても大学名は大きなウエートを占めている。
だが、かつてのように「ブランド一流大学出身者なら、ほぼ無条件で採用する」という
“万能就職通行手形”では、もはやない。
 
大学名は企業が学生の眼前に無数に並べたハードルのうちの1つにすぎない。
しかもそれは、天賦の人間力を持った二流大学出身者にもかなわない、という程度に
デフレ化している。
企業の怠慢に対する憤りと、努力が正当に報われない不遇への嘆きは、まったく正当なものだ。
しかし、それにとらわれて歩みを止めるのはナンセンスだ。
山中君がコミュニケーション力という迷宮を抜け出せたのも、歩みを止めなかったからだ。
 
 
 
幸い、我々の子供たちにはまだ時間がある。
 
「対話」と「体験」という2つのキーワードについて、親子でじっくり研究し、対処する時間が。
 
 

閉じる コメント(6)

アバター

私も大学時代に、就活苦戦しましたね…
それでも1つ内定をもらったものの、運良く大学院に合格して、その後今の仕事場に就職しました。
で、大学時代に内定をもらった会社は、バブルがはじけて傾き、私が社会人1年目に倒産しました…
まさに「禍福は糾える縄の如し」ですね…

2013/10/6(日) 午後 6:33 鷹熊一二三

一二三さんへ
タイミングと時期って 大きく関係しますよね。
就職もご縁なのかな〜〜。
バブルがはじけた時 凄かったですよね!!!

2013/10/6(日) 午後 7:06 くすのき

顔アイコン

身につまされる話です。
我が家には就職適齢期の子どもが2人いますので・・・・・
アメリカの動向も今気になります。
安定した世の中になるには、まだまだ長い年月がいるようですね。
世界から不条理がなくなる・・・・なんていう時代は来るのでしょうか?

2013/10/6(日) 午後 7:23 スカーレット

2013/10/6(日) 午後 7:12さんへ
>5年後を目処
>大学入試改革案

知りませんでした〜〜。

好きなことがはっきりしていて やりたいことは 抑えが利かない
生徒さん有利ですね〜〜。

私は そういうタイプでしたが 息子は そうじゃないの。
まいったな〜。

2013/10/7(月) 午後 6:16 くすのき

スカーレットさんへ
ほんとに この先どんな世の中になるんでしょうね〜〜。

2013/10/7(月) 午後 6:17 くすのき

2013/10/7(月) 午前 0:22さんへ
今、福祉の就職も人気が無くて大変みたいですね。
世間の動向に無理まわされている感じがします。

2013/10/7(月) 午後 6:19 くすのき


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事