くすのき家の人たち

いきなりの「お気に入り登録」は削除させていただきます。

全体表示

[ リスト ]

父からの性的虐待 被害女性が実名で相談応じる 「体験者同士で話すと心が軽くなる」

4/6(土) 17:51配信


 児童虐待が過去最多を更新するなか、幼少期に実父から性的虐待を受け、
トラウマ(心的外傷)に苦しんだ高松市の美容師、
宮本ゆかりさん(48)が実名で同じ体験をした人の相談に応じている。
当事者が実名を出すのはまれ。
相談メールは月に数件だが、内容はどれも深刻だ。
自殺を考え続けた思春期、だれにも悩みを言えなかった。
だから大人になった自分が伝えたい。

「クソ親で最低な子ども時代だったけど、あなたの本当の人生はこれからだよ」と。

 実父は大企業の社員。言うことを聞かないと暴力をふるった。

専業主婦の母は父の言いなり。
幼少期から体を触られ、裸の写真を撮られた。
気持ち悪くても逆らえず、虐待はエスカレートした。
何をされているのか理解できなかったが、

「言えば警察が来て家族がバラバラになる」とおびえた。

 中学の保健の授業で初めて妊娠につながる行為だと知った。

「自分のような腐った人間は死ななければならない」。
毎晩泣き疲れ、朝が来れば呪った。
勇気を振り絞って母に訴えたが、返ってきた言葉は「許してあげて」。

学校の先生をはじめ周囲はだれも気付いてくれなかった。

 高校卒業後、大阪の美容院で修業を積み、20歳で結婚。

2人の子に恵まれ、初めて「生きたい」と思った。
過去を忘れようと仕事と子育てに打ち込んだが、

過去のトラウマは大きく、30歳でうつになり離婚した。

 1年後に復職し、店長として美容院を軌道に乗せると自信を取り戻し、

少しずつ自分を見つめ直した。
父からの性暴力、助けてくれなかった母。
「これからは悩むのでなく、被害者の役に立ちたい」と決意。
3年かけて体験をまとめ、2年前にブログで公開した。
「自分に誇りを持ちたい」という願いと被害者が相談しやすいよう、
思い切って実名に。
昨年は東京で、若者からの相談にどう答えたらよいのか、

専門家に学んだ。

 体験者同士で話すと心が軽くなる。

相談した女性から「自分だけじゃないと心が軽くなった」と
伝えられることも多い。
宮本さんは「過去は忘れられない。
でも、時間がたてば悲しみは必ず薄れていく。
だから死なないで。
何ができるのか一緒に考えたい」と訴える。

地元で自助グループを作るため協力者も募集中だ。

   ◇  ◇

 2017年度、全国の児童相談所への虐待相談は13万3778件で、

そのうち、性的虐待は1537件に上る。
しかし、被害の多くは潜在化し実態は把握されていないとみられる。
【上東麻子】

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事