くすのき家の人たち

いきなりの「お気に入り登録」は削除させていただきます。

全体表示

[ リスト ]


今、ウィキペディアでね

【ニューロ・ダイバーシティ: neurodiversity)】という考え方を知りました。

非常に「それよそれよ♪」と思いましたので シェアさせていただきます。

神経多様性あるいは脳の多様性という言葉が良いわ〜。

元々「種の多様性」というのが ワクワクしてしまう私ですので

神経多様性あるいは脳の多様性」も今後使わせて頂こう♫



一部引用:

ニューロ・ダイバーシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニューロ・ダイバーシティ: neurodiversity)は、

教育障害に対するアプローチであり、

様々な神経疾患は普通のヒトゲノムの差異の結果として現れるのだ、

ということを提唱する[1]

この神経学的(ニューロロジカル)と多様性(ダイバーシティ)の鞄語は、

1990年代後半に、神経学的多様性は本質的に病的なものであるとする通説に

対抗するものとして現れた。

ニューロ・ダイバーシティは、神経学的差異は、

ジェンダー民族性性的指向や障害と同様に、

社会的カテゴリーとして認識され尊重されるべきであると主張する。

神経多様性あるいは脳の多様性とも訳される。


ニューロ・ダイバーシティ運動は国際的な市民権運動として存在しており、

その最も影響力のある運動として自閉権利運動英語版を含む。

この運動は、障害者の権利のスローガンである


メンバーのセルフ・アドボカシーを推進している。

ニューロ・ダイバーシティの支援者は、神経学的に非定型な人々が、

無根拠に受け入れられている「正常」の概念を採用したり、

臨床的な理想像に適応したりすることを強要・強制されることなく[2]

彼らの人生を生きることができるようにするための支援体制

(包摂に焦点を当てたサービス、収容施設、コミュニケーションや

補助のテクノロジー、職業訓練、自立支援)[3]を支持する。

この社会に蔓延している様々の社会規範やスティグマに対抗して、

自閉双極性、その他の神経特性を、病理や障害ではなく、

ヒトの自然な変異として位置付ける。

また、(運動の支持者たちは)神経学的差異をヒトの多様性、

自己表現、存在の本来の在り方であると信ずるゆえに、

それらは治療される必要がある(あるいは治療することができる)

という考え方を退ける。




詳しくは👇でどうぞ。





ブログ村に参加しています。
イメージ 1


いつもクリックしていただいてありがとうございます

(1日1回、1クリックで 順位が上がるシステムです)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事