ここから本文です
キーさん便り
民謡の話と釣りの話さあ

天候が(;一_一)

以前私が作ったのかどうか?、もうこの歳になると
忘れましたが、
酒は飲みたし 酒屋は寝たし 起きてる酒屋にゃ借りがある
と名文?を思い出しました。
〝釣りに行きたし、天気は悪し 天気良ければ他の用事〟って。

ストレスが溜まります
釣りに行きたくともこの予報ですから。
イメージ 1
太陽マークが全くないんですから〜。
とは言っても集中豪雨での放映を見ると、私でも
心が痛みます。
不謹慎ですね。

で、本日から、烏賊仕掛けの整備を始めました。
どんなんなってんのかと仕掛け袋を開けてみましたが
まあまあ、良い感じです。
イメージ 2
ワン仕掛けだけの補修で終わりそうだ
テレビでは、最悪の烏賊漁模様だ。
趣味だからよいが、職業船団は死活問題でしょう。
勿論加工業者もだか・・・。








‘本日のボソ’
しかし、いいかげん前日会場づくりのメンバーを決めて欲しいわあ。
全道大会開催決定時から、何度となく指示を出してたのにぃ〜。
まァ〜だ決まって無かった。
そろそろ決めなければ間に合いませんよォ〜。

しかし、考えられません。後一月無い状況でのこれは。僕は怒ってるんです。
大型車駐車場確保の件だって、当初から指示出してたのにぃー。
結局しびれを切らして、昨日私が決めました

いえいえ、釣りとは関係有りませんがね

この記事に

反省(;一_一)

きょうは、朝一からプログラムの印刷をお願いした
印刷会社とのお話合い(値引き交渉)と支払い。
その後、役員と市民会館スタッフとの打ち合わせ。
その後午後から別の会館で役員会議のスケジュールでした。
午後からの役員会議は、各種袋詰め作業と、諸々の
説明でした。
イメージ 1
私とU副幹事長とのタッグを組み、作り上げたプログラム。
無事日の目を見る事が出来ました。
早速各役員に、本日の作業を説明し、仕事に取り掛かります。
イメージ 2
各地区連進呈用、購入券、内容プリント等の袋詰め。
地区連内各支部への袋詰め。
イメージ 3
広告掲載者への袋詰め。等々その都度説明する。
私もいい加減喉が枯れてきた。
一度でいいのが、3回も同じ事を言わなければ
成らない現状、役員も高齢化です。
しかし、途中で〝ハッ〟と気が付きました。
K幹事長の落ち着いた仕草、言動。
M副会長の的を得た指摘。
そこで、見渡してみると、蒸し暑い中、
皆さん一生懸命必死に仕事をしている。
全道大会を成功させようと、皆さん必死なのに
独り相撲だったようだ。

帰宅し、入浴後晩酌しながら〝俺はまだまだだなァ〜〟と。
   〝反省〟。

この記事に

・・・(;一_一)。

本日一寸した野暮用の為出船成らず
しかし明日からの天候に期待するが・・・
イメージ 1
当地の向こう一週間の天気予報です。
これで気持ちの良い釣りは出来ますかァ〜
せめて今日くらいの薄日なら良いけど
これでは予定も立ちません。
でも、釣りに行きたい。
前日判断でしか望めませんわね

この記事に

約ひと月強後(8月4日、5日)に迫ってきた全道民謡決勝大会
の準備段階も、いよいよピークを迎えようとしています。
そんな時息抜きにと、家内と二人で
寅さんに会いに行って来ました。
イメージ 1
イメージ 3
ただただ暑い、千歳出発前にTシャツを脱いで良かった。
団子屋さんの前を通って、帝釈天まで。
イメージ 4イメージ 2










寅さん記念館まで足を伸ばしました。
そだそだ、ホテルの近くの泉岳寺(赤穂浪士が眠っています)
にも参拝。

サッカーを観ようと昨夜7時過ぎに帰宅するも
晩酌後そのまま朝まで寝てしまった。
まあ、見なくとも良い結果でしたが。

今朝は8時の営業前に(趣味の関係作業は8時からと
決めています。特に理由はありません。生活との線引きで
しょうか・・・
PC立ちあげて、mailのチェック。
副幹事長に依頼していた〝大会役員運営マニュアル〟の
校正も着信有り。
明日、同マニュアルの印刷に入り、4日の役員会議に
間に合わせます。
しかし、暑かった四日間。
東京の最低気温が、室蘭の最高温度ですからね
ギャップが凄い。
しばらく天候不順で出船も無し。

さあ〜てと、マニュアルの訂正に掛りましょうかねェ。


この記事に

暖かかった。

この地方特有の曇り、雨天、霧の天気が続きました。
詳しくは知らないが、〝蝦夷梅雨〟とか言うらしい。
で、金曜日後半から回復した。
ウイークデー釣行が多い船長ですが、我慢出来ず
前回スカの酒井先輩に声を掛けづらくて
本日おひとり釣行5時30分出港。
狙いは当然〝ひらめ・鷹の羽〟の類。
前回の実績の場所からSTART。
まあ、予想通り周辺は船、船、船のヒラメ街道です。
イメージ 1
この画面だけで10艇ほど、画面から外れて左、右にも沢山。
ヒラメの数より船の数って、誰かが言ったとかなんとか
3時間ほど粘りましたが、〝うんともスンとも〟。
近くの和船のおじさん「餌2回取られた」と。
いるにはいるようだ。
が、船長限界が来て、ぐゥ〜んと東側へ移動。
そこにも数艇。
何とか隙間を縫ってロックでトライ。
この場所はロックでの釣りが好きです
イメージ 2
イメージ 3














いきなり型物が続きました。
イメージ 4
いつもの好きな場所で。
この後アブさん4本程頂きました。
11時頃でしょうか?、潮、風が少し変わりました。
で、朝の場所へ移動。
イメージ 5
待望のヒラメを頂きました。
ヒラメは前回と同じこの場所で頂きました。
イメージ 6
今回ヒラメは2枚。昨年のリベンジを何とかって事で
13時沖上がり。
しかし、狭い海域に凄い数の船でしたが、日和も良く
ロックフィッシングの船にも女性(年齢は不明)が
居たようだ。ヒラメ釣りにもですが。
こんな方も居りました。
イメージ 7
二人漕ぎのシーカヤック。
そだそだ、自艇の横におおなごでしょうか?。
イメージ 8
きっと海底では、ヒラメが狙っていのんでないべか?。
と思って仕掛けを降ろしましたが、スカでした

お久しぶりの釣行。日和もよく、何とか釣りに
なりました。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事