ここから本文です
キーさん便り
民謡の話と釣りの話さあ

今日は平物

きょうは鮭、平物狙い。
酒井先輩と7時少し前出港。
イメージ 1
安定的に平物はこの沖合いです。
小波と小風があり、しかし、潮はあまり速くない。
少し寒いが絶好の釣り日和。
船長何度となく、未練がましく鮭のスプーンを投げますが
一向に掛らず。ハネは1回だけ見ました。
つれた船は釣れたらしい。さすがのベテラン勢。

イメージ 2
こ〜りゃ鮭だあ、とおもったらコイツでした。うちは食わねーと船長。
じゃ〜僕がと、酒井先輩お持ち帰りです。ヌタにして食するそうだ。

イメージ 3
イメージ 4
48㎝の真鰈、40㎝のマツカワ。
縦続けて御満悦の先輩。さすが平物の酒井です。

イメージ 5
岬の岩場も狙いたいねと言うが、波が立ち、風が強くなってきた。
で、お久しぶりの港口前の小さな根に移動。
結構活性は良かった。カシャを忘れた中で一枚だけカシャをしました。
良型のとうべつ鰍(道南では〝皮剥きかんつか〟と言う)、真鰈、ギシ鰍、
油子追加。

さてさて、今日も仕掛けの絡み、ラインのトラブル、鮭掛らず、
指に針を刺す(今、中指かなりの腫れです)等々。
ドラマがありました。
あっと言う間の7時間が経過。遊んでいる時の時間は速い。
船長「鮭は絶対リベンジだァァァ〜」。14時帰港。


この記事に

やっぱりへたっPだ

昨日近所の大型スーパーで売っていた。
イメージ 1
室蘭産って大きな表示。しかも朝採れ。刺身用。
室蘭産なんだから、室蘭沖だべ?。

と言う事で、朝6時30分出港となった。
14分の海域へ到着。135mで釣行開始。
相変わらずトロール船が・・・。
しかし、穂先はうんともスンとも。
ただ真っ青な画面だけが流れる探知機のディスプレイ。
釣れない時の船長、同じ場所での烏賊釣りの限界は30分。
160mへ移動。此処でも同じ現象。

丁度8時。大事な〝死ぬまで長生きをする〟薬の時間の為
食事タイムで15分休憩。

9時まで烏賊を粘るも〝ざんね〜ん〟。
べつに波田陽区のまねをしたわけでは有りません(;一_一)。
イメージ 2
第2ラウンドはここの沖根での釣り。
何年か前か何十年前かわからないが、漁礁を入れたという〝根〟に移動
すっかり沖根化し、漁礁の役目を充分果たしています。
今日も、ソイ、メバル、鰍(3種)、が釣れます。
と言ってもソイと鰍はこのレベルです。

イメージ 3
鰍君もソイ君達もお帰りを頂きました。
浮き袋の関係で何時までもプクプク浮いているソイもいれば
割合早く潜っていくソイも。
イメージ 4
こいつは順応性がわるいヤツでした。
ゴメが狙ってましたがどうなったかなァ?。

そだそだ、コイツも釣れました。
イメージ 5
しっかりと針をくわえております。
我が家ではサメは食べないので、お帰り頂きました。

結局根魚でお持ち帰りは、またメバルでした。
この根でメバルはあまり記憶にない。
レジかごも一杯になり、お持ち帰り用と

お裾分けように袋詰め。
イメージ 6
帰宅してから気が付きました。ソイ君もお手ごろサイズ3匹有り。
11時お裾分け分も丁度良い数になり、沖根を離脱。

鮭現場へ直行。

地球前水深60mでバシャあり、投げ入れるも〝スカ〟。
港口前に移動。結構なバシャあり、目見当で跳ねた辺りに
投げ入れ一発ヒット。
久しぶりの鮭のヒキを楽しんだが、痛恨のタモ入れ失敗。
皆さん、2500円のステッカーの付いた〝スプーン鮭〟は私の鮭ですからァ〜

その後バシャはあるが当たり無し
何時もより少し遅めの帰港。

確かに今日は釣れはした。
が、痛恨のタモ入れ失敗が、何時までもトラウマに・・・。

近々リベンジだァ〜

この記事に

1回しか・・・(-"-)

酒井先輩と10月6日以来、お久しぶりの二人釣行。
二人とも未練が残る烏賊狙いを2時間ばかり。
その後沖根2時間ばかり。その後鮭を帰港まで。
と言う本日の予定。予定は未定、未定は未定です。
が、港を出て何と波の荒い事、それでも烏賊場にコースをとる船長。
しかし、波が立って向かってくる。
地球前で早くも烏賊断念、せめて沖根まではと

15〜18ノットで頑張りました。
現着し魚探画面を見ると
映る沖根の様子が今までと違います。
イメージ 1
寂しすぎる。あたりが来ない。ウンともスンとも来ない。
「この根でこんな事って初めてだなァ〜」
「てっ事は今日は釣れねーよ」。
まったくその通りになってしまいました。
せっかく波漕いでいったのに・・・(−−〆)。
早々に切り上げ、次の根へ移動。
まったく同じ状況。
海上が荒れている時ってあまり釣れません。
船長決断早く鮭狙いに変更。岸が近づくにつれ船速を上げ
伊達沖を目指します。
10時過ぎから鮭釣り開始するが、〝ハネ〟も無く
ただそこにいて釣りをしている現実が
過去へと移動して行くだけ。
酒井先輩「俺、鰈釣りに変更」と宣言。
すると良型真鰈を連発しだした。
イメージ 2
その他、とうべつ鰍、宗八、ギシかじかを釣りあげる。
ガンガンと穂先が動く。なんだべと糸を張り少しずつ巻き上げるも
プッツン。
ガンガン来る前の感じから、ヒラメ?級かなって。
いやいや、そう思いたいんですから
で、船長はてェ〜と、相変わらず鮭釣り中。
〝俺は浮気はしねーんだ〟と意地になった鮭釣り。
意地になっても釣れないもんは釣れませんワ

何と上品な釣りになった事(これパクリました)

明日は釣り日和。きっと釣果が上がる事でしょう。
そだそだ、結局鮭の〝ハネ〟は1回だけしか見ませんでした。

この記事に

本日メバルデー

烏賊シーズンだと言うのにまだ沖干しを作っていなかった。
で、5時40分出港。途中イルカの群れと遭遇。順調に進むも

凪予報のはずが意外と波が立っている。
最初の内はハラを打ちながらも元気に進んだが
途中からは、前回の船酔いの不安が蘇り、
船速を落とし14分海域へ。
しかし、さっぱり烏賊が付かない。
思い切って18分160mへ移動。最大200mまで行くも
烏賊を付ける事が出来ませんでした
相変わらずのへたっPー。
イメージ 1
しかし室蘭が遠い位置。

9時30分烏賊を諦め、予定していた沖根へ移動する事に。
こんな事になろう? と、餌も3種、ルアーと疑似餌も数種
持参していました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
沖根に戻り釣行開始。
おなじ場所なんですが、魚探周波数を変えてみました。
まあ、どっちが良いかは好き嫌いでしょうね。
一番上は、烏賊、浮宗八で使用。
真中は70m未満の水深で。
下は深根で使用しています。ん?違ったかな?。

魚探もいじると中々面白い。
でも、根の活性も結構良いようだ
こーりゃいろいろ楽しめそーだ。と思ったが
本日、タイトル通り〝メバル〟デ―になっちゃった。
イメージ 5
餌を変え、仕掛けを変えてもソイ、鱈、鰍、その他何も釣れず
最後まで釣れたのは、メバルだけでした。

カシャをしてから処理にかかりましたが、その間も釣れ続け
結局42本のメバルデ―。

片付けも終わり13時現場離脱、途中地球岬手前で
鮭の〝ハネ〟あっちこっちにバシャバシャと。
でも、私の帰港時間リミットでした
鮭は先輩とのお楽しみに取っておきましょう。

それにしても心残りの沖干しです。

この記事に

9月の江差追分全国大会で〝支部奨励賞〟を頂いた。
イメージ 1
その事は既にup済ですが。
土曜日、祝賀会を行いました。
遠く3時間もかけて来た会員さんもおります。

そして先代の山田雲仙師匠が亡くなってからの13年忌。
約2時間の間、思い出話やら、来年の抱負やら、あっと言う間に時間が
過ぎました。

イメージ 2
あっ、手前の女の子、杏珠ちゃん、まだ3歳前ですが
最近〝ソイ〟とか〝かもめー〟とか言ってます


その他、スケジュールを消化して、明日23日は以前から
計画の秋の〝尾瀬〟を観に行く予定だった。
が、しかし、コイツが直撃して来た。
イメージ 3
尾瀬を観る予定がやむなく中止
午後便も考えたが、風は収まらないだろうと言う事です。
翼がバリバリ揺れるのは、生きた心地がしませんから
仕方がありません

あ〜あ、秋真っ盛りの尾瀬、楽しみにしてたのにナ〜。
次の機会にしよう。
台風には勝てまへん

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事