ここから本文です
キーさん便り
民謡の話と釣りの話さあ
6日7日、七飯町で開催された全道民謡決勝大会へ
行って来た。
四人での道中、長万部であんかけ焼きそばをと目論んで
いたが、玄関先には長蛇の列。
諦めて走るも、八雲まで食事は無し

前夜祭は函館駅前の大きなホテル開催。
イメージ 1
6時開始に主催者が6時に会場入りで、私のテーブルの
周辺は大変なブーイングでした
我々全道から集まったお客様に対して、大変失礼な出来ごとだ。
しかし、寛大な人たちが多い民謡界なので、取り立てて問題には
発展しなかったが、挨拶では一言触れるべきだったのでは?

翌7日、七飯町文化センターでの全道民謡決勝大会が開催。
16歳〜64歳までの一般の部門の大会です。
第1部全国民謡の部、第2部江差追分の部、第3部北海道民謡の部
と続く。
当地からは6名が出場しました。
まあ、結果としては、全国民謡の部第三位、江差追分の部と
北海道民謡の部は共に優勝を頂きました。
イメージ 2
イメージ 3
舞台袖は、和服のオンパレードです
何と女性群の艶やかなことでしょうか。
自身の会から4名が出場し、今回は三味線伴奏を付けさせて
頂きました。
少しでも経験と勉強になればと、中一の柚来さんも
三味線伴奏で出場しました。
I垣会長も応援に駆けつけて下さいました。
誰からか、近い内写真を頂けれるでしよう。
イメージ 4
三味線の柚来さんと北海道民謡の部に出場の茜音さん。
彼女らは必ずピースサインをします
茜音さんは高1、一般の部初挑戦でした。
柚ちゃん、三味線良かったよー
イメージ 5
最後に全員でピース。皆様、お疲れ様でした。
あっ、杏ちゃんがいない?。
彼女はロビーで遊んでいました

きょうは完全休養日、朝から鯖仕掛け作りでリラックス。
明日、マリーナに燃料補充に行きます。
もしかしたら沖に?。

この記事に

お久しぶりの釣行。勿論主狙いは烏賊です。
5時ちょうど出港。凪模様で何時もより早く
海域に到達するも、この方々が操業中でした
イメージ 1
トロール船です。自船に近づき拡声器で
「網を引いています。引っ掛けないよう
充分注意願います」。オ―そうかいと思ってたら
「聞こえたら手を上げてちょうだい」だってさ
船長思わず、腕で大きく輪を形とりました(^−^)。
しかしまあ、潮が速い速い、アンカーしてもラインが
大きく斜めになってしまいます。
釣り仕度の時間も入れて、小一時間もやっていたでしょうか?。
さっぱり当たりさえ有りましェ〜ん。
で、船長いきなり「烏賊止め、サバ狙いに変更です。」を宣言。
数か所移動しながらのサバ釣行。
て云うか、途中沖根に立ち寄りました。
イメージ 3
潮が速く、位置取りに難儀しました。
が、船長サメ3匹
イメージ 2
この方、確かにヒキは良いんだが、我が家では〝穴の開いたお椀が9円〟。
まあ、喰わんってとこですが・・・何か?
酒井家にお引き取りを頂きました。

地球岬前から、少しづつ室蘭港口前まで、移動しながら楽しみました。
イメージ 4
2本も掛りました。鯖デカイですね―。
イメージ 5
イメージ 6
50センチ近いフクラギを掛けてご満悦です。
二人ともお久しぶりの再会と釣行で、地震の話やら
奥尻旅中止の話やら、ライントラブルやら、終始会話が
途切れない一日となりました。

酒井先輩、鯖19匹、ガヤ3匹、サメ1匹、フクラギ1匹。
船長サメ3匹、鯖15匹。船長、何と慎ましやかな釣果だこと。
トロール船は日曜日は休みなんだべか?。だとしたら
烏賊釣りは日曜日しかないべや。
などとしゃべりながらの10月4日でした。

そだそだ、サンバイザー立派に活躍ヒーローでしたわ。
イメージ 7
グレーとオレンジの2枚重ね。
これはヒットでしたァ〜
構想は数年前からあったのに、もっと早く取り付ければ
良かった

この記事に

自作してみた

走行中にロッドが落ちてしまう。
ロッドの手元の部分が太いので、ハンガーに合わないようだ
イメージ 1
倶楽部の何かの景品で頂いた。
で、以前作製し、キャビンで使用しているハンガーと同じ物を
作製する事にしました。
イメージ 10
幸に型紙もファイルしてありました。
イメージ 2
イメージ 3


            近所の大型ホームセンターで、コンパネ2枚と
一番安い4千円のジグソーを購入し製作開始。
イメージ 5
イメージ 6







3回ほど重ね塗りをし完成。
台風一過の本日取り付け。
イメージ 4
ゴチャゴチャとしていた、コクピットの助手席側もスッキリ。
こいうのも取り付けました。サンバイザーです。
イメージ 7
イメージ 8







早朝、走行中に朝日がまぶしい時って有りますよね。
これで解消。


無い、無いと探していたエンジンキーとクレーンキ―が
船に置き忘れていました。
前回、燃料エレメントを交換した時に、差し込んだまま
置き忘れていました。
(置き忘れた事も忘れ、忘れた事も忘れる歳になりました
イメージ 9
歳のせいにはしたくないが、物忘れが・・・
さてさて、台風一過の海模様は?。
6日・7日、全道民謡決勝大会で函館に行くので、
その前に沖に行きたいが?・・・。
フムフム4日・5日が良さげ?
早速先輩にmailしてみようか

この記事に

魂の唄、心沸き立つ

今年のタイトルは〝魂の唄、心沸き立つ〟です。
21日(金)、23日(日)の両日共に日帰りで
第56回江差追分全国大会に行って来ました
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
三人共残念ながら予選通過成らず、う〜ん残念
また来年までの一年間、かもめ・かもめを唄いましょう。
イメージ 4
イメージ 5
江差追分の舞台は、スムーズな舞台進行の為に
中間の5節の入りで次の人が、唄っている人の後ろへ
並び備えます。
横浜のN井さん、哀調の溢れた追分でしたが、審査は厳しい
しばしロビーでお話をしました。
78歳、まだまだ意気軒昂です

今年の大会で気が付いた事がひとつ。
唄い手が、マイクの高さ調整している時に、尺八さんが
もう吹き始めてしまった。
マイクの高さ調整に手間取り、唄い手がスタンバッた時には
前奏も後半になっていた。
思わず〝まずいなこれ〟って思ったら、案の定唄い手は
音を掴むことが出来ず、唄に入れませんでした。
(吹き直しは減点対象)
やはり、唄い手がマイクの高さ調整が終わり、足を開いて
準備が出来てから、吹き始めなければいけません。
唄い手の方、可愛そうでした。

決戦会には、当支部のI垣会長さんも、数年振りに江差へ
同行しました。
三人とも予選通過していたら、会長さんも観戦に
力が入った事でしょう。

イメージ 6
決戦会を早目に切り上げての道中、まるで〝鼈甲撥〟の様な雲に
思わずカシャ。
イメージ 7

さてさて、週明けの日和は?。
ふむふむ、良さげだ。
昨年K船長からの情報で、10月1日からはトロール船が
出没するとの事。
残り少ない9月は何回出船出来る事か?。

この記事に

今日はメンテ

お昼前から風が強くなる予報。
出漁断念。
で、本日はメンテの日です。
昨年交換した燃料エレメントも、1年と半年を経過した。
昨年は、リングナットが外れず、I社長にお願いしました。
その時に〝1年毎に交換した方が良いんですよ〟のアドバイスを
頂いた。
こういった作業は得意ではないが今回は自分で。
イメージ 1
イメージ 2
今回はリングナットもスムーズに外れました
リングナット、パッキンの清掃。
イメージ 3
フィルターカップ内の清掃。結構粕が溜まってた
イメージ 4
赤○の新しいエレメントに比べ、左側は1年半使用の物。
あきらかに色が違います。
イメージ 5
各部清掃後、エレメント装着。
今回、I社長から〝バッテリーが小さいよ〟とのアドバイスを
頂きました
予算編成をしなくっちゃ。
燃焼オイル補充し帰宅。

明日から三日間〝江差追分全国大会〟が
道南江差町で始まります。
一発勝負の舞台。私の支部からは、熟年の部1名
一般の部2名が出場します。
3人とも日曜日の決戦会に駒を進めて貰いたいと節に。
 さてさて、明日は5時出立つに付き寝ましょうかね。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事