ここから本文です
キーさん便り
民謡の話と釣りの話さあ

今朝は家を旧時間の〝七つ立ち〟(午前四時)。

よく〝油照り〟の天気と言いますが、今日は前回とは

うって変っての〝油凪〟です。

暖かい日、凪、微風、釣りを楽しみました。

イメージ 1

画像を拡大しました。

良い感じなんです。
イメージ 2

がしかし、朝出港時は勢いは良かったのだか゛。・・・(−−〆)

現実は〝きびし―〟。

釣果はソイ5、鰍2種3匹、でかアブ1匹、

宗八(中型)10匹未満。リリース。

釣果時間4時間30分。

したがってそれなりの画像は有りません(T_T)。

早目の帰港

SEAアンカーの天日干し。

14時帰宅、昼寝。

ソイ君と、アブさんは、刺身用に解体され

二日間冷凍庫で、次の出番を待っております。

この記事に

あしたはまず、朝一で90meterラインに行って
〝宗八〟。その後少し移動して〝沖根〟に入ろうか?。
シナリオは良かった

一人釣行、5時出港。
沖に出ると波、風強く、80meterラインにも行けず。
6時前、70meter手前の〝小根〟で竿を降ろしました。
船の揺れで、体調が最悪方向へ間違い無く移動中
イメージ 1
それでも、「釣れれば気分も上昇?」。
しかし、微かな願いも無情と・・・
90meterラインまで行けば、釣れるんだろうなあ〜と
思いながら沖を遠望する。
イメージ 2
と、一艇いるではないか?
出港前にKWさんに声を掛けられたから、アグネス艇
だろう。
自艇はとても行けない。
イメージ 4
ゴメ1号に、烏賊足をプレゼンしお別れ。
早々に離脱帰港コースへ。
結局小鰍2匹の釣果、リリース。
8時30分帰港。
イメージ 3
こう言う日は、帰港後清掃作業に没頭。
イメージ 5
排水溝等に漂白剤を散布。
その間、SEAアンカーの乾燥。

帰宅途中でツタヤにより、〝鎌倉河岸捕り物控え〟最終号
を購入。

次回は鷹の羽、真鰈釣行に釣り物を切り替えだ。
昼寝の後、真鰈、ひらめ仕掛けの点検
さてさて、次の好天日和は?・・・。

この記事に

宗八ラストラン

先日近所の生協へ買い物に行った時
イメージ 3
が売っていました。
早速先輩を誘っての釣行決定。

朝の内、浮き宗八釣りを堪能しました。
本日宗八ラストラン日。
予定より遅い出船。
04分〜80mラインから釣行開始。
イメージ 1
この画面の時では有りませんが、
いきなり針数(8本仕掛け)2連発のSTART
次が続かず、それでも朝の内2枚、3枚と釣れました。
前回迄の濃厚な魚群が出て来ません。
これは持久戦だと群れを探しながら
小移動を繰り返しましたが、沖根へ移動。
ポン鱈、ソイ、ガヤ、助そー、小鰍を頂きました。
イメージ 6
イメージ 4
イメージ 5
この後ガヤ共々数匹頂きました。が、宗八は群れが出ますが
所謂〝食いが悪い〟状態が続き、群れも直ぐ抜けて
しまいます。
今回の根は、久しぶりの小さな根でしたが、
ソイも若干小型でした。

イメージ 2
今日はシーアンカーも大きく開きました。
でもそんなに潮も速く無く、ベタ凪状態。

結局、二人とも、宗八100オーバーと成らず、

しかし、先輩のクーラーは重たかったーーー。
もしかして100オーバー?。
クーラーが軽かった船長、46枚。まッ良っか。



5月からのヒラメ、鷹の羽、真鰈狙いでの
釣行を約束して帰港。


この記事に

暖かくなってきた

午後から風が出る予報。
4時40分出港。
前回より内側に入る予定でしたが。
結局ここから釣行開始。
イメージ 1
霞みがありよく見えません。
141、02とか03辺りに行く予定が
身体の感覚でこちらに来てしまいました。
80mラインで停船し、魚探に切り替えると
イメージ 2
帯状の群れが現れ、準備万端の酒井先輩即投入。
20〜30でどんぴしゃり。
船長は停船後、アンカー投入とか、仕掛けのセットとかで
10分後参戦。
順調に釣りあげます。
2枚、4枚付き、パーフェクトも1回だけありました。
が、流されたのもありますが、8時過ぎから
付きが鈍り、群れもちらちらの状態。
イメージ 6
潮が止まったんですね。
ベタ凪状態です。SEAアンカーもあまり開きません。
この後アンカー回収。
目測で1海里ほどにプレジャー。
近寄って情報収集するも船名分からず。
「群れは無いけどコンスタントに釣れてます」との
お返事。
やはり群れが無ければと、少し深場に移動すると
群れが現れました
が、直ぐ抜けてしまいます。
10時沖根に移動、
イメージ 3
活性はすこぶる良い感じだが、食いが悪く
結局船長根魚0匹。先輩ソイ1匹。
先輩「釣れなかったらあげるよ」。
結局釣れなかったので恥辱の〝おもらい君〟を
してしまった
イメージ 4

沖根に来たら、何と宗八の群れが濃いではないですか。
平物酒井君は上層の宗八狙い。
船長は底物狙いで13時の沖上がりまで。
イメージ 5
船長、結局底物釣果0匹となり、ソイ1匹お貰い君
その間先輩は宗八の釣果を伸ばしました。

船長宗八85、助宗7、鰍1.
酒井先輩宗八137、助そー7、ソイ1.
帰港途中に時化になりましたが、釣行中はほぼ
ベタ凪状態で楽しい一日を過ごしました。
月内にもう一度の予定。

この記事に

撥を買った

撥を買いました。
撥の材質にも色々ありまして、撥先の一番が

亀です。違った
亀の甲羅のべっ甲です。
これが一番高額です。
べっ甲は強度はありますが、熱に弱いので
加工がし易いんです。
そのべっ甲の中でも、一枚べっ甲、2枚べっ甲で値段が
跳ねあがります。
今使っているのが、大分細くなりました。
柄の部分は象牙です。
先がべっ甲で、柄が象牙って今購入したら
幾ら位するんだべ?。
象牙は輸入禁止物なので、現在国内で出回ってる物を
加工しているので、象牙は信じられない位高価です。
イメージ 1
強度があるといっても、使っている内に欠けたりします。
白○の部分が欠けてしまいました。
(真ん中の白い部分は光の反射です)

今は上の部分を使用中です。
それも欠けたら、研磨に出します。
2〜3ミリ削られ、慣れるまでに、血反吐を吐く位
稽古します。んな事ありませんが、感覚の問題なので
自分は結構時間がかかります。

で、撥を買いました。
イメージ 2
色々種類はあるようですが、と言ったところで
べっ甲とプラスチック。今回購入したのは
何と、羊の角だそうです。
ネットで見つけて、割合に安価だったのですが、1年間
悩み購入しました。
落ち着いた感じの透き通った撥です。
でも、三味線の技術が向上する事とは別問題。
やはり〝血のにじむ〟位の稽古をしなくては、と・・・。
一応心に・・・。そ〜れは無理だ。



さてさて、明日は第3回目の浮宗八釣りです。
大分噴火湾の入り口に来たようだ。
酒井先輩はcampingカーで前泊。
ワシも早く寝よっと。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事