比良山:レスキュー比良

山岳遭難を減らそう。山を守ろう。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全64ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

積雪状況

 昨日は快晴から予報通り午後には雪雲がかかってきて、夕方から今朝がたまで雪となり、レスキュー比良の小屋も約30センチの積雪となりました。
 多くの登山者が登っていきました。無事下山を祈ります。
 このような日に比良登山を計画される方は、JR利用で計画したほうが良いと思います。積雪が多いとイン谷口周辺まで車での進入が出来なくなります。湖西道路周辺に止めると地元の方に迷惑駐車となり、取り締まりで切符を切られます。比良駅周辺には安い駐車場もあります。ご利用ください。
 今年の雪は、九州や中国、東北で記録的大雪となっているようです。
 しかし、伊吹山は思ったほどの積雪とはならなかった。

この記事に

開く コメント(0)

 山の天気予報はヤマテンで有料配信が受けられる。以前よりお願いしていた比良山系の予報が期間限定ですが始まりました。是非配信契約をして予報を利用してください。一か月324円です。天気変化の予報を活用することにより気象遭難を予防できます。
 スマホでのGPS機能活用で道迷いも防げます。特に来た道を引き返すバックベアリングは貴方を生還に導くでしょう。
 比良山系の雪山でもアバランチビーコンは着装しましょう。
 新しい機器やシステムをリスク回避に使うことにより、山登りの真の面白さを見つけられると感じています。


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 3

 今朝は7:50に小屋着、連日今季一番の寒気を更新している。今朝はマイナス4度だ。雪は降っていないので500m以上に行かないと残雪がない放射冷却の快晴、これも昼までで午後は雪雲が西からかぶってくる。3日のようなルート不明にょる遭難が発生しないといいのだが、心配だ。
 琵琶湖東岸へ行き、白鳥を観察して帰る。今年は服部君とたまちゃんの二羽のみでした。
イメージ 1
朝は快晴でしたが、西から雪雲が!早く下山したほうがいいですよ。
イメージ 2
ユリカモメものんびりしている。

イメージ 4

白鳥の湖と比良山系




この記事に

開く コメント(0)

正月遭難

 1月3日に日帰予定で、平からアラキ峠〜権現山〜蓬莱山と計画した登山者二人が道迷い。
 雪山に道はありません。地形を見て自ら道(ルート)を選んで登ります。多くの場合それは無雪期のルートを選びますが、地形が読めないと危険です。特に風雪時やガスっているときは動けません。動いてはいけません!
 今回の登山者は天候悪くて、登ってきた時のトレースもわからずビバークし、翌日救助されました。
 相当厳しいビバークとなったでしょう。助かってよかった。よい経験となりましたね。今後に生かしてほしいですね。
 比良山系の雪山シーズンでは二晩くらいのビバークが出来る計画と準備をして登りましょう。

この記事に

開く コメント(0)

年末年始の山登り


 年末年始の比良山系は昨年とは全く様子が違います。昨年は積雪が無くて無雪期状態でしたが、今年はしっかり雪があります。
 12月13日の積雪は1週間ほどでほとんど消えてしまいました。
そして今回の寒波で新たな積雪となっています。
凍結や落雪に注意して登ってください。
北側斜面の残雪に積もった雪は雪崩の危険があります。特に堂満岳北面のルンゼに入る方は注意して下さい。
 不用品やごみを雪の中に埋めないようにして下さい。必ず持ち帰って処理してください。
 計画書の作成と提出、留守家族や同僚に渡しておくのを忘れないようにして下さい。
 山は危険な所です。あなたの予測できなかった事で遭難するかもわかりません。
 登りたいルートより、登れるルートを選んでください。
 グループで登るときはリーダーを決めて行動してください。
 リーダーの指示で行動しましょう。

 比良山系がほほ笑んでくれるといいですね。

この記事に

開く コメント(0)

全64ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事