ザウス・メモリーミュージアム

2月(4部)です。11月(1部)にシーズンインした自分は、今月は牛岳の大会に参加。今月こそ長板でゲートトレーニングをせねば…。

全体表示

[ リスト ]

ニセコは日本のウイスラーになれるか?


日本ハーモニーリゾート社への期待

日本ハーモニーリゾート蠅離曄璽爛據璽犬任蓮東急不動産から2004年8月にニセコ地域の花園スキー場を1.2億オーストラリアドル(日本円で約105億円)で買収した資産として以下の事業を挙げている。

HANAZONOスキー場、及びゴルフ場となる、スキーイン・スキーアウト出来るフル稼働の
 スキーリフトビジネス

▲魯ぅ好圈璽匹農擇衫イ群椎修淵ワッドチェアリフト、ゴルフコース、圧雪車、車両、植生、
 設備を含む資産

ホテル、高級住宅、アパート、コンドテルの販売用としてすでに区画整備された開発用地。

 開発内容には、レストラン、商業施設、バー、そしてその他関連サービスやビジネスを含む。

ぅ劵薀侫瓮ぅ鵐好肇蝓璽箸砲△訃売店(ストア名:フュージョン)

テ本初の試みである、フルサービスの小児施設を兼ね備えた国際スノースポーツスクール

Εーストラリアと日本の文化が融合した新しいブランドをつくりあげること、としている。

同社は対象を、オーストラリア人、アジアに住むオーストラリア人、東南アジア人、日本人としている。

また同社が目指すリゾートビジョンは「HANAZONOリゾートを、ビジターや居住者を常に魅了し、素晴らしい雪質、自然美、ニセコ及び日本の文化遺産をベースに高級な開発地を設け、魅力的な投資機会を提供できるワールドクラスのスキー場・ゴルフリゾートへと導く」としている。

日本リゾートの中核となる

日本ハーモニーリゾートは今後15年程度かけて人間に優しく、自然環境との調和を十分に配慮した、世界的に通用するリゾートを開発していくという。

現在のニセコヒラフスキー場周辺の街並は、お世辞にもリゾート地とは言えない。
街並に統一感はなく、緑もない日本特有のわい雑さが存在している。
むしろアジア特有の混雑イメージである。

世界的に通用するリゾートというものではない。そこで日本ハーモニーリゾートの存在感が大きくなる。つまり西洋式のリゾート開発に期待するものは大きい。

日本にはないようなゆったりとした自然環境に、洒落たホテル、コンドミニアム、ショッピングモールが点在する西洋式リゾートが創出されれば、ニセコ地域のリゾートの核となるのである。

西洋式のゆったりとしたおしゃれなリゾートと、アジア式のわい雑なリゾートが地域を隔てて並存する。外国人にとって、アジアのわい雑な雰囲気もそれはそれで楽しめるものである。

現在のヒラフ地区も西洋式に変えるような抜本的な街づくりは不可能である。
しかし遊歩道を作り、緑あふれる街並みには変える必要がある。
そうして西洋式とアジア式の並存を試みる。そのための中核になるのが日本ハーモニーリゾートである。

日本ハーモニーリゾートの計画

同社の計画によると、総額約660億円を投資して今後15年ほどの年月をかけて、最終的にはおおよそ2000室、8000人収容のリゾートを目指すとしている。

ショッピング街、映画館、プール等本格的なアジアリゾートとなる。

第1期計画として、当初2006年の春から合計270室余り、約1200人収容の花園ヴィレッジ・リゾートの建設を開始すると発表していたが、着工が1年延期となり2007年春となった。第1期工事は現在の駐車場に建設するもので、ショッピング街も造る。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

15年後が楽しみですね。まだskiやってるかなあ(笑)

2007/8/26(日) 午後 4:36 [ いいこぶ ] 返信する

大丈夫ですよ。歩ければスキーはできます。

2007/8/26(日) 午後 9:07 スノー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事