ザウス・メモリーミュージアム

令和元年9月、暑苦しかった夏も終わり、狭山スキー場では、人工降雪が始まります。自分はというと…。なぜか〜、タイ旅行〜

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

丸池観光ホテル5月末で閉館 長電、志賀高原から観光施設「撤退」


長野電鉄(長野市)は12日までに、子会社が下高井郡山ノ内町の志賀高原で経営する「丸池観光ホテル」を5月末限りで閉館する方針を決めた。

長野電鉄グループは近年、業務効率化や組織のスリム化などを理由に志賀高原で宿泊施設やリフト事業を相次いで売却しており、丸池観光ホテルの閉館で、同グループが運営する志賀高原のリゾート施設は姿を消すことになる。

 長野電鉄は2007年、スキー観光の低迷を受け、奥志賀高原で経営していたスキー場やホテルなどの事業を、東京の投資会社に譲渡(投資会社はその後運営から撤退)。

08年には、丸池スキー場のリフト事業を地元資本の「志賀高原リゾート開発」に譲渡している。

長野電鉄の笠原甲一社長は「志賀高原からリゾート施設がなくなるのは寂しいが、ほかの事業で引き続きかかわっていく」としている。

 今回閉鎖する丸池観光ホテルは、1952(昭和27)年に「丸池スキーハウス」として開業。67年に丸池観光ホテルに改称した。

74の客室を備え、定員は約210人。丸池スキー場近くで国道292号に面しており、現在はホテルと同名の長野電鉄子会社が経営している。

知名度も高いが、利用客が減少して設備投資も滞っており、今後の経営の見通しが立たないと判断した。

 スキー観光の最盛期に約4億円あったホテルの売上高は、10年3月期は2億円を割り込む見通し。

建物や設備の老朽化が進んでいたが、長年赤字が続いており、笠原社長は「次の投資に向かう態勢にならなかった」としている。

ホテルの従業員12人について、同社長は「責任を持ってグループ内も含めて再就職を支援する」としている。

 丸池観光ホテルの敷地約1ヘクタールは、財団法人和合会が所有。長野電鉄側は建物を解体し、更地にする方向で検討している。

和合会は「閉館は大きな打撃。跡地には植樹するなど、人が集えるようなものを考えないといけない」としている。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

スキー関連業界って存否の危機に瀕しているのに危機感が伝わってきませんね。
牛丼屋やファストファッションの様に競争激化で疲れ果ててしまった・・というのでなく、はなから客に来てもらうという気概が無いというか、役所みたいというか。
気をもんでるのは利用者ばかりな気がします。

2010/5/18(火) 午後 6:40 [ westendoldboy ]

同じ意見です。

そのあたりについて、

http://blogs.yahoo.co.jp/hiro0425kawachi/9769260.html

で記事にしていますので、ご覧ください。

2010/5/18(火) 午後 10:45 スノー

顔アイコン

「余暇の時まで他人と比較」「スキー本来の楽しみを知らない日本人」等々、大いに頷けました。
マニアックなスキーヤーの間ではアルペンW杯選手より技術選が注目されてます。
長野の新聞にすら結果の載らない競技会の隆盛ぶり、筋肉痛より頭痛の起きそうな基礎スキー用語の摩訶不思議さ、そういえば「基礎テニス」や「基礎サッカー」なんて言葉、聞いた事ないですね。

>跡地には植樹するなど、人が集えるようなもの
?集客を考え抜いたレベルの人間が言う言葉でないのは確かですね。

2010/5/19(水) 午後 7:08 [ westendoldboy ]

スキー界は、どうやら、行きつくとこまで行き着かないと、ダメなようです。

外資系ファンドでも、直せないんじゃないでしょうか?

この古びた頭の連中は‥。

2010/5/19(水) 午後 10:26 スノー

顔アイコン

木を植えて人が来るなら山は人だらけだわ?

2012/12/1(土) 午後 10:29 [ 林野庁 ]

顔アイコン

林野庁さん、それほど、スキー産業に関するビジョンがないというか、まあオンブに抱っこであったので、ノーアイデアなんですね。

それがつまるところ、今の日本のスキー界の現状なんです。

日本の政治もそうですが、今の得票のために、なんでもあり。

総選挙が終って、喉元すぎれば、熱さ忘れて、居眠り国会、党利党略による、つまらない論戦ばかりで、ちっとも実効的な施策は行なわれない。

スキー界も同じ、これだけスキー人口が落ち込んでいるのに、長期、中期、短期の実効的な施策を、スキー業界一丸となって打ち出せない。

まあその癌句は、SAJのおっさんたちですが。

2012/12/2(日) 午前 5:25 スノー

年末年始はいつもこちらのホテルで過ごしていたのですが、今はもう無いのかと思うとさみしい限りです。

2019/5/4(土) 午後 9:12 [ kmk*o ]

kmk*oさん

閉鎖は2010年ですから、もう9年経ちました。

「光陰矢の如し」と申しますが、月日が経つのは速いものですね。

自分今シーズンは、3月に焼額山スキー場のシーズン券を購入し、それ以来毎週のように志賀高原に通っております。

昨日5月4日も、令和になって3日目のスキーで志賀高原に行って来ました。

最近志賀高原で目立つのは、海外からの旅行者の姿です。

東南アジアの方が多いようですが、焼額山スキー場では、欧米人の姿も見受けられました。

志賀高原全体に言える事ですが、こうしたインバウンドをもっと活用すべきだと思います。

志賀高原は、スキーやスノボに限らず、豊かな自然があるのですから、スキー場を整備して、ただ「待つわ〜」ではなく、積極的に集客のアイディアを考え、実践すべきだと思います。

そうすれば、ホテルを閉鎖せずに済むのでは!

2019/5/5(日) 午前 4:01 スノー

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事