ここから本文です
日本蜜蜂 遊蜂のブログ
ネタが無い・・・・・(_ _,)/~~

書庫全体表示

記事検索
検索

全16ページ

[10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

[ 前のページ | 次のページ ]

今年の初分蜂

今年の初分蜂の様子です〜
 
一昨年3月1日の分蜂とか有ったんですが・・・
今年は3月21日でした。
 
午前10時30分、出てきました〜(◎-◎;)!!
毎年の事ですが・・・初分蜂は心躍ります!
イメージ 1
 
 
空一面蜂だらけです〜
イメージ 2
 
 
キン様を入れてる小屋の寒冷しゃに付きました。
以前は崖上15m位のセンダンの枝に付いて
ハシゴで4m登って4mのタモですくってました〜・・・(ー。ー)
イメージ 3
 
 
目の高さ位なので楽です〜(^_^)
スロー人さんのチリトリを参考に・・・
チリ箱に取っ手を付けて作りました〜
 
これで蜂を潰さないよう2・3cm離してすくいます。
イメージ 4
 
 
後は巣門を開けて前にドバーッとこぼすだけ・・・
 
以前は天箱をもって追い上げてたんですが
この方法が一番簡単で楽かと思います〜((^─^))
 
巣門が開けられない箱は下に角材とか挟んで入れれば良いです〜
イメージ 5
 
 
何回かすくって前にこぼしますが・・・
1回でもいいような気もします・・・
 
女王が入れば後は自然に入っていきます〜
イメージ 6
 
 
外には出てきたけど、分蜂に参加しなかった蜂達です〜
あまりこういう状況は無いのですが・・・(^_^;
30分位で中に入りました。
イメージ 7
 
 
出て行く蜂、残る蜂どうやって決めてるんでしょうか・・・???
蜂球の中に花粉をつけたのが居たり、ホント不思議です・・・
 
たまに、捕獲した日にもう花粉を運んでるとか言う方がいますが・・・
これは外勤から帰って来て、一緒に分蜂した蜂です〜
 

ソメラの掃除

ソメラのドラムを回しながら洗う方法です〜
 
全部ピンボケですが・・・f^_^; 2009年の画像です〜
 
まずレバー横に有る六角ボルト(3mm位?)をはずして・・・
レバーをはずします。
イメージ 1
 
 
レバーの下に隠れてた丸いピンをガムテープで押さえて・・・
蓋を開けて・・・
イメージ 2
 
 
レバーを取り付けてスイッチオンします〜
イメージ 3
 
 
風呂場でお湯を流しながら洗うといいと思います〜(^_^)
 
愛知のエピペンさんは洗い水は風呂に入れて
蜂蜜風呂に入ってるとか・・・?
 
蓋付近、上部は配線等何も無いので、シャワー位なら洗っても問題有りません。
 
ドラムは高速で回ってるので中を洗う時は
くれぐれもご注意を・・・
上からシャワーをかける位でもキレイに洗えます。
 
水(お湯)を使いますので、感電には気をつけてやって下さい。
 
以前購入した時、構造を知りたくてソメラの本社へFAXしたんですが・・・
用途外使用という事で使用説明書の注意書きのコピーが
一緒に送ってきました〜((((_ _|||
 
 
後、蓋を全部取ってドラムの下を拭く方法ですが・・・
 
蓋は2本のビスと、隠れた所に1箇所有ります〜
この1本はドライバーをバーナーで熱して、これで溶かしました。
 
これは2009年我家で九州日本蜜蜂オフ会が有った時に
熊本のタツさんがはずしてくれました。
 
蓋が取れれば隙間に手が入るので下の方まで拭けます〜
 
この隙間はそんなに広くないので
手の入らない方もいるかも・・・?です〜(^_^A;
 
付録
使用方法ですが・・・基本は・・・
*花粉、蜂児は入れない様に、蓋掛け部分だけを入れる(重要)
*巣板は5cm角位に切る(蜜蓋は取らなくて良いです)
*袋は個人で色々ですが自分は百均の洗濯ネットです(予備も少々)
*ドラムに入れたら均等に良く均す(百均の直径5cm位のすりこぎ?が良い)
*手で均さない(レバーとか回りがベトベトになります)
*多く入れない(踊って良く回りません)
*必ず水平な場所でする(オフ会の時玄関でやって難儀しました〜(^_^;) 
*1回に5分位をメドに数回に分けて・・・
 
バケツに水を入れて準備しとくと便利です。
 
巣板を直接入れて使用した方がいましたが・・・/(-_-)\
掃除がたいへんだったみたいです〜 
 

垂れ蜜用道具

垂れ蜜をする時の道具?です〜
下から・・蜂蜜をためるタンクです。
本当はステンがいいのですが・・・
高いんですよネ・・・ヽ(`○´)/  m(_ _"m)・・・ので買えません・・・・・
 
その上がステンボウルで、底に穴を開けてます。
あとザル、濾し布で上から虫よけにステンボウルを被せます。
濾し布は絹ごし豆腐用の布です〜
 
量が少ない時はタンクに直接のせます。
 
後、これをビニール袋でスッポリ被います。
イメージ 1
 
 
タンクから容器に・・・
この時もう1回別の濾し布を使いますが
これが結構時間がかかります〜(-_-;
 
容器はトンガリ容器で
これは使う時、蜜切れがいいのでお気に入りです〜(^_^)
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
余裕?が有ったら
ガラスの引き戸が付いた
垂れ蜜専用の密閉した棚を作ろうかとか考えてます〜(^-^)ゞ
 
今回は最新ネタで・・・f^_^; 昨日の画像です〜
はやとうりの花に日本蜜蜂が来てました〜(^_^)
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
以上・・・似たような画像でスミマセンm(_ _)m
 
午前中はブンブンうるさい位居ましたが
昼からは全然来なかったです〜
どの植物にも蜜の出る時間帯とか有るんですかネ〜n(ー_ー?)ン?
 
*これから下はたいした事じゃ無いのでヒマな方は見て下さい・・・ 
 
しかし蜂の写真はいつになっても良く撮れません。
風がある時はピントが合わないし
ピントが合ってシャッターを押したら蜂が居ないし・・・
なかなか・・・・・┐(´-`)┌ です〜
 
 
敷地に余裕のある方は植えてみていいかもです〜
蜜源になるし、実は漬物・料理に・・・
 
問題は成長が早く暴れまわります〜〜〜(-_-;)
 
 
 
やっと色文字とか入れられるようなりました・・・・・
 

継箱

又々、3年前の画像で・・・スミマセン!m(_ _)m
ブログをするとは思ってもなかったもんですから・・・ネタが無くて・・・・・
 
継箱を一人でする時の為に作りました〜
13kgの重しを3個で39kgまでは実験してみました。
イメージ 1
 
 
継箱をする所です〜
イメージ 2
 
 
継箱の高さに持ち上げて・・・
前から継箱をスライドして入れ込みます〜
この時蜂をハライながら入れると死蜂が出にくいです(^_^)イメージ 3
 
 
欠点は、ほぼ水平な場所じゃないと出来ない事です〜(-_-;)
 
 
巣箱の底板が長いのはスズメ蜂捕獲器をセットしやすいようにです・・・

全16ページ

[10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事