ここから本文です
多趣味多忙な日々…
趣味が多すぎるオッサンの趣味の一部のブログです

G&G L85A2のバッテリー…

G&G L85A2のロアフレーム内にリポバッテリーを内蔵できるようにFET化し配線を引きなおしたのですが、オプション№1の7.4V900mAのバッテリーでは容量が少し心もとない状態。
イメージ 1私自身、弾の消費量が多い方ではないのですが、この仕様のL85はバッテリーが元気な時はセミのキレがいいのですが、バッテリーの残量が少なくなるとセミのキレがイマイチになります。
それと同じ電圧のバッテリーでも容量が大きいバッテリーはフルのサイクルも早く、セミのキレも良くなる傾向にあると考えているので、少しでも容量の大きいバッテリーを搭載したいところですが、バッテリースペースの限られたL85なので、ただやみくもに
大容量のバッテリーを搭載する訳にはいきません。
外部にバッテリーも考えましたが、それもなんだかなぁ…という感じなのでアチコチのサイトを物色していると…
イメージ 2
いいバッテリーがありました。ギガテック 7.4V 1200mAリポバッテリーです。今まで使っていたオプション№1の7.4V 900mAより300mA容量が大きいのでバッテリーサイズが気になるところですが…
イメージ 3
実は容量が大きいのにサイズは小さいという優れモノです。縦、横のサイズは明らかに小さいですが、その分厚みがありますが、L85は厚みには余裕があったので大丈夫だろうと思い購入…
イメージ 4
セッティングしてみると非常に収まりが良くある意味、容量の小さいオプション№1の900mAよりいい感じに収まります。
イメージ 5
フル・セミともに快調です。
予備にもう一個欲しくなっています。
それと、どっかのサイトでG&GのL85にも電子トリガーが搭載されたとか書いていたので、それも気になります。
まぁ、しばらくはコイツで遊んでおきますけどね。


この記事に

開くトラックバック(0)

なんか久しぶりにガスブロを買いたくなったので、アチコチのブログやサイトを見てみたら…「東京マルイのUSPが凄い」とか書いていたので、なんとなく買ってみました。
イメージ 1
まぁ、東京マルイのことですからハズレは無いと思いますし、USPは個人的に好きな部類のハンドガンなので買っても損はないと思います。
イメージ 2
外見上はUSPです(当たり前か…)
イメージ 3

イメージ 4電ハンのUSPは軽そ〜な感じがする外見でしたが、ガスブロはなんとなく重厚感があります。
とりあえず、軽くガスをマガジンに入れて空撃ちしてみます。
この時期で室温は暖房を入れても13度なので、あんまり期待できそうにないのですが、動作確認ということでトリガーを引くと…
イメージ 5
「バシッ」という感じでスライドストップが掛かります。
「んっ、何コレ。この時期にしてはキックきつくない?」という感じです。今まで東京マルイのガスブロはハイキャパ、G17、M9、P226と持ってきましたが、どのガスブロよりブローバックが強く、この室温でもキビキビと動きます。
どうも意識的にガスブロは外見だけ変えて同じエンジンを積んでいるから、性能なんてどれもそう変わらないだろうと思っていましたが、一応進化はしているようですね。
私がガスブロを初めて買ったのはMGCのグロックでそれまでのガスブロと違い、ゲームでも使えるレベルのガスブロでしたが素早く構えると遠心力でアウターバレルとインナーバレルが飛んでいってしまうという代物でした。その後も各社、イロイロなガスブロが出ましたが、寒くなると動かないや動くけど燃費最悪や命中精度最低、あとホップ調整劣悪など、とてもじゃないけどノーマルで使うには難しく、ある程度のスキルが必要な物ばかりだったような記憶があります。そして流通在庫が少なく、予備マガジンを入手するのに一苦労…という銃本体を手に入れてもゲーム等で実用運用が難しい状況の銃も多かったように思います(今でもそんなメーカーあったような…)
今はカスタムや、すり合わせも必要が無く、これだけビシバシ動くのでホントいい時代になりました。できたら東京マルイさんにガスブロでCZ75を作ってもらいたいものです。




この記事に

開くトラックバック(0)

12月定例サバゲ…

12月20日に所属するチームの定例サバゲがSURVIVAL GAME FIELD IDEで行われました。かなり更新サボってました(汗)
場所はHPで確認してもれえればと思うのですが、京都や奈良から近いものの人里から少し離れた静かな環境です。
イメージ 1

この写真はHPより拝借しました。
(撮影するの忘れてた)
現在はもう少し草が生えていてそれほど見通せる感じではないです。
アップダウンが少なく、足腰にいい感じのフィールドです。
今回ゲームでG&G L85を初めて使います。
イメージ 2

長掛ホップ仕様にしているので0.2gではなく0.25g弾をメインに使用。スーっと飛んでいく感じでなかなか中・長射程での戦いで重宝しました。
そして、HK53にトジリコン リフレックスサイトに載せて初めて戦えると思っていたのですが、サイト調整時には点灯していたダットが電池切れのためあえなく取外し…
イメージ 3

結局アイアンサイトでの戦いでしたが、やはりMP系の銃は使いやすく近距離・中距離で役に立ちました。
最後にもう一丁、今回から持ち込んだ銃があります。
イメージ 4

L96です。ホント20年ぶりぐらいのボルトアクションです。
昔はUX スーパー9とかを使っていましたが、電動の登場でホップの無いボルトアクションでは太刀打ちできず使わなくなり、法律改正でボルトアクションも電動も同じ威力となり存在意義が失われたと勝手に思っていました。最近は歳も歳なので前線でバリバリやるのもなぁ〜と思い始めていたので、某オークションサイトで短くカスタムされた物が出品されていたので思わす落札…
オリジナルのL96は長く重いのですが、コイツは短く、アウターバレルが軽量なので取り回しもいいです。あと手に入れてビックリしたのは、コッキングが異様に軽いということです。昔のスーパー9とかはエアータンクに直結したM60やM249やFNCに対抗するためにできるだけ威力を上げていたのでコッキングが異様に重く連射は一苦労でしたが、法律改正で初速上限があるのでスプリングを強くしなくても電動ガンよりシリンダー容積があり気密も取り易い構造なので軽くコッキングができます。そして気密が取れていて電動ガンよりノズル位置が一定しているので弾道が素直です。
短くなった分、弾道に乱れがあると思いましたが、意外にそれも無くゲームで使う分には十分でした。
短くなった分、インナーバレルがノーマル500mmに対して200mm程度と300mmも短かったのですが、シリンダー内部はノーマルでスプリングもノーマルのままで清掃とグリスアップしただけでしたが、初速は0.2gで91〜92㎡/sとバレルが短くなったことによる初速低下は低くゲームで使いやすい仕様となっています。
イメージ 5
カスタムバレルが入っていたので、そのおかげで初速低下が無いのかもしれないです。バレルはPDI製の01バレルっぽいです。
近距離では今の電度ガンとまともに戦えませんが、電動ガンに無い精密射撃が可能なので、そこを活かした戦い方を考えるもの面白いと思いました。今後、ボルトアクションライフルにハマりそうです。

この記事に

開くトラックバック(0)

G&G L85A2…(その3)

前回、G&G L85A2のロングストロークピストンをノーマルストロークに変更し、配線も短くし、何とかゲームで使用できる状態にしましたが、何だかイマイチセミのキレとフルオートのサイクルが悪く感じたので、配線をすべてシリコンコードに替えてみようかと考えましたが、いっそのことFETを搭載してみようかと思い、手持ちのFET配線キットがあったので搭載してみました。
イメージ 1
配線の取り回しは比較的簡単で、特に技術の必要な作業はありません。
イメージ 2

バッテリー形状の都合上、バッテリーは7.4V 900mAしか搭載できませんがFETを置くスペースは十分搭載できます。
イメージ 4


FET搭載と配線も高効率の物に替えたのでレスポンスが向上し、気持ちの良いサイクルになりました。
イメージ 3

あとは次回のゲームで試すのみです。

この記事に

開くトラックバック(0)

前回のゲームでHK53にAR−332(本物)を載せていたのですが、やはりHK53といえばトジリコンということで、Kafu'様に手配いただいたトジリコン リフレックスサイトを手に入れました。
イメージ 1
レプリカですが刻印入りです。
イメージ 2
反対側もキッチリ刻印が入っています。
カッコイイ…
しかし、私はレプリカのダットサイトでかなり痛い目にあっているので見た目だけでなく機能も気になります。
イメージ 3その心配はいらないようでドットのにじみも無くキレイなドットでレンズの曇りもなく、遮光フィルターは調光できるので周囲の明るさに合わせることができます。
いや〜最近のレプリカドットサイトは出来が良いですね〜
イメージ 4HK53に搭載してみました。
やはりHK53にトジリコンは似合います。
早く実戦で使ってみたいです。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事