ここから本文です
多趣味多忙な日々…
趣味が多すぎるオッサンの趣味の一部のブログです
先日買ったG&G PDW15 CQBですが思いのほか初速が無いので、少しカスタムすることにしました。
イメージ 1
カスタム前の初速は81m/s程度…
イメージ 2
サバゲで使えない初速ではないですが、もう少しパンチが欲しい。
それにG&Gのバージョン2系メカボは初めてイジるので一度中身を見てみたいですし…

とりあえず分解していきます。
アッパーフレームとロアフレームは通常のM4系の分解と同じです。
イメージ 3

グリップ内のモーターを取り出すとスンゲー磁力の強いモーターが出てきました。
イメージ 4
電子トリガー非搭載機種なのにセミのキレが異様に良いのはこいつのおかげですね。

メカボを分解すると中には中華ガンおなじみの緑色スライムグリスが…
イメージ 5
このグリスでも問題ないのかもしれませんが、気分的に悪いのでマルイのシリコングリスや高粘度グリスに変更します。いろんなグリスを使ってみましたが、結局、マルイ純正グリスが一番無難であることがわかりました。機種やカスタム内容によって相性のいいグリスもあるかもしれませんが、マルイのグリスが一番汎用性が高いですし、ハズレが無いです。

パーツの精度は良さそうなのでそのまま使いますが、ピストンヘッドのOリングがなぜかグリーンでスンゲー柔らかいので手持ちの黒色のOリングと交換しました。
イメージ 6
スプリングもついでにアングスの0.9Jスプリングに変更し組み上げると…
イメージ 7
初速92m/s…
なかなかの数値です。
サイクル低下も無くイイ感じです。
次はチャンバーパッキン等のバレル周辺の調整をしてみようと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

G&G PDW15 CQB 買った…

買うつもりでもなかったのですが、衝動買いをしてしまいました。
イメージ 1
G&G PDW15 CQBです。
ARESのAM−013にちょっと興味が出てきていたところに某オークションサイトで新品が安く出品されていたので思わずポチってしまいました。
買った理由がARESのAM−013と似ていることと比較的発売が新しいということでした。
あんまり調べもせず買ったのでどんな機能が備わっているのかも分かりませんでしたが、最近のG&G製品で採用されているETUがどんなものか期待して到着を待っている時にイロイロとサイトで調べてみたら、この機種は比較的新しいのにETU非搭載…
しかも電子系のトリガーでなく従来型のアナログなトリガー方式…
なんかやっちゃったなぁ…と思っていましたが、到着して外装を見たら「これはこれでイイかもしんない」という感じでした。
イメージ 2
フルメタルの割に軽量でしかもM4系の弱点である首の弱さは全くありません。
東京マルイのような、たった100発ばかりのBB弾なんかは付属せず、最初っから300連マガジンが付属します。ノーマルスプリングマガジンを使うユーザーより多弾マガジンを使うユーザーが多いことを理解してくれている証拠なので東京マルイも見習ってほしいものです。(最近のマルイは一部の機種では最初から多弾マガジン付属らしいですが…)
ストックは全縮か全伸長しかしません。
イメージ 3
間にもう一段階欲しいです。
バッテリーはフレーム後部のストック部分に入れますが、スペースがかなり狭く、東京マルイのミニバッテリーでも入りません。
イメージ 4
小さめのリポバッテリーでしか運用できなさそうです。
サイレンサーは取り外し可能ですが、インナーバレルが長くサイレンサーはバレルジャケット化しています。
イメージ 5
しかし、サイレンサーの中にはスポンジが入っておりサイレンサーとしての機能が備わっていますが、インナーバレルが長いおかげで消音効果はほとんどありません。
初速はマルイベアリングバイオBB弾0.2gで81m/s程度…
イメージ 6
他のサイト等では90m/sや88m/sの初速を出しているのですが、私の個体はかなり低い数値でした。まだ箱出しなので慣れてきたら初速がアップするかもしれません。
しばらくは様子を見て調整が必要になるかも…
実際に撃ってみて気が付いたのですが、ETUなどの電子トリガー非搭載なのですが、やたらセミの切れがいいです。
いろいろ調べてみたらモーターがハイトルクらしくトルク的に東京マルイのサマコバモーターに匹敵するぐらいのトルクらしいです。
しかし、東京マルイのように次世代電動ガンのようなリコイルも無く、最近のG&G電動ガンに搭載されているETUも無い機種で実売価格が4万円前後と高価なので買う人間はこの機種が好きな人間だけになってしまうような気がします。
ただ、非常に軽量かつ剛性が高いのでサバゲ用の銃としては優秀そうですが、元々海外規格の初速で作られ、日本仕様にデチューンされているので初速が安定しない感じがするので、チャンバーパッキン等を日本の初速規格の物に替える方がいいと思います。あとスプリングもデチューンされていると思うのでなんかセミで撃つと「ビョーン」と音がするので交換したいです。初心者の最初の銃としてはお勧めできませんが、少しイジれるといった方には良い素体だと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

H30年11月のサバゲ…

11月14日、久しぶりにサバゲに行ってきました。
行ったのは奈良県・ラグーンシティ…
イメージ 1
構造物が多いフィールドでかなり接近戦になります。
この手のフィールドは苦手…
最初の数ゲームはうまくいかず凡ミス連発でしたが、少し慣れてくると、このフィールドもなかなか面白いと思えるようになりました。
今回使ったのはカーボネイトのCZ75
イメージ 2
ガスガンですがフロンでなくてCO2で射撃できます。なので時期も時期なので気温も低くなり始めていたので、フロンでのガスブロの作動がきつくなってきていたのですがCO2なので低温に強く快調に作動してくれました。
CO2ガスガンはランニングコストが高いイメージでしたが、1本のガスボンベで80発程度は撃てたので、そんなにランニングコストは高いとは思えませんでした。
これからこの手のCO2ガスガンが増えてきそうですね。


この記事に

ARES AM-007

ARES AM-007を買ってしまったので、ちょっとイジってみます。
イメージ 1
こいつはかなり短く、この状態だと長さがP90程度…
短いだけあってインナーバレルも短いです。なので、ノーマル状態だと初速75m/s程度…
もう少し初速が欲しいのでカスタムします。
イメージ 2
上の写真はすでに内部をカスタムした後です。
シリンダー、ノズル、ピストン、ピストンヘッド、シリンダーヘッド、スプリング、チャンバーパッキン、モーターを交換しました。
イメージ 3
バレルが短く123mm程度しかないので、初速をうまく稼げるか不安でしたが…
イメージ 4
何とか、初速88m/s程度になりました。
この短さでこの初速なら満足です。
もう少し高レートスプリングを入れたらもっと初速を稼げそうですが、腹八分目ということでこの程度で納めておきます。
早くゲームで使いたいです…

この記事に

開くトラックバック(0)

前回、MGC ルガー 10/22の現代化改修 としていろいろパーツ等を購入しやってはみたものの…
イメージ 1
思っていたカスタムには程遠く、結局、木製ストックを短くぶった切っただけになってしまいました。
一応、アウターバレルもそれに合わせて短くカットしたのですが…
イメージ 2
インナーバレルが210mmと短くなったので全体的にコンパクトになり200mmの長さのサイレンサーを搭載してもAK47程度の長さです。
イメージ 3
あとはカット面を処理しないといけませんが木製ストックなんて初めて扱ったので処理の方法がいまいち分からないので、しばらくはこのまま運用してみようと思います。
懸念されていた初速も室温25度、マルイベアリングバイオ0.2g使用で最高89m/s程度。
イメージ 4
平均で86m/sで安心の初速です。
イメージ 5
少々、気温が高くなっても法規制値を超えることは無いでしょう。
次回のゲームが楽しみです。





この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事