自作望遠鏡と写真のサイト

望遠鏡、星見、写真、時々パソコンその他もろもろ気まぐれ備忘録

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

自作手持ち望遠鏡2 D54mm f250mm F4.6
ジャンク双眼鏡で作る正立望遠鏡その1 ファインダー

いきなり完成写真でスミマセン。
ジャンク双眼鏡の正立プリズム部(正確にはプリズム+ミラー)を
利用した望遠鏡です。

元になったのはV社の10倍 50mm 8.5° という双眼鏡。
広視界を確保するため(だと思う、たぶん)プリズム+ミラーという構成。
おかげで軽い。
キヤノンやニコンやペンタックス、フジノン、コーワ、ツァイス、ライカ、スワロフスキーなら
絶対に作らないであろう、ちょっと怪しい(あっ、失礼)スペックが
私はいとおしく好きである(笑)。

ちなみにこのジャンク双眼鏡は、今はないビクセン光学のweb shopで買った。
1個数百円で、何が送られてくるかは届いてみないとわからないという
ジャンク双眼鏡を3個ほど買ったうちの一つである。
数百円で正立プリズムと鏡筒を手に入れたというわけ。
ビクセン光学のweb shopは、貧乏人のオヤジにとっては宝の山だった(笑)。
ビクセン光学の事はいずれ書こうと思う。

対物レンズはネジ径58ミリのACクローズアップレンズNo4。焦点距離250mm。
アメリカンサイズアイピースが使えるようにしてあるので、
PL25mmで、10倍5°。PL15mmで、16.7倍3°。LV9mmで27.8倍1.8°。

以前に書いた、娘に作ってあげたクローズアップレンズを使った望遠鏡
イージーで、チープな素通しファインダーが意外と役に立つ事を発見した。
それで今回も素通しファインダーを付けてみた。
ファインダーの視野の方が本体より狭い(笑)という不思議な望遠鏡の出来上がり。

イメージ 2

もとが双眼鏡なので、本体とファインダーの目幅が調整出来る。
右目で本体を覗き、左目が素通しファインダーの延長線上に来るように構える。
両目を開けて、最初は左目に意識を集中して目標をファインダーに入れる。
するとその拡大像が右目で見えるというわけ。

・もう1つ、「両目で見る素通しファインダー」作ってみました。

実際に使ってみてどうか。
まあ、10倍5°の時は、ファインダーはなくてもよい(爆)。
16.7倍3°の時は、ケースバイケースだが、あった方がいいかも。
左目をファインダーの延長線上に置くのに、少し慣れがいるかもしれない。
ドンピシャ、はまったときは少し快感である(笑)。

製作途中の写真もあるので、次回簡単に。

(書く順序が順不同で申し訳ない)



この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

凄い!!カッコいいです〜〜!!

2011/6/22(水) 午前 0:23 [ EMI ] 返信する

顔アイコン

いやあ〜、それほどでも(照)。
コメントありがとうございます。

2011/6/22(水) 午前 6:14 [ hiro ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事